通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編 単行本 – 2017/2/24

5つ星のうち 3.4 146件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,800 ¥ 1,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編
  • +
  • 騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
  • +
  • 蜜蜂と遠雷
総額: ¥5,832
ポイントの合計: 177pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

物語はここからどこに
進んでいこうとしているのか?

その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた……それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕(あらわ)れるまでは。


登録情報

  • 単行本: 544ページ
  • 出版社: 新潮社 (2017/2/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103534338
  • ISBN-13: 978-4103534334
  • 発売日: 2017/2/24
  • 商品パッケージの寸法: 19.8 x 14.1 x 3.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 146件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 115位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
第1部の方にも感想は書きましたので、別の内容で。
私が一番好きな長編は羊シリーズ、中でも「ダンス ダンス ダンス」。あの作品は、死や喪失感をまるで手に取ることができるがごとく、見事に表現されていました。物語の展開も面白く、ストーリーテラーとしての村上さんも素晴らしいものでした。伏線は、伏線としてあるべき姿に落ち着き、読了感は再読へとループするほどでした。
「騎士団長」は登場人物が「ダンス」に似ている点も有り非常に期待を込めて読んでいました。
1部は、マンネリ感も否めないとは思いつつそれなりに村上ワールドを楽しんでいたのですが、南京大虐殺のくだりや、免色とまりえの役不足、2部での、まりえの失踪がただ免色邸に閉じこめられていただけというスケールの小ささ、ゆずとの復縁の安直さ、東日本大震災を取り上げが説得力が全くないこと、等から読後のがっかり感は半端では有りません。
戦争なら戦争に、震災なら震災に、テーマを絞って、もう少し深く書き込めば良かったのでは、と思います。
セクシャルなシーンは、「ノルウェーの森」が強烈だっただけに、今更特段気になりませんでした。

今は「職業としての小説家」を読んでいるのですが、こちらの方が数段面白いです。
まあ、新しい作品が出れば読むのですが、アンチの方の気持ちも分からないではあらない、と思う、ここ何年です('・ω・`)
1 コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
あれから、2か月、そろそろ殺された騎士団長のイデアも語るべき時がきたようだ。(と言っても時間の観念はないのだが)「諸君、この物語は、ファンタジー小説ではあらない。無論、社会小説などであるべきもない。サスペンス、いやいや、ホラーか。強いて言えば、オカルト小説と呼べるだろう。そうそう、往年の名B級映画、エクソシスト。うーん。むしろオーメンと思ったらいい。そう思わんかね、諸君」
私は、それについて少し考えてみた。でも答えなかった。団長は続ける「プロローグは、期待させたが、メター編では裏切られたぞ。これは、むしろエピローグにすべきだった。顔のない男はこけおどしじゃ」。「ゆずの産んだ女の子の父親は、スバル・フォレスターだと思わんかね。それなら、どきどきさせるし、次の物語が楽しみだ」。私は、手を見つめ、やはり黙っていた。
「諸君は、ねじまき鳥クロニクルを読んだことはあるかな? あれを、ティアー1とすれば、これは、ティアー3くらいのものなのだ」「つまりじゃな、あれを上回ることにはあらなかった。どちらも、ニンフォマニアの女房をめぐるゴタゴタなのだが、今回は、トポロジーが狂ってしまったのだよ」。。。。「諸君のために比べて差し上げよう。前が、騎士団長殺しで後ろがねじまき鳥だ」。
私(名無し)<->僕(岡田トオル)
ユズ<->クミコ
秋川まりえ<->笠原
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 ストーリとしては、相変わらずの読むものを引き込む卓越した文章力を感じるが、村上春樹独特の奇抜さは目新しいものがなくなった。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
あまりに冗長です。
物語はドラマ性に欠け、希薄な印象だけが残ります。

再読すれば良さがわかるのかしら。
でも、だったら他に読みたいものが仰山あるし、、、

個人的には、この人の「中国行きのスローボート」とか「貧乏なおばさんの話」等のポップで切ない小噺の方が好きです。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
引きこまれました。意味ありげなんだけれどハッキリと分かることが出来ず、本を閉じ、うーん、と考え、何か分かりたくなって本を開く。読んで考え間を置いてまた読んで、考え……これをしばらく繰り返しそうです。謎。謎がいっぱい。ストーリーが謎めいている!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 清水 尚浩 投稿日 2017/4/25
形式: 単行本 Amazonで購入
イデアからメタファーへと展開するストーリーは意外でした。主人公が比喩する人生感、家族愛を考えさせられる作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 だい 投稿日 2017/4/15
形式: 単行本 Amazonで購入
現実と空想の交錯が良かった。絵を描いて生きていくことのディティールがリアルある話で共感した。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
第一部を読んでいて、これは「ねじまき鳥クロニクル」や「1Q84」を超えるのではと期待していたが、第二部を読み終わっての感想は微妙。村上春樹の視点はどうも旧態依然としているようだ。たとえばオーウェルの「1984」ならば、一昔前の著者の世界観による全体主義への鋭い批判ではありながら、これはこれで今もおいそれとは風化していない。しかし村上春樹の作品には体制批判の匂いは感じられるが、結局その本性は体制擁護ではないのか。寓話ともいえる物語の中で、主人公に殺されてしまう騎士団長が犠牲はつきもので落着してしまうのは残念でならない。なぜなら、犠牲はつきものというのは暴力を肯定する権力者の常套句でもあるからだ。村上春樹と一見似たような作家と位置付けられているポール・オースターは、彼の書く物語で犠牲はつきものとは言わない。オースターはむしろ犠牲の無い社会を夢想している作家に思える。村上春樹よりもポール・オースターのほうがノーベル文学賞に近いだろう。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す