中古品: ¥31
配送料 ¥256 5月 19-20日詳細を見る
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

首脳外交―先進国サミットの裏面史 (文芸新書) 新書 – 2000/1/1

5つ星のうち5.0 1個の評価

価格
新品 中古品
新書
¥31
¥1

商品の説明

メディア掲載レビューほか

思惑渦巻くサミットの裏舞台
本年7月に開催される沖縄サミット(主要国首脳会議)。21世紀の国際社会の方向性を示す場として注目される一方で、かつてに比べ"小粒"という印象の否めない首脳たちによる形骸化したイベントに過ぎないという批判もある。

著者の嶌氏は、第5回の東京サミット以来18回にわたるサミットを直接取材しており、記者仲間からは"サミットおたく"と呼ばれるほどサミット史に通じたジャーナリストである。著者は、一般のメディアは様々な制約によって、サミット宣言や声明、日本批判だけに焦点を当てがちで、国際問題の行方を左右するような首脳たちの生々しいやり取り、黒衣の官僚たちの動きなどを伝え切れていないという。

そこで本書では、主にサミットに参加した各国首脳のあからさまな他国批判や発言の裏にある外交駆け引きに焦点を当てた。それらに解説を加えながら、沖縄サミットをはじめとする今後の首脳外交の読み方を示している。

また、巨大イベントとしてのサミットを仕切る組織やその演出法、開催地の持つ歴史や空気が毎回少なからず影響力を持つ点など、これまでにない視点での取材成果を紹介している。
(日経ビジネス2000/2/28号 Copyright©日経BP社.All rights reserved.)
--
日経ビジネス

内容(「BOOK」データベースより)

「ランブイエ」に始まり、いま「沖縄」へ。激動の四半世紀に、50人の首脳が繰りひろげた合従連衡の駆け引き、相互の赤裸々な人物鑑定―。

Fashion x Sports タイムセール祭り開催中 5/16[月]23:59まで
期間限定で人気商品がお買い得。最大10%ポイント還元のポイントアップキャンペーンも同時開催中。 今すぐチェック

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 文藝春秋 (2000/1/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2000/1/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 新書 ‏ : ‎ 235ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4166600834
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4166600830
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

嶌 信彦(しま のぶひこ)

ジャーナリスト。

1942年生まれ。慶応大学経済学部卒業後、毎日新聞社入社。

大蔵省、日銀、財界、ワシントン特派員等を経て、1987年からフリーとなり、TBSテレビ「ブロードキャスター」「NEWS23」「朝ズバッ!」等のコメンテーター、BS-TBS「グローバル・ナビフロント」のキャスターを約15年間、TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」に1990年4月の放送開始当初より27年間出演。

現在は、TBSラジオ「嶌信彦 人生百景『志の人たち』」(日曜 21:30より)にレギュラー出演。

著書に「日本人の覚悟~成熟経済を超える」(実業之日本社)、「ニュースキャスターたちの24時間」(講談社α文庫)等多数。

2015年9月30日にウズベキスタンに抑留された方々が親日の象徴である「ナボイ劇場」を建設された秘話を描いたノンフィクション「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」を角川書店より発売。2017年3月に3刷が決定。発売から4年経て、新書版「伝説となった日本兵捕虜ーソ連四大劇場を建てた男たちー」(角川新書)が2019年9月7日に発売。

NPO「日本ウズベキスタン協会」会長。 先進国サミットの取材は約30回に及ぶ。会計検査院「会計検査懇話会」委員。

直近の情報は、オフィシャルサイトに掲載。

http://www.nobuhiko-shima.com/

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2009年3月10日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する