通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編 単行本 – 2017/2/24

5つ星のうち 3.3 112件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,687 ¥ 1,497

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編
  • +
  • 騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
  • +
  • 村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事
総額: ¥5,508
ポイントの合計: 166pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

物語はここからどこに
進んでいこうとしているのか?

その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた……それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕(あらわ)れるまでは。


登録情報

  • 単行本: 544ページ
  • 出版社: 新潮社 (2017/2/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103534338
  • ISBN-13: 978-4103534334
  • 発売日: 2017/2/24
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 12.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 112件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 42位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「海辺のカフカ」以来の久々の傑作を期待していたのですが、出てきたのはむしろ後退した、焼き直しと「老い」ばかりが目立つ小説でした。

ほとんどセルフ・カバーなんじゃないかと思うくらい、彼の著作のプロットやモチーフが多用されているし、それと同時に物語のテンポは従来よりもひどく緩慢に感じました。計1,000ページにも及ぶ長編ですが、本来はこの1/3くらいで書けてもよい内容だと思います。それを懇切丁寧なストーリーテリングと感じるか、冗長と感じるかは読み手によるでしょうが、少なくとも私には筆者の老いだけが強く感じられてなりませんでした。特に第2部後半からは読んでいて大変苦痛だった。

「色彩を持たない〜」のような失敗作を書いてしまったあとのためか、内容的にはおそらく原点回帰的な思いがこめられていて、自己をリブートし、過去の長編で繰り返し語ってきたことに再トライするような筆者の意思を読んでいて感じました(主観ですけど)。
しかし、そこに新規性はなにも感じなかったし、その冗長さからは「話が間延びして長くなってきている晩年のお笑い芸人」のような劣化や鈍化が表れているように思えました。

また、細部についてですが、南京事件に関する扱いの雑さや、2部の最後であまりにも唐突に物語を東日本大震災に絡めてくる点が非常に気になりました。この
...続きを読む ›
2 コメント 123人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 高志 投稿日 2017/3/18
形式: 単行本
いつ面白くなるんだろうと期待して読んだけど最後までつまらなかった。がっかり。村上春樹は1Q84で引退してた方がよかったかもしれない。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
あまりに冗長です。
物語はドラマ性に欠け、希薄な印象だけが残ります。

再読すれば良さがわかるのかしら。
でも、だったら他に読みたいものが仰山あるし、、、

個人的には、この人の「中国行きのスローボート」とか「貧乏なおばさんの話」等のポップで切ない小噺の方が好きです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 K-Black トップ1000レビュアー 投稿日 2017/3/19
形式: 単行本
2冊共に読んで感じたのは、この作品は完全にかつての作品の焼き直しやテンプレでも使って執筆したのかと…。
残念ながら面白みも斬新さも感じられない作品でした。

ましてや、「南京大虐殺」の件は、完全に呆れました。
日本・中国の当事者国間で見解の異なる繊細で難しい歴史問題を、何も考え無しで書くとは…。
中国市場での利益を目当てで書いたのか、ノーベル賞が欲しくて書いたのか…。
世界的に著名な作家が書いてはいけない内容だと考えます。

正直、 村上春樹氏は限界なのかなと思う作品です。
人は、飽きられる前・惜しまれる時に引退した方が良いのではと考えされる内容でした。

読んでみたいと思う方は、古本を買うか文庫本が出て価格が安くなるのを待って購入する事を勧めます。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
羊3部作位の頃は最高の作家だと思ってましたが、今や過去作の焼き直しばかり
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ねじまき鳥をもう一回書きたかったのかなあ、という感じです。

物語の力はある程度感じられて読み進めたのですが、おなじみのキャラクターが都合よく動き回り、会話を重ねて謎が深まり穴から出てきてちゃんちゃん、終わり?という感想に留まってしまうような、何か作品世界が段々と薄味になって来ている印象があります(近作も含め)。作者が自分の小さな箱から出なければ、これ以上のクオリティの作品はお書きになることはないと思います。

とにかく!作者が変わったのか私が変わったのかは分からないのですが、昔のようにもう文字が目に入ってきません(作品の中でのお得意の言い回し・個性的なタイトル・音楽の薀蓄・性行為の描写などがもう力を持って響いてこないので、読み飛ばすしかありませんでした)。

私の中では、メインキャラクターの「私」の個性が「ただの古臭さ」と感じられてしまう所まで来てしまいました。

でももし三部が出たら買うだろう。確認のために(笑)
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私はある事情があって最後の節を読むのは1日伸ばしていた。私の中ではこの物語はほぼ終わっていたし、もう後は読まなくてもいいと思ってたけど、一応、次の日に読んだ。えっ??ミステリアスなイデアとメタファーの交錯してた世界が突然、メロドラマのエンディングのようなリアル世界になっている。なんで被災地の話なんか最後に出てくるんだよ!(私は被災地に住んでいる)。白いスバルフォレスターの男は最後まで”スバルフォレスターの男”でいいんじゃないかい。最後の節でB級小説を読んだ気分になってしまった。読後感が何も残らない珍しい小説。

補遺(3月8日)
 ある新聞の日曜文芸欄で評論家が”村上ワールド満載、村上文学入門編、初心者にお勧め”と言うようなことを述べていた。ちょっと違うんじゃないかな・・。村上春樹の小説を始めて読もうと思う人はやはり初期の作品群から手にすべきだし、初心者ほ特に最初に読んでほしくない小説だと私は思う。

 なぜか? 「絵」に例えると、まず小説としての”フォルム”、同じ構図の絵を何枚書くんだ!みたいな既視感てんこ盛りだ。それに文章としての”マチエール”、質感が軽いんだなー。物語の深淵に誘う何かが足りない。

 もしかしたら既視感で読者に先読みされてるせいかも知れない。私が”読後感が何も残らない”と感じたのはそういうことだ。やれやれ・・
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す