中古品
¥ 1
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

騙す化粧品―荒れ肌・老い肌・乾燥肌になるのは当たり前 (危険警告Books) 単行本 – 2007/7


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,728 ¥ 1
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

表皮を生き生きさせる化粧品は、肌のターンオーバーを遅らせるものだということ。化粧品が皮膚に浸透するということは、皮膚のバリアがこわれているということ。化粧水をつけて潤う肌は、肌自身の潤いがない乾いた肌だということ。そして、いずれシワに悩むことになるということ。過激に警告、でも読んで納得、『バカがつける化粧品』真相編。こういうバリア機能をこわす化粧品しか入手できない現状にあっても、「せめてこれだけでも心がけるべきだ」という化粧品選択の基本がある。本書はそういう人のために、化粧品についてのヒントを提供している。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小澤/王春
1938年東京生まれ。慶應義塾大学工学部修士課程卒業。美容科学評論家。化粧品に対する女性の正しい知識の向上を目指し、正しい美容科学の普及と基礎化粧品の開発に従事する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 287ページ
  • 出版社: メタモル出版 (2007/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4895955842
  • ISBN-13: 978-4895955843
  • 発売日: 2007/07
  • 梱包サイズ: 18.2 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 46,338位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう