Facebook Twitter LINE
¥ 972
  • ポイント: 9pt (1%)
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
驚異の再生医療 ~培養上清とは何か~ (扶桑社新書... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

驚異の再生医療 ~培養上清とは何か~ (扶桑社新書) 新書 – 2018/12/27


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 972
¥ 972

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1111」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

iPS細胞、幹細胞移植ではなく、
「幹細胞の培養液」こそが再生医療の大本命だった!

■概要 元来、傷や病気で損なった臓器を再生させる(回復させる)ためには、どんな細胞にでも分化できる幹細胞を培養して移植する「幹細胞移植」がメインに使われていた。そこに、山中教授のノーベル賞受賞により、万能細胞といわれるiPS細胞が登 場し、私たちは再生医療は今にでも飛躍的に進むかのような期待を抱いた。
しかし、iPS細胞の応用は、心筋シートや網膜の病気などにごく一部治験がはじまったばかり。夢のような治療・移植にはまだほど遠い。
そんな中、皮膚再生からスタートし、名古屋大学で30年以上にわたって再生医療を研究していた上田氏は、「幹細胞を移植するのと、幹細胞の培養液を注入することの、効果は同じである」ということを発見した。この培養液を「培養上清」を呼ぶ。

協力病院での治験で、培養上清によってアルツハイマー型認知症、脳梗塞、アトピー性皮膚炎、関節リウマチ、花粉症など、難治の症状が著しく改善したことを確認。さらに、培養上清は液体化、粉末化が可能で、大量製造できる。幹細胞移植に比べ れば費用は100分の1で、「移植」も必要なく、点滴か塗り薬として塗布、鼻から吸入するだけでよい。
すぐにでも実用化が可能なこの技術、2019年からノルウェーのベルゲン大学と大規模な共同臨床研究を開始することが決定した。また、中国やアジアの製薬会社からも多数のオファーがよせられている。

再生医療がどこまで進んでいるのか、問題点とリスクは何か。実用化目前
「培養上清」の驚きの治癒力とは。

■培養上清とは
トカゲのしっぽが再生するのも、赤ちゃんのケガがすぐ治るのも、
体内に「幹細胞」が多いため。
ならば治療で幹細胞を移植すればよいではないかというロジックが「幹細胞移植」で、実際、幹細胞移植は長い治療実績があり、関節リウマチや肝機能障害などに効果が認められている。しかし、「幹細胞移植」は培養が高コストかつ培養も移植も技 術が必要であり、移植での患者さんへの体の負担など、リスクも多い。
「培養上清」は、「薬」である。
適応範囲が幅広く、製剤化されれば、誰でも恩恵にあずかることができる。いざ実用化されたら「夢の治療薬」と言われるようになると確信している。

●上田実(うえだ みのる)
医学博士。専門分野は再生医療・顎顔面外科。
1949年大阪府生まれ。1982年名古屋大学医学部大学院卒業後、名古屋大学医学部口腔外科学教室入局。同教室講師、助教授を歴任し、1990年よりスウエーデン・イエテボリ大学とスイス・チューリッヒ大学に留学。1994年名古屋大学医学部顎顔面外科 学講座教授就任。2003年から2008年、東京大学医科学研究所客員教授併任。2004年、日本学術会議会長賞受賞。2011年よりノルウェー・ベルゲン大学客員教授。2015年名古屋大学医学部名誉教授就任。2016年日本再生医療学会ジョンソン&ジョンソン 賞受賞。日本再生医療学会顧問、日本炎症再生医学会名誉会員として再生医療の研究と臨床の指導にあたる。幹細胞に関する研究論文は600本を超え、その臨床応用では皮膚・骨の再生医療を中心に300例以上にのぼる。国立研究開発法人日本医療研究 開発機構(AMED)評価委員。

内容(「BOOK」データベースより)

脳梗塞の後遺症、アルツハイマー型認知症、関節リウマチ、アトピー性皮膚炎、花紛症などで著しい効果を実証済み!「培養上清」=幹細胞培養液の上澄み。再生医療の第一人者が解き明かす再生医療の本質。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 271ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2018/12/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594081290
  • ISBN-13: 978-4594081294
  • 発売日: 2018/12/27
  • 梱包サイズ: 17.4 x 11.1 x 1.9 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,280位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう