新品:
¥1,650
ポイント: 17pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 6月16日 水曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日6月 15日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り14点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
食べるとはどういうことか: 世界の見方が変わる三つ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

食べるとはどういうことか: 世界の見方が変わる三つの質問 (かんがえるタネ) 単行本 – 2019/3/1

5つ星のうち4.4 13個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,650
¥1,650 ¥2,487

購入を強化する


よく一緒に購入されている商品

  • 食べるとはどういうことか: 世界の見方が変わる三つの質問 (かんがえるタネ)
  • +
  • 縁食論――孤食と共食のあいだ
  • +
  • 給食の歴史 (岩波新書)
総額: ¥4,488
ポイントの合計: 46pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

藤原辰史さんは、人間をチューブに見立てたり、台所や畑を含めて食をとらえるなど、「食べる」ということをめぐって斬新な視点を提供している。本書では、「食べる」ということをめぐる3つの問いを軸に、中高生とともにその本質に迫っていく。そのなかで、現代というのは、じつは、食べる場と作物や動物を育てる場(動物を殺す場含む)が切り離された社会であることが浮かび上がってくる。それでは未来の食はどうなっていくのか。藤原さんと中高校生の白熱した議論を臨場感たっぷりに再現する。

内容(「BOOK」データベースより)

「食べる」ということを深く考えれば考えるほど、「人間とは何か」が見えてくる。京大のフジハラ先生と12歳~18歳の中高生による、白熱の「食と農の哲学」ゼミナール。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 農山漁村文化協会 (2019/3/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/3/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 176ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4540171097
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4540171093
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 13個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
13 件のグローバル評価
星5つ
66%
星4つ
24%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
10%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年11月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告