通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
駿河城御前試合 (徳間文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

駿河城御前試合 (徳間文庫) 文庫 – 2005/10

5つ星のうち 3.7 23件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 946
¥ 946 ¥ 170

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 駿河城御前試合 (徳間文庫)
  • +
  • 腕~駿河城御前試合~ 1 (SPコミックス)
  • +
  • 腕~駿河城御前試合~ 4 (SPコミックス)
総額: ¥2,284
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

駿河大納言忠長の御前で行われた十一番の真剣試合。城内が腥風悽愴と荒ぶその日、武芸者のだれもが破滅の淵へと疾走し、血の海に斃れていった。日暮れ、人去った城内は寂として声なく、人心の倦厭の気のみ残されていたという……。(傑作時代小説)

内容(「BOOK」データベースより)

駿河大納言忠長の御前で行われた十一番の真剣試合。城内が腥風悽愴と荒ぶその日、武芸者のだれもが破滅の淵へと疾走し、血の海に斃れていった。日暮れ、人去った城内は寂として声なく、人心の倦厭の気のみ残されていたという…。


登録情報

  • 文庫: 541ページ
  • 出版社: 徳間書店; 新装版 (2005/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198923213
  • ISBN-13: 978-4198923211
  • 発売日: 2005/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 26,567位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
「シグルイ」「腕」を読んでいる人は、同じ話と思わずに読まれたらいいと思います。やはり、マンガの方はアレンジしてあっていろいろ違います。原作は、短編の集合で全体としての駿河城御前試合を構成しています。それに、思い入れのあるキャラの、後日談もでてきます。藤木がどうなったか気になるでしょう?文章も読みやすくてあっという間に読めてしまいました。のめりこみますよ。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
漫画「シグルイ」の原作としてにわかに注目を浴びた作品で、故に漫画との対比で語られることが多いようですね。
でもちょっと待って下さい。それはこの短篇集の1/11でしかありません。他の10/11の作品も大変奥行きのある
心理描写で、私は一気に作品の世界に引き込まれました。
勝負にいたるまでの経緯、その背後に存在する剣士たちの決意と葛藤、自信と不安、信頼と裏切り、恋と友情、互いのすれ違い。
どの作品も剣士一人ひとりの人物像が明確で、まるで魂を持ったもののように活き活きとして描かれています。
個人的には、短い作品ながら「身替り試合」がよかったと思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gumby13 投稿日 2005/10/6
形式: 文庫
三代将軍徳川家光の実弟忠長が執り行った真剣勝負による「御前試合」の顛末だが、これが実に面白い。対戦者間にわだかまる情念、執念、怨嗟、等等を過不足なく綴り、刹那の勝負に全ての因果を収斂させる構成なのだが、これが十一篇続いても、まったく飽きさせることが無い。
相対する剣士をそれぞれに、ある意味追い詰めている武家の論理は前近代的なものであるが、その根底に流れるさまざまな感情は普遍の原初的なものであり、今日読んでもあまり古びた感じはしない。。。。。のは、やはり俺が時代劇が好きだからかも知れない。
むしろ今日的と言えるのは、その残酷描写であろう。腕が飛び、脚が飛び、体が両断される剣の破壊力は対峙する双方を無傷では終わらせない。『キル・ビル』や『シスの復讐』などが剣豪小説の映画化作品へのリスペクトとして残酷描写を描いており、そういうものと呼応している「愉しみ」であることは否定しない。が、今日的とはそうした表層的な意味合いのみを指すものではない。
駿河城南庭の白砂の上に繰り広げられる凄惨な殺し合いは、生き残った者の魂を更に深く傷つける。酸鼻を極める試合の描写は、達人ゆえの凄みと業を漂わせながら、「無情」の二文字を読む者の心にも刻み込むのだ。だがこれは、血で血を購う事の空しさを説教臭く語り、半端な悟りを錯覚させるものでは断じて無い。むしろ生の業苦とも言える、足掻いて足
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TKT 投稿日 2016/6/6
形式: 文庫 Amazonで購入
他の方同様に漫画から興味をもって読んだクチです。
原作は漫画に比べ非常にあっさりしています。
あれだけの短編をあそこまでの濃厚で異様な物語にできたなと
漫画版の凄さを再確認できます。

全十一組の真剣勝負を描いてますが、
なんというか、ほとんどが同じ展開なのが気になります。
男と女のいざこざからはじまって、決闘に続く流れです。
どの試合の経緯も似た流れで、なんだかなぁと感じてしまいます。
悪くいうと飽きやすく、今誰と誰が決闘しているのがわかりにくいです。
漫画版はこういったことも考慮して、逆流れ編のみにしたのかもしれませんね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この作品は非常に楽しめた。南條 範夫の小説は初めて見ましたが、文体も仰々しくなく、適度に軽く読みやすいので、力を抜いて楽しめます。
同じような話が多く飽きるという意見を聞いて少し躊躇しましたが、私はまったくその様には感じませんでした。
忍法等はでてきませんので(笑)比較的リアル嗜好で楽しめます。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『シグルイ』の原作本としてすっかり有名になった一書。目下(第11巻まで)のところ、『シグルイ』で描かれているのは第一話「無明逆流れ」と第四話「がま剣法」であるが、他の諸編も歴史娯楽小説として十分楽しめた。個人的には、エロス感漂う第十話「破幻の秘太刀」と第十一話「無惨ト伝流」が好み。「剣の道は、一切のまよいを最も忌む」(315頁)。

それにしても、ネタバレになるため詳述は避けるが、『シグルイ』はやはり藤木源之助が登場する第十二話「剣士凡て斃る」をも描くのであろうか。これを描くとなると、正直あと何巻続くことになるのか想像もつかないのだが・・・
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック