中古品
¥11
+ ¥247 配送料
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 表紙にわずかなスレ、使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、納品書の記載価格となります。丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


首脳外交―先進国サミットの裏面史 (文芸新書) (日本語) 新書 – 2000/1/1

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥11
¥1
お届け日: 9月28日 - 29日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

思惑渦巻くサミットの裏舞台
本年7月に開催される沖縄サミット(主要国首脳会議)。21世紀の国際社会の方向性を示す場として注目される一方で、かつてに比べ"小粒"という印象の否めない首脳たちによる形骸化したイベントに過ぎないという批判もある。

著者の嶌氏は、第5回の東京サミット以来18回にわたるサミットを直接取材しており、記者仲間からは"サミットおたく"と呼ばれるほどサミット史に通じたジャーナリストである。著者は、一般のメディアは様々な制約によって、サミット宣言や声明、日本批判だけに焦点を当てがちで、国際問題の行方を左右するような首脳たちの生々しいやり取り、黒衣の官僚たちの動きなどを伝え切れていないという。

そこで本書では、主にサミットに参加した各国首脳のあからさまな他国批判や発言の裏にある外交駆け引きに焦点を当てた。それらに解説を加えながら、沖縄サミットをはじめとする今後の首脳外交の読み方を示している。

また、巨大イベントとしてのサミットを仕切る組織やその演出法、開催地の持つ歴史や空気が毎回少なからず影響力を持つ点など、これまでにない視点での取材成果を紹介している。
(日経ビジネス2000/2/28号 Copyright©日経BP社.All rights reserved.)
-- 日経ビジネス

内容(「BOOK」データベースより)

「ランブイエ」に始まり、いま「沖縄」へ。激動の四半世紀に、50人の首脳が繰りひろげた合従連衡の駆け引き、相互の赤裸々な人物鑑定―。

登録情報

  • 発売日 : 2000/1/1
  • 新書 : 235ページ
  • ISBN-10 : 4166600834
  • ISBN-13 : 978-4166600830
  • 出版社 : 文藝春秋 (2000/1/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価