中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

馬耳東風 単行本 – 2001/5

5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

超過密スケジュールの中、仕事や日常を通して、出会ったこと感じたことを綴ったエッセイ。恋の話、好きな女性や結婚観、SMAPの仲間のことも率直に描写。独自の稲垣流美意識が貫かれた、楽しい一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

超過密スケジュールの中、仕事や日常を通して、出会ったこと感じたことを綴ったフォト・エッセイ。恋、仕事、そしてSMAPの仲間のことも率直に描写。独自の稲垣流美意識が貫かれ、楽しい一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 157ページ
  • 出版社: 集英社 (2001/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4083330228
  • ISBN-13: 978-4083330223
  • 発売日: 2001/05
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 398,795位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
いわゆるエキセントリックな告白本でも告発本でもなくて
日々雑感というにふさわしい本。目にするものの中に
見つける物語性に驚く。振り向いた未来の自分に気づいたり、建物のもつ物語に思いをはせたり。
 そして、なによりも語り口の静かさ。ひとりの夜にでも
好きなページをめくりたくなる。
 これから始まる秋の夜長、傍らにおいておくのはいかが?
 一連の出来事で、この本が正当に評価されなくなることがないように祈りたいと思う。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 SMAPの中では、ややインテリ風なところを他のメンバーのからかいのネタにされたりして、キザっぽいヒトなのかなぁと思い読んだこのフォト・エッセイ集。
 同年代の男性より少しだけ物事の本質を突き詰めて考え、自分のアンテナを広げようとし、マイブームはあるけれど、流行には徒には流されない。
 良い事、悪い事、それぞれがあっても、「幸せに楽しく暮らせるのは「そう思うこと」」という自分なりの哲学のもと生きている1人の男の人のモノローグがここにあった。
 いい意味でのマイペースをこれからも貫いて活躍して欲しい。
 ところで吾郎ちゃん、髪型はきっちり整えるよりガッちゃんになってもちょっとルーズな方が私は似合っていると思うよ。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/6/1
形式: 単行本
彼自身の言葉で穏やかに語られる日々が、なんだか短編小説のようです。いつも楽しむことを忘れない著者の前向きな思考が文章から伝わって、読書後ほんわかとした気持ちになりました。 FANでない人にもぜひご一読いただきたい1冊です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/6/3
形式: 単行本
全篇に漂う静かな落ち着いた空気と、文学的な語り口調・・・稲垣吾郎の醸す不思議なムードにトップリと浸かれる一冊。
少し意外にも感じる彼のペンの雄弁さが、等身大の彼を彼自身の強い筆圧で描き出している。が、常に一貫しているのは、稲垣吾郎のナルシシズムの小気味良さである。自らの子供時代を「美少年」と書き綴る自信と、女性に対する飽くなき探究心は『稲垣吾郎イズム』の最たる産物なのか。嫌味のない自画自賛の美学がこの本の中に凝縮されている。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/5/27
形式: 単行本
正直最初は、単なるアイドル本だと思っていたのですが、意外に良くてびっくりしました。日記感覚であったり、時には小説のようであったり・・彼が普段思ったり、考えたりしていることが素直に伝わってきて、とても身近に感じられて好感が持てました。ファンにとっては、写真集感覚のフォトも満載で2倍おいしいのでは?
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック