こちらの本はKindle Unlimited読み放題に含まれています
中古品
¥21
+ ¥257 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 エリアップ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため、使用感ございます。発送は土日祝日を除く平日のみとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


馬を走らせる (光文社新書) 新書 – 2006/3/17

5つ星のうち3.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

騎手として、調教師として、大レースを制してきた著者が語る本物の競馬論

有名な種牡馬の仔ではなくても、走る馬が出るときは出るものだと考えている。要するに、その確率が低いというだけの話だろう。
「たとえ最近は目立たない血統でも、ここまで生き残ってきたことには変わりはない。  だから何代かに一頭は凄い馬が生まれるかもしれない。それがこの馬かもしれない」
このように馬の能力を見抜く目を日々養うことも大切だ。
自分の目で原石を探し、自分の手で磨きをかけ、ダイヤモンドとして最高に輝かせる。  これもまた、調教師そしてホースマンとしての醍醐味の一つと言えるだろう。(本文より)

出版社からのコメント

■馬との出会いから、レースが始まるまで
裏方の人間に徹する/日本も海外も同じ/GIを制するという経験/“馬が好き”という理屈抜きの気持ち/獲得賞金、勝利数、出走回数の三つすべてを重視/馬主さんの気持ちを汲みとる/あえて血統は見ないケースも/掃除の重要性/お金は設備投資とスタッフに/いまやなくてはならない育成牧場/六十頭いれば六十通りの調教/三百六十五日二十四時間休みなし/プレッシャーへの対処/外国人騎手の凄み/引く勇気、攻める勇気

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 185ページ
  • 出版社: 光文社 (2006/3/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334033466
  • ISBN-13: 978-4334033460
  • 発売日: 2006/3/17
  • 梱包サイズ: 17 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 706,524位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
評価の数 2
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
47%
星3つ
53%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

殿堂入りNo1レビュアーVINEメンバー
2006年4月18日
形式: 新書Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年3月29日
形式: 新書
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告