この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

飼育 [DVD]

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 三國連太郎, 沢村貞子, 中村雅子, 小山明子
  • 監督: 大島渚
  • 形式: Black & White, Dolby, Letterboxed
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2000/09/20
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HLPL
  • EAN: 4988013141100
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 197,916位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

ノーベル賞作家大江健三郎の小説を大島渚監督が映画化した作品。太平洋戦争末期の寒村を舞台に民衆の狂気を描いている。

レビュー

大島渚が松竹を退社後、大江健三郎の同名小説を映画化した意欲作。閉鎖的な村に捕虜として囚われた黒人兵の姿を通して、共同体の支配者のエゴや戦争責任を描く。
-- 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

監督: 大島渚
原作: 大江健三郎
脚本: 田村孟
撮影: 舎川芳次
音楽: 真鍋理一郎
出演: 三國連太郎/沢村貞子/中村雅子/大島瑛子/浜村純/相川史朗/山茶花究/加藤嘉/石堂淑朗/小山明子/戸浦六宏/小松方正/ヒュー・バード
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 18fps 投稿日 2005/1/12
太平洋戦争末期の困窮した山村を舞台にして、日本人社会の戦争責任をテーマに描いた大島渚の力作。テーマ自体が大きなもので、しかもそれを力押しに押した映画でありながら、決して図式的、観念的な絵解きだけの映画にはなっていないのが立派です。これは、脚本(あるいは原作?)の段階から、登場人物の性格づけが巧みであったこともあるでしょうが、俳優陣の好演によるところが大きいでしょう。
 村の顔役(本家)を演じた三國連太郎、その妻の沢村貞子、分家の加藤嘉、山茶花究(絶品)、そして子役達。かれらは、日本人のある種のタイプ(都会生まれで20代までの人には分からないかもしれませんが)を実にリアルに体現しています。そして、かれらの演技が血の通ったものであるため、この映画は、戦争責任という範囲を越えて、さらに人間や共同体の根本的な「悪」まで突いているように思われました。すなわち、「それぞれが被害者と加害者の側面を持ちながら自分を被害者としてしか見ず、罪に対する責任を認めようとしない。罪を逃れきれない状況となれば、責任は立場の低い者、死んだ者、そしてよそ者(外国人)に押し付けられる」、そうした構造的な無責任です。
 しかし、こうした人間や共同体がリアルに描かれているということは、彼らの貪欲や卑劣、卑屈がそれだけ生々しく観る者に迫ってくるということです(半端でない!)。結果として、映画は異様な重
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
東京から疎開してきた子供が腹を空かせて
他人の家のお釜から、まだ炊き上がっていない
ドロドロの米を手ですくって盗み食いするような
状況のなかで、庄屋(?)を演じる三國連太郎は
終始豆をくちゃくちゃ食っている。

東京大空襲の炎で空が真赤になっているのを
疎開先である北関東の山村から子供たちが眺めている。
地元の子供が東京の子供に一言。
「おまえの母ちゃんも、きっと焼け死んでるぜ!」

教科書的には戦時中から終戦にかけて悲劇は全国民一様に
訪れたかのような印象を抱いてしまうが、
そんなに単純なものではないことを、見せつけられる一品。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大江の原作が好きで何回も読んだことがあるので、大島渚監督の映画をかねてから見たいと思いました。DVD公開を首を長くして待っていました。残念ながら映画の出来はよいとしても、DVD質が最低です。画質の問題は、ほかのレビューで指摘されましたとおりですが、これは恐らく仕方がないでしょう。しかし音質は画質よりも更にひどいですが、音質ならいくらでも工夫する余地があるはずです。台詞が非常に聞き取りにくいというのは否めない事実ですから、「字幕」という便利なものをつけるのがメーカーの責任のではないでしょうか。日本語の字幕をオプションとしてDVDにつけるのが、もうすでに当然になっているのではいでしょうか。しかし当DVDには、字幕オプションが一切ありません。ポニーキャニオンは字幕をつけるのが面倒だったかもしれません。僅かに収めてある特典(名場面の写真数枚だけ)からも、ポニーキャニオンの「最小限」態度が窺えます。ポニーキャニオンよ!恥ずかしくないのか。よくもこの低質な代物を平気で(しかも高価で)発売すると思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック