この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

骨の袋〈上〉 単行本 – 2000/7

5つ星のうち 3.4 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

最愛の妻に先立たれたベストセラー作家マイク・ヌーナン。彼はその後毎夜の悪夢に悩まされる。夢の舞台は決まって妻との思い出が宿る湖畔の別荘。ヌーナンは吸い寄せられるように別荘へと向かった。そこで彼を待ち受けていたのは、彼の運命を激変させる一人の少女。怪奇現象が多発し、過去の忌まわしい犯罪に対して死者がヌーナンにつきまとう。絶叫ゴースト・ストーリーの開幕! --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

ある暑い夏の昼下がり、妻が死んだ。最愛の妻を襲った、あっけない、なんのへんてつもない死。切望していた子供を授からぬまま、遺されたベストセラー作家のわたし=マイク・ヌーナンは書けなくなり、メイン州デリーの自宅で一人、クロスワード・パズルに没頭する。最後に妻が買ったもの―妊娠検査薬。なぜ。澱のように溜まっていく疑い、夜毎の悪夢。作家は湖畔の別荘を思い出し、吸い寄せられるように、逃れるように妻との美しい思い出が宿る場所、“セーラは笑う”へと向かう。そこでわたしを待っていた一人の少女が、すべての運命を変えていく―。『グリーン・マイル』のスティーヴン・キングが圧倒的な筆力で描く、哀切なまでに美しい、重量級のゴースト・ラヴ・ストーリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 329ページ
  • 出版社: 新潮社 (2000/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4105019058
  • ISBN-13: 978-4105019051
  • 発売日: 2000/07
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 446,021位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
文章の羅列なのに画像が目に浮かぶくらい
怖いし、結構悲惨な話です。
暴力の対象が子供というのは
それだけでも酷い話ですし。
後書きでも書かれていたけど
シャイニングにどことなくにているかも。
さすがにキングだけあって買って絶対損はなし!です。
下巻ももちろんお勧め。ラストは希望の光あり後味悪くなし。
それにしてもタイトルとタイトルの意味が凄い...
そしてどうでもいい事だけどキングの登場人物が笑い合うシーンって
読んでるだけでいっしょに爆笑してしまうのがとにかくむずがゆい
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
どもりのビル!どもりのビルやないか!生きとったんかワレェ(歓喜)

読む前にぱらぱらっと中身を覗いたとき、見えた町の名前に、「また逢えた」悦びと暗澹たる思いに呑まれました。て、ちょっとカッコつけてみる。
上巻だけでも絶賛大惨事世界大戦の有様で、下巻のことを考えると動悸・息切れ・頭痛・吐き気を催すんですが、これは恋ですか?

ダークタワーの荒地を読み終えたばかりのニワカによる知ったかですが、マイクもまた「カ」の内にあると考えておきます。
それと、みんなすまない。フラマイに萌えた私を許さないでくれ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
長い。とにかく長かった。ただひたすら読んだという感じだ。マイクは別荘へ、何かに呼ばれた。人間ではない何かに。その影がマイクのまわりで見え隠れする。そして彼が、ある母娘に会ったことで、事態は急展開を見せる。過去の悲惨な出来事が、現代にまで長く尾を引いている。人の人に対する恨み、憎むべき相手に見せる執念。それは人が人を愛するがゆえに生じる。しかし、人を憎しみから解き放つのも、やはり愛なのだ。ホラーではあるが、人間愛にあふれた作品だった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/12/1
形式: 単行本
キングの小説が必ずしもハッピーエンドでは無いというのは、基本的に問題はないのだけど、私にとっては読後感が今回は非常に後味の悪いのは確かです。たとえば、「デッドゾーン」「ペットセメタリー」「シャイニング」といった傑作郡の多くがアンハッピーエンドですが、必然性とカタルシスに溢れて完結しています。
悪い方で言うと「クジョー」なんかは恐ろしく後味が悪いですし、また「ローズマダー」なんかはハッピーエンドですがカタルシスがなくてつまらない駄作(個人の感想ですが)。 わたしは単純な人間なので、ヒーローが活躍する勧善懲悪がホントは一番なのですが、キングの作品ではそれが許せるのはやはりカタルシスを感じれるからだと思います。
長々と前段を書きましたが、今回の作品は翻訳では最新に当たりますが、最近のキングはどこか、結論がずれて、カタルシスを感じれなくなっているような気がします。 作家が主人公もちょっと気取り過ぎな気もしますし、キング初のラブストーリーっていううたい文句もあいまって、もの足りませんでした。
無惨に死んだ人間の無念が起こすスーパーナチュラルな復讐潭というコンセプトに目が行き過ぎて、死に対する救いのバランスを欠いているのが失敗の原因では無いかと思います。
前半の死んだ奥さんのナゾの行動を追う部分が面白く飽きさせないだけに、結末の無惨さがナンとも後味の悪さを残します。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
久しぶりにスティーブン・キングを読んだせいなのか、ストーリーがなかなかどこに展開していくのかわからず、上巻を読み終える直前まで下巻読むのやめようかと思ったくらい。結局上巻最後の部分で下巻に興味を覚えたので読みましたが、幽霊騒ぎの原因判明がちょっと後過ぎて入り込みづらい。キングってこんなだったかな・・・。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告