通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
食戟のソーマ 23 (ジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 2017年1刷。小傷は見られますが本文は綺麗です。全体的に良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

食戟のソーマ 23 (ジャンプコミックス) コミック – 2017/3/3

5つ星のうち 2.9 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 155
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 食戟のソーマ 23 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 食戟のソーマ 22 (ジャンプコミックス)
総額: ¥864
ポイントの合計: 26pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

十傑との直接対決という無謀な試験に挑む創真たち反逆者。それぞれの戦いを終え、無事に三次試験を突破した者はいるのか──!? さらには、薊の因縁の始まりである、創真の父・城一郎の過去が明らかに…!?



登録情報

  • コミック: 200ページ
  • 出版社: 集英社 (2017/3/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088810201
  • ISBN-13: 978-4088810201
  • 発売日: 2017/3/3
  • 商品パッケージの寸法: 17.7 x 11.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
※このレビューはネタバレレビューです。

何と言うか、この薊政権編はきちんとストーリーが練られた上で作られた話だったのかと、首を傾げてしまうようなストーリー展開です。

この巻で突如ソーマの父親が現れて、ソーマと一緒に薊に対して食戟を挑みますが、だったら、最初から、(薊が新総帥に就任した時点で)父親が薊に食戟を挑んで、さっさと勝ってしまった方が良かったんじゃないかと思います。

これまで長い間色々なことをやってきましたが、最終的にこの流れになるんだったら、現十傑との食戟に話を絡める必要もなく、また進級試験編に話を絡める必要もなく、もっと言えば、葉山へのリベンジマッチに話を絡める必要も全く無かったんじゃないか、というのが、この巻を読んでの正直な思いです。

つまり、薊政権編と、十傑編、進級試験編、それら同時進行の事柄が全然噛み合っていない、というのが今の「食戟のソーマ」の最大の問題点ではないかと私は思っています。

この巻の後半では何だか修行をして食戟に挑むみたいな話の流れになっていますが、その食戟もストーリーの展開的にどうせ勝つのは分かってるんだから、あと1・2巻くらいでさっさと終わってくれないかなー、というのが、正直なところです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
葉山戦の決着から連隊食戟の特訓開始までを収録。

相変わらず迫力のある作画、謎だった城一郎の過去編も明らかになる重要な巻です。
正直ストーリーの本筋自体は悪くないと思います。
「荒野」や「大きすぎる才能」の件は前からありましたし、
荒野を彷徨う城一郎は苦悩や絶望感が伝わってくる気合いの入った素晴らしいシーンです。

しかし低評価をせざるを得ない程にストーリーの細部が違和感だらけでした。
細かい点を挙げればキリがないのですが、キャラクターの心情がどうにも伝わりません。

・正解一つしか知らないやつはもっと凄いものには辿り着けない→ゲテモノ料理はガス抜きだ
・親父でさえ辿り着けなかった第一席を目指す→堂島は城一郎に121戦101敗

と、物語の根幹部分をなぜがぶち壊します。
連載が進むにつれて展開していきたい方向と初期設定とで違いがでるのは週刊漫画ではよくあることなので
この辺りは無かった事にして何とかスルー。

「正々堂々と料理勝負して負けたんだから相手の事をあまり悪く言う気にならなくねーか?…よし、俺たちで十傑の過半数を奪おう」
「幸平君の案は非現実的ね。私が頼めば退学を取り消してくれるかも」
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
酷いの一言ですね。今回で残ったのはタクミと田所とソーマとえりなの四人になり、これでアリスや黒木場くんも噛ませ犬以下レベルになりました。肉美なんて火の極意とか教わったのに披露せずあっさり敗北です。店で修行したのになすすべなく負ける・・・こんなんでソーマの世代なんて言ってたえりなのおじいさんの台詞も薄っぺらくなりました。
十傑という面子を出し惜しみし過ぎたあまり、すごさを表すために既存キャラを一刀両断・・・つまらないなんて話じゃありませんね。ソーマはさっさと十傑の下のほうと戦わせて十傑入りするも上位に完全敗北、上の十傑のすごさを表せればよかったですね。そもそも十傑は金や権力あるから十傑をかけて食戟なんてしないという設定がダメでしたね、退学をかけた場合のみ戦えるなどがあればいつか戦うだろうと予想ができましたが、それもないせいで20巻も続いて一回も十傑かけて試合がない状態で次巻から十傑をかけてバーゲンセールが始まるんでしょうね。
正直、もう絵しか期待してません。日紗子の水着があったため☆2あげます。ストーリー☆1いかないレベルです。原作者は作画に感謝したほうがいいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
葉山にリベンジ達成して登場するキャラたちもようやく決着付けたなみたいな感じでいるのですが
万全ではない葉山に勝ったわけではないし2対1と完勝したわけでもないので歯切れが悪いというか無理やりやっとリベンジできましたねというのをこちらに押し付けられているようで違和感というかスッキリしない感じがしました。しかしながらようやく薊たちの過去が明かされたり
おはだけもあったし別紙でついていた袋とじも収録されていてよかったです。せっかくそのためだけにGIGAを買ったのですが
ここまできたら「華麗なる晩餐会」もいつか収録して欲しいところ。最後にキャラのプロフィールが載っているのですが10人分ということで
未来の十傑か?なんて妄想もできて楽しめました。ただ葉山関連がもうちょっとスッキリした内容でしたらもっと評価が上がっていましたが
切り替えて今後の展開に期待します。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー