中古品の出品:8¥ 1,200より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

香港ノクターン [DVD]

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:8¥ 1,200より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【キングDVDマーケット】 ももいろクローバーZのライブDVDやアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ほか、新着タイトルや人気ランキング、キングレコードのミュージックやアニメなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: チェン・ペイペイ, リリー・ホー, チン・ピン
  • 監督: 井上梅次
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 北京語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2004/10/06
  • 時間: 123 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001FM156
  • JAN: 4988003960650
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 246,852位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   1966年から70年まで、香港映画界に招かれ活躍した井上梅次監督(『嵐を呼ぶ男』)が、自らの監督作『踊りたい夜』(1963)をリメイクした香港ミュージカルの古典的名作。
   マジシャンの父の助手としてナイトクラブで歌い踊るチェンチェン、ツイツイ、ティンティンの三姉妹。それぞれの夢に恋に羽ばたき、傷つき戻った3人を、華やかな舞台のスポット・ライトが迎えるのだった…。
   オリジナル版では水谷良重、倍賞千恵子、鰐渕晴子が演じた美人三姉妹に扮したチェン・ペイペイ、リリー・ホー、チン・ピンの3人は、この後、ショウ・ブラザースの看板スターに。特に‘武侠影后‘ともいわれた女性アクション・スター、チェン・ペイペイ (『大酔侠』)のダンスのキレはみごとで、剣劇とはまた違う魅力で酔わせる。撮影はブルース・リー映画でも知られる西本正(賀蘭山)。服部良一によるモダンな音楽、美しい衣装、セットが、ショウビジネスに生きる人々の哀歓を情感豊かに盛り立て、ダイナミックに彩る。(望月美寿)

内容(「Oricon」データベースより)

井上梅次監督が、自作の「踊りたい夜」を香港版としてリメイクした作品。ショーガールとして、奇術師である父親と共に働く三姉妹は、それぞれに将来の夢を持っていたが、その夢を叶えようとした時、思いもよらない不幸が彼女たちを待ち受けていた。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 この時代のショウブラ作品を「日本映画に似ている」と言う人は多いが、日本から招聘したスタッフが撮っているんだからテイストが似るのは当然、あらためて指摘するまでもないことだと思っていた。

 がっ!!!この「香港ノクターン」は初見であったが見てびっくり聞いて仰天、これこそまさに日本映画としか思えない。まぁそもそもが監督(&脚本)・井上梅次、撮影・西本正、音楽・服部良一で日本映画をリメイクしたのだから当然なのかもしれないが、それにしてもこれほど香港色のない香港映画は初めて。70年代のカンフー映画に始まり、若き林青霞の恋愛映画(これは正確には台湾映画だが)まで含め、結構香港映画には詳しいつもりでいたが勉強不足を痛感した。

 香港で撮ったとは言うものの、ほぼ全編がセット撮影であることに起因するのか、まったく香港らしさが感じられない画面に、ティン・ペイペイや岳華、谷峰に田豊など顔馴染みの香港俳優が出てくることがむしろ不自然に感じられるほど。さらにこの時代の香港映画はみなそうだが台詞が北京語なのも非香港テイストを助長する。

 若ーいチェン・ペイペイの溌剌とした美しさ、大酔侠・岳華の京劇じみた大げさな身振り(笑)など他にも見所はあるが、この映画の最大の魅力は小林旭もびっくりの無国籍ぶりかも。とても一般向けとは思えないので星3つにとどめたが、香港映画と同時に70年代の東宝・大映・日活映画が好きな人なら話のネタとしても一見するべきであろう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告