中古品
¥ 1
+ ¥ 300 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

食マフィアの棲む国 毒菜 単行本 – 2005/11/19

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ポイントアップキャンペーンに事前登録しよう
2018/2/28 18時からのAmazonタイムセール祭りで、合計5,000円(税込)以上のお買物でポイントアップチャンス。 獲得条件をチェックして事前登録する。

商品の説明

内容紹介

中国産ほうれん草の残留農薬が問題となったことは記憶に新しいが、じつは国内で販売されている野菜の大多数が農薬漬けとなっていることは消費者にはあまり知られていない。本書では生産性という大命題によって蝕まれた現代農業の実態を野菜の種類ごとに明らかにする。
青酸ガス噴射ネギの恐怖、禁止農薬が使われているキャベツ、大型スーパーでの猛毒白菜安売、農薬使用による肝機能障害、人間も死ぬ劇物散布されたほうれん草、放射線照射で処理されたジャガイモなど……。『週刊アサヒ芸能』で注目の連載に書き下ろしコラムを加え、単行本化。

内容(「BOOK」データベースより)

日本の農薬消費量は、こんな狭い国土で、世界一の農業大国アメリカを圧倒する!戦後60年の土壌汚染。農産物に恐ろしいまでに化学薬剤が使われる、この国の農薬汚染の実態を生産から消費の現場を訪ね徹底的に暴き出した渾身のレポート。野菜だけではなく、国内外で遭遇した著者自身のきわどい体験も綴られる。国内に暗躍する外国人犯罪組織の裏面を暴いた『新宿歌舞伎町マフィアの棲む街』以来、著者10年ぶりの力作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 417ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2005/11/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198620911
  • ISBN-13: 978-4198620912
  • 発売日: 2005/11/19
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,268,279位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2007年5月3日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告