中古品
¥ 314
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため多少の使用感はありますが、(ヤケ、カバー・ページキズ、スレヨゴレ、ページ小口角折れ、カバー折れ)読むには支障無いと思います。【迅速に発送いたします。どうぞ、ご安心してお買い求め下さいませ♪】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

首断ち六地蔵 (光文社文庫) 文庫 – 2005/8

5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫, 2005/8
¥ 314

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

豪凡寺の六地蔵の首が何者かに持ち去られた。悪質なカルト集団を取り締まる特殊法人・寺社捜査局に勤める魚間岳士は、住職の風峰と調査に乗り出す。が、地蔵の首が見つかるたびに、そばには奇妙な死体が。邪悪な見立て殺人の謎を次々に解決していく魚間たちは、背後に新興宗教教祖の存在を突き止めるが!?超絶技巧の推理合戦!本格魂が炸裂する傑作ミステリ。

内容(「MARC」データベースより)

悪質なカルト集団を取り締まる特殊法人・寺社捜査局に勤める魚間岳士は、豪凡寺にある六地蔵の首が持ち去られた事件を追っていた。ところが、首が発見されるたびに奇怪な殺人事件が…。『GAILLO』連載を上梓。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 373ページ
  • 出版社: 光文社 (2005/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334739237
  • ISBN-13: 978-4334739232
  • 発売日: 2005/08
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 579,772位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 霞流一はその独特なユーモアとパロディ精神溢れる独特の作風で特異な地位を築いた作家であろう。本作で作者は徹底的にパズラーにこだわりを見せており、必要な条件を際だたせ、極めてシンプルに必要最小限に情報を提示している。そのため、推理クイズとしてはともかくエンターテイメントとしては、いささか物足りないものとなってはいるといえるかもしれない。しかしこの作品は、繰り返されるバカミス的な推理を純粋に楽しむべき作品であろう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
お薦めです。確かにかなりバカバカしく,荒唐無稽で,色々無理があるかもしれませんが,それを考慮にいれてもこの本格魂,嬉しい限りです。複数の可能性を提示しつつそれを否定し,新たな謎解きを披露する。それを全ての話でやってのけ,さらに最近の短編集ではよく見かける手法ですが,最後にもう一度大掛かりな力技をやってのける。いろんな意味で喜ばせてくれる短編小説集です。ぜひ一度手にとって見てください。ほんとサービス精神にあふれています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 minami19 VINE メンバー 投稿日 2003/4/2
形式: 新書
ひとつの短編にひとつの殺人事件が…
という形式をとった連続短編集。
ギミックの効いた(バカミス度満載な)事件を
次々解決していって…
最後には大きな仕掛けとどんでん返しが!!
ちょっと単調で、バカバカしくはあるのですが、
短編として、「力ずく」で押し切られると…
グウの音も出ません。お手上げです。
相変わらずのバカミス顕在に、かなり嬉しくなります。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
奥深い山陰の地蔵をモチーフにした日本古来の因習を軸に展開する横溝正史系のホラーミステリー・・・・などでは全くなく、そのタイトルとは裏腹に完全なネタ系ギャグ本格作品である。
一応長編だが、各章ごとで事件が完結していくので連作短編集と言ってもいいだろう。
いわゆる多重解決ものと言われるミステリーで一つの事件の真相を与えられた手掛かりで何回も結論を出してはまた違う方向からひっくり返される推理しっぱなしの作品。なので1ページほどで登場人物を簡単に紹介して即殺人事件が発生する。後は全て推理合戦。リアリティは皆無なのであまりこういうネタ系推理ものに馴染みのない人には途中で投げ出しくなくなるかもしれない・・・。
連作なので当然ラストで全ての事件が繋がるのだが、ここは見事などんでん返しが用意されている。
好き嫌いのはっきり分かれる作品だと思うが、作者の推理の論理にかける無駄なまでの情熱に圧倒される作品である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
◆「第一首 地獄院長は燃えた」

  廃病院にロケハンに来ていた映画スタッフの一人が、
  密室状態の部屋で扼殺され、窓から落とされた……。

  

  死体のある「部分」が、トリックだけでなく、見立てを
  構成する上でも、極めて重要なパーツとなっています。

  

◆「第二首 餓鬼の使いは帰らない」

  〈餓鬼道〉の地蔵の首が、「だんまり軒」という、うどん屋の前で発見
  される。その店の厨房の大鍋では、着物姿の老婆が茹でられていた……。

  “存在しない赤子の孫の謎”について、さまざまな仮説が示されますが、
  真相は、なかなかの衝撃度。犯人の特定なんか、どうでもよくなります。

◆「第三首 畜生は桜樹に散る」

  花見の場所取りをしていた鰻屋のオーナーが刺殺された。
  死体の胃の中には、なぜか、まるまる一匹のウナギ一が。

  現場となった桜の周囲には、被害者の足跡しか残されておらず……。

  《雪密室》ならぬ《桜密室》というわけですが、
  結末で明かされるのは、《意外な凶器》ですw
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック