Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 307
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[安藤 進一]の駅路VISION 第23巻・伊豆/箱根 2016初版

駅路VISION 第23巻・伊豆/箱根 2016初版 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2016/7/7
¥ 307

紙の本の長さ: 143ページ タイプセッティングの改善: 有効 Page Flip: 有効

商品の説明

内容紹介

オリジナル電子書籍『駅路VISION』シリーズは、全国各駅を路線別、地域別に収録したフォト&エッセイです。 出会い、別れ、集いの場など、土地の顔役を担う鉄道駅から、その存在のあり方やまちづくりの方向を考えます。 鉄道趣味のかたはもとより、まちづくりに携わるかたや、故郷をこよなく愛するかたにも読んでいただきたいロングラン・シリーズです。
 富士箱根伊豆国立公園。今ではその呼び方も新鮮に感じられるほど、観光開発の進んだ一大レジャーゾーン。首都圏の人々にとって、特に伊豆半島や箱根温泉郷は「安近短」の象徴といってもいいほど、手軽に非日常を得られる存在でしょう。
 それだけに半面で、一帯の道路は休日の大渋滞で知られ、ドライバーにとっては「家族サービス労働」と敬遠される向きもあるとか。元々「非日常の観光体験」とは、鉄道で出かけ、最寄りの駅には送迎の便があって、移動のプロセスまで含めて楽しむものでした。
 高度成長期の鉄道大量輸送は、列車も駅も機能優先のハコモノにしてしまった面があります。それは特に、年間数百万人を受け入れる観光特化のまちほど顕著でした。ピーク時のバブルが終わってから、もはや四半世紀。あるいは景気の浮き沈み、あるいは自然の気まぐれに、それぞれ一喜一憂しながらも、温泉旅館街をはじめとする各地の営みには、改めて個性と地域性を見直す動きが目立ってきました。そこに鉄道と、まちの玄関駅が果たす役割の大きさを、この巻から読み取っていただければ幸いです。
2016年7月10日初版発行
収録内容:JR伊東線/来宮~伊東、伊豆急行/南伊東~伊豆急下田、伊豆箱根鉄道/三島広小路~修善寺・緑町~大雄山、JR御殿場線/下曽我~大岡、箱根登山鉄道/箱根板橋~強羅(全70駅)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 13490.0 KB
  • 紙の本の長さ: 143 ページ
  • 出版社: あかつき舎; 1版 (2016/7/7)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01I5SHH2C
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 219,728位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク