Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,210

¥ 302の割引 (20%)

ポイント : 100pt (8%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[安部 司]の食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
Kindle App Ad

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 Kindle版

5つ星のうち 4.4 353件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,210
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 102

商品の説明

メディア掲載レビューほか

食品の裏側 みんな大好きな食品添加物
評者

日経ビジネス編集部

大西 康之

痛烈な内部告発書である。食品添加物の専門商社の敏腕セールスマンだった著者が、食品メーカーの“手口”を次々に暴露していく。

例えばミートボール。安くて、おいしいミートボールは子供の人気メニュー。温めるだけで食べられるのでお母さんも大助かりだ。

だが、製造現場を見てきた著者はこう描写する。「形はドロドロ。水っぽいし、味もなく、そのままではとても食べられるシロモノではありません」という牛のクズ肉を、安い廃鶏のミンチ肉と組織状大豆たんぱくで増量し、20~30種類の食品添加物を加える。ミートボールの正体は「もはや添加物のかたまりと言ってもいい」得体の知れない食べ物だった。

このミートボールの製造原価は1パック20~30円。添加物セールスマン時代の著者は、廃棄の運命にあるクズ肉に商品価値を与え、食品メーカーも大儲けでき、消費者も「安くておいしい」と喜んでくれる、と誇りを持って添加物を売ってきた。

しかしある日、著者の娘の誕生日に、件のミートボールがテーブルに並んだ。うれしそうにほおばる娘を見た時、著者は反射的に皿を取り上げ、中身を捨てた。「生涯の仕事」と思っていた添加物セールスが「死の商人と同じ穴のむじな」に思え会社を辞めた。

著者の告発は続く。例えば常温で何日も保存できるコーヒーフレッシュの正体は、植物油と水と添加物。コンビニエンスストアのおにぎりにも、10種類近い添加物が入っている。ご飯に味噌汁、漬物、明太子とかまぼこという伝統的な朝ご飯を手作りしても、味噌や市販の漬物、明太子には大量の添加物が使われており、結局、40種類近い添加物を口にすることになる。

読み進むうちに、添加物抜きの食生活を送るのは不可能に近いことに気づく。どうやら我々の食生活は添加物にすっかり包囲されたらしい。

もちろん、個々の食品は規制の範囲内で添加物を使っているから、すぐに体に悪影響が出るわけではない。だが単独で毒性がなくても他の添加物と複合摂取した時、何が起きるかは「誰にも分からない」と著者は指摘する。

著者が何より懸念するのは、添加物依存による「食文化の破壊」である。「お母さんのおにぎりより、コンビニのおにぎりの方がおいしい」という子供が増えている。小さい頃から食品添加物を食べ続けると、舌がその味を「おいしい」と感じてしまうのだ。

加工食品の安さや便利さは魅力だが、安さや便利さには理由がある。本書を通じてその理由を知れば、少しでも安全な食品を選ぶ気になるはずだ。


(日経ビジネス 2006/01/09 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

今だから読みたい「食の安全」のバイブル――。廃棄寸前のクズ肉も30種類の添加物でミートボールに甦る。コーヒーフレッシュは水と油と添加物。元添加物トップセールスマンが明かす加工現場の舞台裏。知れば怖くて食べられない。
【主な内容】
序 章 「食品添加物の神様」と言われるまで/第1章 食品添加物が大量に使われている加工食品/第2章 食卓の調味料が「ニセモノ」にすりかわっている!?/第3章 私たちに見えない、知りようのない食品添加物がこんなにある/第4章 今日あなたが口にした食品添加物/第5章 食品添加物で子どもたちの舌が壊れていく!/第6章 未来をどう生きる

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1657 KB
  • 紙の本の長さ: 140 ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2005/11/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00D6AI6FC
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 353件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 27,965位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
「なにをたべたらいいの?」と同時購入。
評価は上記書籍の評価を見てください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
とてもわかりやすかったです。買い物や食事作りの参考になりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
添加物の入っていない食事に拘っています。おかげさまで今では、以前あった花粉によるアレルギー症状も改善し、今年はやったインフルエンザにもかからず、体調はすこぶる良好です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 示申 投稿日 2017/2/16
形式: 単行本 Amazonで購入
現在の金儲け主義で誤った食品政策から身を守るための大事な知識!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
食が好きな人はこの本を読まない方が良いかもしれません。

ここ10年で食の安全という言葉をよく聞くようになりました。
中国産は危険だ!ダンボールの入った餃子!マックのナゲットで賞味期限切れの肉を使用!賞味期限切れのカツの転売!?などなど。
社会問題として扱われたニュースは食の安全という問題の一面にすぎません。

普段安くてお得だと思って買っているものが、こういう社会問題レベルものと大差のないものだと知ってしまった途端に、食生活が窮屈になりました。
ダンボールの方が安全なのではないかと、錯覚するほどにびっくりしました。

この本を見てから加工食品の表示を見ると驚くと思います。
安い食品ほど原材料が多く、高い食品ほど原材料が少ないと言う矛盾に気が付けると思います。

例えば豆腐。
本物なら原料は「にがりと大豆」だけのはずです。
例えばハムやベーコン。
本物なら原料は「塩と豚肉」だけのはずです。

私たちが普段安くてお得だと思っている加工食品だと、原材料は5~10種類はあるでしょう。
増えた品目の数は、安さを求めた結果にケチった食材の穴を埋めるためのものです。
そして長持ちするようにようにたっぷりの保
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
とても面白かったのですが、この本を読むと、いかに常日頃、添加物のお世話になっているか分かります。加工品はなるべくなら使いたくないと思う方がほとんどだと思いますがこの本を参考に、実行しようと思うとかなり難しいと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
多くの子育て中の方たちに読んで欲しいと思いました。私は農家でないので自力生産はできないが、せいぜいプランターで野菜を育てるくらい。でも野菜は地場産の朝市を利用しています。農家方々頑張れ!!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
とても、ビックリする内容でした。
しかし、知っておく必要がある内容ばかりで、今気づけた私は、強運‼
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
知っている人は知っているが、知らない人は全く知らない。
私は添加物がここまで利用されているとは知らなかった。
添加物をテレビで取り上げないのはスポンサーがいるからだね。
言うまでもなく、高齢化社会になり、社会福祉費や医療費が増え続けている。
医者は症状に対しての治療はするが、どうすれば健康になれるかをはっきりと言わないのは儲からないからだ。
病気になってくれないと医者は儲からないし薬が売れない。
便利で安い加工食品はいくらでも簡単にスーパーで購入できるが、悪魔の粉が入っているという事実。
中国の食品は避けているが、先進国の日本のメイドインジャパンだから安全なんだという思い込み。
テレビや政府は本当に大事な事は何も言わない。
凄く矛盾している気がしませんか。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ブースカ トップ500レビュアー 投稿日 2013/10/13
形式: 単行本 Amazonで購入
我々の食生活に、食品添加物がいかに欠かせないものになっているか、そして、それがどんな結果をもたらすのかを考えさせてくれます。そして、食品添加物がもたらす光と影を理解し、悪い点も知った上で自分で判断することが必要であると著者は説いています。
読了した後、台所にあるインスタント食品、調味料などの原料を見て、愕然とさせられました。当たり前のように買っている醤油や味噌、みりん、料理酒などさえ、食品添加物のかたまりでした。
安物の醤油の二三倍の値段のする丸大豆醤油、何故高いのか、また、何故それだけの価値があるのかがよく分かりました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す