通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
駄作 (ハヤカワ・ミステリ文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

駄作 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 文庫 – 2014/6/6

5つ星のうち 2.0 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【ミステリ界のサラブレットが、奇想天外過ぎる展開で読者を打ちのめす強烈スリラー! 】 ベストセラー作家だった親友ビルが死んだ。追悼式に招かれた売れない作家プフェファコーンは、ビルの仕事場で未発表の原稿を見つける。誘惑にかられた彼はその原稿を持ち出し、自作と偽って刊行した。思惑通りの大当たりで、一躍ベストセラー作家に成り上がったプフェファコーンだったが……ベストセラー作家を両親に持つ著者が、その才能を開花させたスリラー! 【本書には奇想天外な展開があることをあらかじめ警告します】

出版社からのコメント

強烈すぎる展開と唖然必至のラストが待ち構えています。覚悟して読んで下さい。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 566ページ
  • 出版社: 早川書房 (2014/6/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4151804013
  • ISBN-13: 978-4151804014
  • 発売日: 2014/6/6
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 10.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 603,618位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
期待していた展開とまるで違うじゃないか!  0点!

期待していた展開とまるで違うじゃないか! 100点!

どちらかに別れる作品かと。

オチのないショートショートを好む方ならお奨めできる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「駄作」のタイトルどおり駄作はお前だといいたいほどの駄作。これがエドガー賞最優秀長編賞の候補作とは情けない。他になかったのかと言いたい。訳者は「アメリカミステリ界は懐が深い」なんぞと書いているが、こんなものにお金を使わされた者の身になってほしい。バカバカしくて途中で読むのを止めようかと何度も思ったが、もしかしてドンデン返しがあるんじゃないかと希望を抱いて最後まで読んだ私がバカだった。購入しようか悩んでいる人はやめた方がいいですよ。ホント、アホラシイ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
奇怪至極な小説である。主人公は一冊本を出版しただけの貧乏非常勤講師。その友人はスリラー小説のベストセラ・セラー作家。その友人が亡くなり、その書きかけの遺作を主人公が自分の作品として発表した所、ベスト・セラーとなって....、という発端は剽窃を扱ったミステリ(?)としてはありきたり。しかし、ここから全く着想外の"トンデモナイ展開"になるのである。この"トンデモナイ展開"が本作の肝なので、詳しくは書けないが、ミステリ・ファンあるいは小説全般に関して興味のある方には一読の価値があると思う。

想像だが、両親共に作家という境遇に育った作者には、「小説の価値」に関するある種の自虐的思惟がある様に映った。大げさに言えば、「小説に社会(あるいは世界)を変える力があるのか?」という問いと、それに対する否定的見解である。原題の「potboiler=金儲けのための粗末な本(あるいはそれを書く作家)」がその辺の事情を幾分暗示している様に思う。一方で、小説が愛や友情といった、一見陳腐ではあるが、やはり極めて重要な事柄を描き得るという事を作者が信じている事もラストまで読むと汲み取れる。

そして、作品の構造は巧緻にして、遊び心に富んでいる。冒頭に、S.キング等の実名を出して主人公の友人の作品に対する賛辞を捧げたり、作中作として登場する友人の遺作中に度々決まり文句(主人
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
うーん...終盤近くまで興味深く読みましたが、結末は、よく分からなかった…。残念ながら私の好みではなかったけれど、「駄作」ではないと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
何とか最後まで頑張りましたが、いったい何なのか、私には理解不能の作品でした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告