通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆ecobooks天神駅前福岡ビル店より発送いたします。◆付属特典、帯等について特に記載していない場合は付いておりません。◆店頭併売のため品切れ時は速やかにキャンセル、ご返金いたします。◆配送は佐川急便、日本郵便、ヤマト運輸です。◆土日祝日、年末年始やGWなどは配送にお時間を頂いております。配送についてご指定がある場合は事前にお知らせください◆店頭併売による状態変化の可能性があるため状態表示を「良い」もしくは「可」としております。◆中古商品のため経年劣化やキズがあるもの、店頭値札がついている場合がございます。必ずしも美品ではございません。ご了承ください。◆発送前に商品状態をご連絡の上、ご購入の意思を確認させていただく場合がございます。◆商品の詳細につきましてはご連絡頂ければお伝え致します。お電話では担当スタッフが不在の場合がございます。なるべくメールにてお問い合わせください。◆巻数抜けなど商品不備での返品は商品到着後2週間以内で承りますのでご安心ください。◆そのほかにご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。JAN 9784103534334
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編 単行本 – 2017/2/24

5つ星のうち 3.4 176件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 970
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


『騎士団長殺し 単行本 第1部2部セット』

セット買いは こちら




click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編
  • +
  • 騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
  • +
  • みみずくは黄昏に飛びたつ
総額: ¥5,508
ポイントの合計: 167pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



第157回芥川賞&直木賞 候補作品決定
『星の子』今村夏子、『あとは野となれ大和撫子』宮内悠介など作品一覧は >> こちら

商品の説明

内容紹介

物語はここからどこに
進んでいこうとしているのか?

その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた……それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕(あらわ)れるまでは。


登録情報

  • 単行本: 544ページ
  • 出版社: 新潮社 (2017/2/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103534338
  • ISBN-13: 978-4103534334
  • 発売日: 2017/2/24
  • 梱包サイズ: 19.2 x 14 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 176件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 402位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
かつてあった、切実さ、失われ損なわれてしまって二度と戻らないものたちへの痛切さ、が、本作品では全然認められない。

ノルウェイの森にはあったのにな~。年取ったから安定しちゃった?
あれは単なる通俗小説だと、ある評論家に切り捨てられていたが、この人の最良の作品は、自分の経験をベースに真摯に何者かと格闘した作品、ノルウェイの森なんじゃないだろうか。だめ?
本作はさらっと読めますが、うーん、私の読みが足りないの?

老画家の魂との痛くて厳しいやり取りが全然感じられなかった。そこが本作のキモなんじゃないの?
ウィーン1938年とか南京とか歴史への興味に逃げていて、真正面から魂と格闘していない感じ。
メタファーとかイデアとか、手垢のついた言葉には驚きがありません。謎の空間を通り抜けて穴に出るのも、ああまたかという感じです。

なんか、突き刺さるものがなかったな。切実さがなかったな。
さらっとしてて、まあ面白かったけど。グレートギャツビーのように読み直すかというと、どうかなあ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
直感的に「騎士団長殺し」という絵画が「箱庭」的だなと感じます。どうも、なにか怪しい。

※「箱庭」とは、砂をしいた箱の中に、自由におもちゃなどを入れていくもので、「箱庭療法」(心理療法の1つです)に使用されるものとして知られています。これは心理学者である河合隼雄(先生)が1960年代に西洋から日本に持ち帰り、国内に広げたものです。なんとなく知っていらっしゃる方も多いかと思います。

秋川まりえが週に1度スタジオにやってきて、「私」と1対1になり、肖像画のモデルになるという設定もどこか心理療法を思わせます。やはり、怪しい。まるでクライエントと治療者のよう。
その線にそって読んでみると、「騎士団長殺し」は小説の中では、雨田具彦が描いた絵画として存在しますが、騎士団長・顔なが・ドンナアンナ含めて、このおもちゃ・人形たちを画中に配置したのは、この小説の書き手である村上春樹です。そういう意味では、「騎士団長殺し」という存在は、雨田具彦によって描かれた「絵画」であり、村上春樹の書いた「小説」でありながら、同時に村上によって作られた「箱庭」という存在になっているとも読める。二重メタファー構造になっている。
人を観察し「肖像画」を描くということは、「小説」を書くことでもあり、同時に「心理療法」を行うことと読み替えることができるように思える
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 ストーリとしては、相変わらずの読むものを引き込む卓越した文章力を感じるが、村上春樹独特の奇抜さは目新しいものがなくなった。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
恐らく主人公の絵の制作過程が、小説のそれとかなりの部分共通しているのでしょう。芸術論としては面白く読めました。ただし、小説としての完成度はこれまでの長編に比べて低いと思います。ネタバレは避けますが、主要人物の中に、結局あの人は何だったのという人物がいます。人物描写がイマイチ。魅力的ではありません。話は複雑に絡み合っていきますが、厳しい言い方をすればあちらこちら破綻しています。そのような瑕疵はもはやどうでも良い域に村上文学は昇華したと考えたい。何となくワンパターンの感もあり、あえて星3つとさせていただきます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
題名からしてどんな内容なのかドキドキしながら読み始めましが
読み進めて言っても全く面白くなく期待はずれ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
久し振りの長編という事で読書中は面白く読む事が出来ました。免色というキャラも魅力的だし、主人公が描く肖像画や物語のキーである「騎士団長殺し」も実際見て見たいなぁと思わせる程模写が素晴らしい。ただ、読後感は今までの長編に比べスケールが小さい話だったなという印象。「騎士団長殺し」という異様な絵画作品が生まれるバックボーンとしてナチス占領下のウイーンや南京大虐殺が出てきますが、あくまでバックボーンの意味合いで止まっていて、ねじまき鳥クロニクルのノモンハンやシベリアの強制収容所のエピソードで感じたような深みを感じません。最終章に触れられる東日本大震災の模写も中途半端な感じで本当にこれで終わりなのかな?というモヤモヤした感じか残ります。この後また第3部が出るのか、期待感というよりはちゃんと着地した作品にして欲しいなと思いました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す