この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

食糧危機?―よみがえる「え次元言霊」と自然農 単行本 – 2009/3

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,543 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

今生の旅には限りがある。恐怖心に反応して生きても、智慧と創造に生きても、どちらにしても死ぬ。先に死にゆくものとして、残しておかなければならないこの国の形がある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大下/伸悦
1949年(昭和24年)岩手県久慈市生まれ。「21世紀幸塾」専務理事。グリーンオーナープロジェクトを推進。小滝流水(こたきりゅうすい)の名で詩・俳句・俳画も発表している。新日本文芸協会顧問。24歳で港区六本木にブティックとデザイン事務所を開業。現在は(株)コスミックフォーラム代表取締役として、人事測定制度・PSA特性診断ツール等を開発。幸塾友の会メーリングリスト等でも「言霊の暗号」や「真実の健康情報」等、多くの情報を発信している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 124ページ
  • 出版社: 新日本文芸協会 (2009/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4434129015
  • ISBN-13: 978-4434129018
  • 発売日: 2009/03
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 701,822位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
作者と同時代を生きてきたものとして、
未来の命のために伝えておきたいメッセージが、
この本の中に明確に、分かりやすく書かれています。
右肩上がりの経済成長を、当然のこととして生きてきた者がたどり着いた答、
それが“農”を要としたこの国の形でした。
古代より受け継がれてきたわが国の農のあり方の素晴らしさを、
著者は「日文四十七言霊」の中に見出し、わかりやすく解明されています。
一粒の米(種)の中に全ての命が包括され、
営々と今の命に続いていることを知るに付け、
食べることを疎かにしてきたことの結果が、今の世界の状態なのだと分かります。
農に関わることのない都会の人たちに是非読んでいただきたいです。
きっと今日から、「いただきます」と言う一言の重みを知り、
命への感謝の気持ちが起こる事でしょう。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
船井幸雄さんの推薦で読んでみました。

高い確率で起こるであろう食料危機と普段口にしている食べ物の危険性、
そして新たな農業スタイルを見出している方たちが紹介されています。

それにしても損得勘定で作られた食物の汚染の実態はひどいものですね。
発芽しないように放射能を浴びせて出荷される
ジャガイモで作られた離乳食の話には驚かされました。

この本は、そんな状況を打開すべく、
自ら行動を起こし自然の摂理に従って生きている人たちの紹介や、
私たち自信がが出来ることをやさしく書いている入門書です。

具体的には、
・べランダ菜園のやり方
・よい種の買い方
・自然農や自給自足生活を送っている方たちの紹介と援助方法
・半農生活の方法
といったようなことが書かれています。

農のある生活にあこがれつつも、行動に移せていない方!
オススメです(まさに自分・・)。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
言霊について書いてあるところはよく分からないのでスルー。

色んないきさつで食糧危機は起こらないとは断言出来ないと思う。

今すぐに、かどうかは分からないのであるが、いつくるか、というのは予測が出来ないのである。

食料の備蓄を呼びかける人がいるが、備蓄でしのげるかどうか、しのげるなら一過性の災害のようなものであろう。

モンサント社の悪だくみとしか思えないような動きが目立ってきており、後押しをする国もある。

近頃の気候異変、地殻変動の予測しがたい異変と、社会の仕組みがえげつないものになっていて、それらが重なると一体どうなるかである。

この本では自給自足、それが出来なければ生産者とタイアップして安全安心なお米など産物を比較的安く恒常的に送ってもらうような取り組みがあるようだ。このシステムを取り入れようかと思っている。過疎地の活性化にもつながるし。

息子はおふくろの介護が必要なくなったら、すぐにでも農業をやりたいらしい。この本は持っているかも知れないが、若い人が色んなかたちで農業に取り組む例が沢山書いてあるので、持っていなければ読ませたい。非常に参考になる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 百姓人 VINE メンバー 投稿日 2009/9/13
形式: 単行本
この本は「百害あって一利なし」である。
言霊や農業に関する理解度が低いことが、情報の精度を低めている。
言霊や農業について、真面目の学びたい方は、悪いことはいわない。読まないほうがよい。
言霊や農業について学ぶつもりが、誤解、混乱、困惑するだけである。
そのことを審神者できないようでは、農業経営で成功するなど難しいと思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す