¥ 1,944
  • ポイント: 59pt (3%)
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
食糧クライシス ―世界争奪戦と日本の農業― がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

食糧クライシス ―世界争奪戦と日本の農業― 単行本 – 2015/7/6


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2015/7/6
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1212」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 食糧クライシス ―世界争奪戦と日本の農業―
  • +
  • 食糧危機にどう備えるか―求められる日本農業の大転換
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 78pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

世界食糧問題と日本の農業 新局面を迎えた中国、ミーナの食料問題 異常気象、水資源不足など拡大するリスク 輸入牛肉高騰の真因は TPP参加と日本の農業 アベノミクス農政を問う イカサン農業を「攻めの農業」モデルに 日本畜産・酪農の危機など

出版社からのコメント

 世界の人口は70億人を突破。2020年に77億人、2050年には90億人に達する。しかし地球は最大でも83億人しか賄えないという試算がある。まさに食糧クライシスが危惧される。  異常気象、水資源不足、各地で頻発する紛争など人為的な問題が、安定した食糧供給のリスクをさらに増大させている。  日本の食糧生産1000万トンに対して輸入は3000万トン。このバランスの上で「過剰と不足」が併存しているのが日本の農業の問題点だと、食糧・資源問題研究の第一人者である著者は警鐘をならす。  本書は、このような世界の、日本の食糧事情を精緻なデータに基づいて分析しながら、日本の農業の行方を憂うる。そして、TPP問題やアベノミクスで打ち出される農業政策に対して、「農学の思想」を対峙させながら、食糧問題、農業問題の解決の方途を模索する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 248ページ
  • 出版社: エフビー (2015/7/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 490345813X
  • ISBN-13: 978-4903458137
  • 発売日: 2015/7/6
  • 梱包サイズ: 19.7 x 13.8 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 499,150位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう