通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり)
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
首無の如き祟るもの (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥272 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 渋沢 栄一郎
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 【帯無し】使用感 いたみ 折れはありますが、中古品としては概ね良い状態です。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


首無の如き祟るもの (講談社文庫) (日本語) 文庫 – 2010/5/14

5つ星のうち3.9 42個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本 ¥2,090 ¥424
文庫
¥979
¥979 ¥208
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 首無の如き祟るもの (講談社文庫)
  • +
  • 凶鳥の如き忌むもの (講談社文庫)
  • +
  • 厭魅の如き憑くもの (講談社文庫)
総額: ¥3,146
ポイントの合計: 30pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

奥多摩の山村、媛首村。淡首様や首無の化物など、古くから怪異の伝承が色濃き地である。三つに分かれた旧家、秘守一族、その一守家の双児の十三夜参りの日から惨劇は始まった。戦中戦後に跨る首無し殺人の謎。驚愕のどんでん返し。本格ミステリとホラーの魅力が鮮やかに迫る。「刀城言耶」シリーズ傑作長編。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

三津田/信三
編集者を経て2001年『ホラー作家の棲む家』(講談社ノベルス、『忌館』と改題し講談社文庫に収録)で作家デビュー。常にホラーとミステリの融合を試みる独自の作風を持ち、ミステリランキング等で注目を集める。また、ホラー映画をこよなく愛する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
評価の数 42
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2013年12月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年1月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年3月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2009年8月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2009年1月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2008年11月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年12月8日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告