中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

駿台式!本当の勉強力 (講談社現代新書) 新書 – 2001/3/19

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

予備校人気講師五人が伝授する勉強の極意!国語、数学、英語、理科、社会を学ぶ意味とは。予備校という最も苛烈な現場にたつ超人気講師五人が今まで明かされることのなかった勉強の秘訣とその醍醐味を語る

内容(「BOOK」データベースより)

英国数社理すべておまかせ!人気・実力抜群の名物講師五人が初めて明かす、「一生役に立つ」勉強法の極意。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 288ページ
  • 出版社: 講談社 (2001/3/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061495461
  • ISBN-13: 978-4061495463
  • 発売日: 2001/3/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 31,389位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
特に野島講義4が面白い。日本史で大変なブームとなり、その世界では、基本的常識となった国民国家論の入り口へ導いてくれる。野島氏の立場は、日本の国民国家論の火付け役である立命館の西川長夫教授のように、国民国家を相対化して、批判するというものよりは、本書221ページに写真で紹介されているベネディクト・アンダーソンの想像の共同体に近いように思われる。国民やナショナリズムの起源をフランス革命ころにおき、小説や新聞、言語の国民概念形成に果たした役割を考えるように読者を誘う。日本の特殊性を言い募るではなく、世界史のより高い観点からみた日本の近代化の普遍的側面への視野を開いてくれる。この普遍的視野こそ、日本人が自らの過去を客観的かつ冷静に見つめ考え、そして中国や韓国にも卑屈にもならず、尊大にもならないために必要なことであると思う。最も配当ページ数は少ないようだが内容はもっとも濃く、深いのが日本史の部分であろうと思う。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
「駿台は東大よりすごい」と発言した駿台講師がいたとかいないとか、、、、。
その真偽はわかりませんが、この本の執筆者はすごいと思います。
こんな力のある先生が授業をしたら、生徒は楽しいでしょう。
題名の通りの内容です。
すばらしい。

いろいろと各方面から非難をあびた1999年のセンター国語の第二問(小説)の霜栄師の説明がすばらしい。
そこらへんの力の無い国語教師なら、選択肢を消去して、「これしか残らないね、本文に根拠ないよね、しかたないよね」
とか言って、逃げる設問に対し、霜師の説明はすばらしい。
さすが駿台現代文のトップ講師!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
個人的には、
英国数の教科についての内容が良かったです。

「勉強はスポーツである」
といったことが書かれているのですが、
その通りだと思いました。

スポーツの様に楽しみながら勉強に挑戦していきたいものです。

高校生はもちろん、
大人の方にも是非読んでいただきたい内容でした。

評価は星5つです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本全体を通じて、
今まで色々なところで言い尽くされてきた内容で、
全く新鮮さを感じなかった。

特に英語に関しては、
自らの文章に酔いしれているかのごとく、
ことばをこねくりまわして、
結局何が言いたいのかよく分からない。
英語専門なら、
せめてエッセーライティングの基本くらいは守って
文章を展開してもらいたい。

また、
「語学はスポーツ」などという話は、
10年前から常識化していると思われる。
それを一番阻んでいるのが、この人たちが所属する
『予備校や塾教育』であることも周知の事実であるように思われる。
「英語はまず文法」と言ってUPGRADEや文法語法の1000を持たせるような
ことをしておいて、何を今更という感じがする。

ここ数年で読んだ本の中で一番時間の無駄だと思った本でした。
これなら賛成か反対かは別にして伊藤和夫の本を読んでいる方が
文章力も説得力もあるよい文章である。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック