通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
馬券裁判“本人”が初めて明かす! 「馬券裁判 ─競... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 シンショー
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 目立つ痛み使用感なく良い状態です。書き込みや破れ、タバコ臭などもありません。万一不具合ありましたら返品対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

馬券裁判“本人”が初めて明かす! 「馬券裁判 ─競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実─」 単行本 – 2015/7/21

5つ星のうち 3.6 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 792

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 馬券裁判“本人”が初めて明かす! 「馬券裁判 ─競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実─」
  • +
  • 競馬王テクニカル 儲けの法則編 (競馬王馬券攻略シリーズ)
  • +
  • 負け続けてきた競馬が「金の成る木」に変わる 馬王Z投資馬券術
総額: ¥5,346
ポイントの合計: 162pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



スポーツ観戦本特集
一流の選手達が繰り広げる、熱い戦いの数々。ガイドブックを活用して、スポーツ観戦を全力で楽しもう。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

(本書「はじめに」より抜粋)

私は、2007年から2009年の3年間で馬券で得た所得を申告せず、単純無申告の罪で刑事裁判にかけられました。3年間で私が馬券で得た利益は約1億4千万円でしたが、それに対する課税額は約5億7千万円という異常な金額でした。課税額が実際に得た利益の4倍にもなっているのは、馬券の払戻金の合計額のうち、的中した買い目の購入額しか控除されない計算だったからです。

刑事裁判において、私は、競馬で得た所得を申告しなかった点については認めていましたが、課税額については、外れた買い目の購入額も控除されるべきだと主張しました。そして、地裁、高裁、最高裁のすべてにおいて、私の主張の通り、外れ馬券が経費として認められるとの判決が出されました。その結果、課税額は大幅に減額されることになりました。

しかしながら、私が馬券で得た利益のうちの約半分はリーマンショックの際に投資信託での損失として消えてしまっており、また裁判費用も必要だったため、本税に相当する金額分はすでに納付済みですが、無申告加算税と延滞税に相当する金額分については、すぐには納付できない状況です。そこで、少しでも納税資金に充てたいという思いから、本書を執筆しようと考えました。

第1章では、私の競馬歴について。
第2章では、裁判に興味がある方向けに、国税局の査察を受けてから最高裁に至るまでの経緯について。
第3章では、私の馬券の購入方法に興味がある方向けに、私がどのようなツールを用いて日々どのように馬券を購入していたかについて。
第4章では、馬券でプラス収支を目指している方向けに、過去データをどのように分析すればプラス収支が達成できるのかについて。
第5章では、馬券で億万長者を目指している方向けに、競馬資金を短期間に大きく、しかもできるだけ安定して増加させていくためのコツについて書きたいと思います。

本書は、さまざまな読者の方を想定して、できるだけたくさんの読者の方に満足していただけるような内容にすることを目標にして執筆しました。

内容(「BOOK」データベースより)

世間を騒がせた馬券裁判“本人”が初めて明かす!元手100万を“億”に変えた驚きの“術”とは!?


登録情報

  • 単行本: 167ページ
  • 出版社: メタモル出版 (2015/7/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4895958809
  • ISBN-13: 978-4895958806
  • 発売日: 2015/7/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,624位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
とても楽しみにしていました。

前半の裁判については、未だに不思議に思うことがたくさんあります。
・競馬場やwinsで購入していたら大丈夫だったのか(ギャンブルでは幾ら以上儲けた場合、自ら確定申告をするべきらしいのですが、する人、いませんよね)
・そもそも、なぜ儲けた金額の何倍もの税金が課せられたのか
・最高裁で勝ったものの(そうはいってもまだ負債がある)、似たようなほかの裁判では結果が違う
・卍氏がこの裁判に費やした5年という歳月の労力を、なぜ背負う人と背負わない人がいるのか

ギャンブルはすべての人に平等でなければならないと思っています。そのために、テラ銭があり、負けるリスクを背負いながら、勝つ歓びを手にしたいのです。
また、これに対して、JRAがほとんどなにも発言していないで、放置している意味が本当に分かりません。

後半の競馬で勝つための文章ですが、卍氏の発想に驚きの連続でした。
競馬ソフトを使いこなす努力と検証は、すさまじいものがありました。

また、1年間で残高を5000万近く減らしても、それをスランプととらえ、馬券を買い続ける精神力。
「自分でオッズを下げすぎない」という驚愕の箇所もあり、とても著者のようにはできませんが、
普通の競馬ファンでも、ヒントになるようなアドバイスが書かれており、非常に満足できました。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本日届いたので、早速読んでみました。とても理にかなっている手法だと思います。
この本によって、買い方の根本を変える人はかなりいるのではないでしょうか。
ただ、優れた手法はみんながマネするので、すぐに使えなくなるとも思いました。

0から1を生み出すことができる人(作者のような人)はごく一部の人間ですが、
1を10にできる人はたくさんいます(いわゆる頭のいい連中)。
この本が、そんな連中の手に渡れば、間違いなくオッズの傾向が大きくかわり
すぐに手法そのものが通用しなくなるでしょう。

作者は自分自身が儲けられなくなるリスクをどの程度考えているのか?が気になりました。
(まだ追加の税金が払えず、それどころではないといったところでしょうか?あるいは
この手法に先が短いことをわかっている?あるいはすでに通用しない?)

いずれにしても、本の中身はとても論理的でよくできた本だと思いました。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
投資系のツイッターで紹介されていたので買ってみた。

勝つ馬を当てるのではなく、回収率を上げる為に、実力以上にオッズの割高な馬を買わないようにし、逆に実力以下の人気となっている馬を買うということ。

やみくもに回収率向上のためのファクターを探すのではなく、観察し、仮説を立て、過去データで検証してみること。

資金管理によって、長期的に資産が上昇するような張り方をすること(回収率100%を超えると言っても短期的には連敗も続くので、その時期でも破産しないように)。

こうしたポイントはある意味、株式投資等においても参考になろうかと思う。

この本は、「この本を読んで俺も一丁やったるで」と単純に思うような頭の悪い競馬ファンには理解するのが難し過ぎるだろうし、具体的な方法は書いてなく、自分で仮説検証を重ねて行くための考え方だけなので、何の役にも立たないだろう。

逆に、この裁判やらUPRO事件を見て「競馬には約25%の控除率があるから(長期的に)儲けるのは絶対無理」というありがちな思考停止的命題が、実は全然違うという事実に気付いている一部のコアな投資競馬志向者にとっては目新しい事実は少なく、全然物足りない内容だと思う。
後者の人は字も大きく読み易いので、本屋で立
...続きを読む ›
1 コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
卍氏がどのようなロジックで馬券購入をしていたかは参考になった。
まだ出し惜しみしている感じがするね。自分が頑張ってきたことを早々に教える訳がない。それで、普通だね。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
話題の本なのですぐに購入しました。
残念だったのは、「馬券裁判」という本にしては、裁判の詳細がお粗末だったことです。
筆者のブログに重複している文脈が多く、内容が薄かったように思えます。
多分ですが本書に期待していた何割かの人は裁判に至った経緯、どのようにして馬券で儲けていることが税務署にばれたかなどの筆者なりの見解・分析が知りたかったと思います。(知りたい人は馬券エリートでしょうが・・)立場上、詳しいことが書けなかったのでしょうがやはり残念でした。

馬券理論については、非常に理に適っていると感じました。収支期待値を追っているように思いますが、自分とは考えが違うものの競馬予想に必要な核心を指摘しています。つまり、優良な予想ファクターをもとに機械的投票を行うことによって自身のバイアスを排除することが勝つための競馬予想に必要だからです。「楽しむ競馬」と「儲ける競馬」は違うとよく言われますが、予想ソフトを使い投票カスタマイズして、大きなプラス収支を達成したのですから、どちらも体感できたのではないでしょうか。そこに至る過程で、筆者自身の予想理論に多少の修正を加えながら元金が十分の一になってもなんとかしのげたのは、筆者自身の予想アプローチへの深い自信があったからでしょう。
いずれにせよ筆者の提唱する卍指数のさらなる飛躍を期待しています。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック