¥ 1,728
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
食べるアメリカ人 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

食べるアメリカ人 単行本 – 2003/1

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 22

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 食べるアメリカ人
  • +
  • 文庫 ファストフードが世界を食いつくす (草思社文庫)
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 55pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカ人は、なぜあんなにマズい食事で平気なのか。

内容(「MARC」データベースより)

もしも「アメリカ合衆国」が「ひとりの人間」だったら…というつもりで、「食」をテーマに観察する。日本人にしてみればちょっと不思議な感じがしないでもないアメリカ人の食べっぷり、まずは楽しんでみてください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 233ページ
  • 出版社: 大修館書店 (2003/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4469244791
  • ISBN-13: 978-4469244793
  • 発売日: 2003/01
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 208,040位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
アメリカという国をひとりの人物に見立て、この人が一体何を食べているのかを観察、考察したものだ。食という断面からアメリカの実像に迫ろうという試み、といってもいいだろう。美食家たちからは相手にもされないアメリカの食文化だが、この国について考えるひとつの重要な切り口であると私も思う。
たとえば「アメリカで進化する日本食」の章によれば、アメリカのスシはにぎりではなく巻物が中心であるという。その中身もアボカド、クリームチーズ、ソフトシェルクラブ、あぶったサーモンの皮と、実に多彩だ。もちろん「スシとはこういうものだ」という固定観念がなかったこともあるだろうが、著者は「何か人とは違うものが食べたい」というアメリカ人の嗜好がそうした巻物を生んだと指摘する。にぎりよりも巻物のほうが断然にオリジナリティを出しやすいからだ。
ほかにもベジタリアン、料理本、スーパーマーケット、ファーストフードなど、興味深い考察が並ぶ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
アメリカ映画を見ていて良く思うのが、
「あんなもの食べておなかはいっぱいになるのかしら」
「何が入ってるかわからない加工食品を食べている」
「まずそう」
以上の3つです。
サプリメントを食事代わりにしたり、ぶよぶよにのびた麺を高級レストランで出していたりしていることがアメリカ映画やテレビドラマの食事のシーンで確認ができます。
自炊をしているシーンが極端に少ないことも気になっていました。
買って食べたり(日本で言う中食)、TVディナーという冷凍食品を解凍して食べたり、台所に立たない理由がアメリカにおいて産業が発達していくにつれてコマーシャリズムによって作られていった事が本書で確かめられます。
もちろん、そのコマーシャリズムに対して自炊を推進している人たちもアメリカにはいます。その人たちの買い物の実態も書かれていてとても興味深いです。
日本における食生活が戦後コマーシャリズムによって大幅に変化していないかどうか本書を通して見ることができます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/3/8
形式: 単行本
 著者は日本で編集経験を積んだあとアメリカに渡り、同地のベジタリアン、日本食、ダイエットなどについて取材してきた人物。『寿司、プリーズ−アメリカ人寿司を喰う』(集英社新書)など、刺激的な著作を執筆している。

 本書では、アメリカの食の全体が俎上に挙げられている。ハンバーガーやピザなどのファストフード、高級レストランのまずい料理、スーパー、ベジタリアン、エスニック料理など。どの部分を読んでも、アメリカの食の奇妙さが伝わってくる。そして、それらがアメリカ文化とのからみで説明されるところが素晴らしい。説得力があり、知の喜びが感じられる。

 しかしながら、同時にじゃあ仕方ないかという気分にもさせられる。アメリカの食べ物を美味しくするのは、どうやら不可能らしい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
アメリカと言えば、ファストフードがまず思い浮かぶのですが、この本にはハンバーガーやホットドッグなどは取り上げられてません。もちろんファストフードだけではないことは理解できますが、やはり日本人の知らないハンバーガーや現地しか味わえないファストフードもあるはず。

その点がちょっとガッカリです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック