日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

食べて 走って 勝って~レースに勝つための食事

シーズン1
 (41)
7.12018X-RayHDRUHD13+
「食べて 走って 勝って ~レースに勝つための食事~」では、世界が注目する年に1度の大会ツール・ド・フランスに隠された、ある挑戦を追う。それは、競技界で最高の料理人として知られるハンナ・グラントが、オーストラリアのプロチームであるオリカ・スコットに“勝つための食事”を提供するという、もう1つのレース。21日間のレースで限界まで力を出し切るために欠かせないものをハンナが教えてくれる。
出演
Hannah GrantMatthew White
ジャンル
ホビー・実用ドキュメンタリースポーツ
字幕
日本語العربيةDanskDeutschEnglish [CC]Español (Latinoamérica)Español (España)SuomiFrançaisहिन्दीIndonesiaItaliano한국어Norsk BokmålNederlandsPolskiPortuguêsРусскийSvenskaதமிழ்తెలుగుTürkçe中文(简体)中文(繁體)
オーディオ言語
EnglishEnglish [Audio Description]
このデバイスまたはオペレーティングシステムのバージョンでは、ビデオの再生はサポートされていません。バージョンを更新するか、Kindle Fireやモバイルデバイス、ゲーム機など互換性のあるデバイスで視聴してください。

プライムで¥0で視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『バチェラー・ジャパン』シーズン4独占配信中

あの『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1に参加した黄皓(こうこう)が、4代目バチェラーとして戻ってきた。シーズン4の波乱だらけ、予測不可能な旅を通して、バチェラー黄晧は真実の愛を見つけることができるのか?
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

  1. 1. やるからには勝つ
    対応デバイスで観る
    2018/07/27
    31分
    13+
    字幕
    日本語, العربية, Dansk, Deutsch, English [CC], Español (Latinoamérica), Español (España), Suomi, Français, हिन्दी, Indonesia, Italiano, 한국어, Norsk Bokmål, Nederlands, Polski, Português, Русский, Svenska, தமிழ், తెలుగు, Türkçe, 中文(简体), 中文(繁體)
    オーディオ言語
    English, English [Audio Description]
    ツール・ド・フランス2017において、オーストラリアチームのオリカ・スコットに食事を作る競技界の料理人ハンナは、待ち受ける戦いに備えてシェフたちの態勢を整える。オリカ・スコットの監督マシュー・ホワイトとライダーたちは、雨のレースで危険な試練にさらされる。
  2. 2. 限界の先の結果
    2018/07/27
    27分
    13+
    字幕
    日本語, العربية, Dansk, Deutsch, English [CC], Español (Latinoamérica), Español (España), Suomi, Français, हिन्दी, Indonesia, Italiano, 한국어, Norsk Bokmål, Nederlands, Polski, Português, Русский, Svenska, தமிழ், తెలుగు, Türkçe, 中文(简体), 中文(繁體)
    オーディオ言語
    English, English [Audio Description]
    オリカ・スコットは、表彰台への道を脅かす大打撃に見舞われ、さらに仲間の死に直面する。ハンナは、ライダーたちの士気を高め、勝利への“燃料”となる食事の用意にとりかかる。チームの誰もが、状況に対応し戦い続ける者に勝利がもたらされると知る。
  3. 3. 人は食べた物でつくられる
    2018/07/27
    30分
    13+
    字幕
    日本語, العربية, Dansk, Deutsch, English [CC], Español (Latinoamérica), Español (España), Suomi, Français, हिन्दी, Indonesia, Italiano, 한국어, Norsk Bokmål, Nederlands, Polski, Português, Русский, Svenska, தமிழ், తెలుగు, Türkçe, 中文(简体), 中文(繁體)
    オーディオ言語
    English, English [Audio Description]
    オリカ・スコットは、つかんだリードを守るため、疲労を押して戦う。ハンナとスーシェフたちは、昔ながらのトロワの市場と酪農場で食材を調達し、疲れたライダーたちのために豪華なごちそうを用意する。
  4. 4. 戦いが終わるまで安息はない
    2018/07/27
    29分
    13+
    字幕
    日本語, العربية, Dansk, Deutsch, English [CC], Español (Latinoamérica), Español (España), Suomi, Français, हिन्दी, Indonesia, Italiano, 한국어, Norsk Bokmål, Nederlands, Polski, Português, Русский, Svenska, தமிழ், తెలుగు, Türkçe, 中文(简体), 中文(繁體)
    オーディオ言語
    English, English [Audio Description]
    大会は折り返しに差しかかるが、風の影響と落車でオリカ・スコットのライダーたちはダメージを受け、波乱のスタートとなる。一方、ハンナはフランス革命記念日のお祝いの夕食に、ピレネーで育った牛肉のステーキを振る舞う。
  5. 5. 早く終わらせて家に帰りたい
    2018/07/27
    27分
    13+
    字幕
    日本語, العربية, Dansk, Deutsch, English [CC], Español (Latinoamérica), Español (España), Suomi, Français, हिन्दी, Indonesia, Italiano, 한국어, Norsk Bokmål, Nederlands, Polski, Português, Русский, Svenska, தமிழ், తెలుగు, Türkçe, 中文(简体), 中文(繁體)
    オーディオ言語
    English, English [Audio Description]
    ハンナたちは、バイオダイナミック農家の栄養豊富な野菜を調達する。オリカ・スコットのロードキャプテン、マシュー・ヘイマンが疲労を感じ始めた頃、チームはアシストにつまずき、ライバルたちに迫られる。
  6. 6. 今日の夕食は?
    2018/07/27
    25分
    13+
    字幕
    日本語, العربية, Dansk, Deutsch, English [CC], Español (Latinoamérica), Español (España), Suomi, Français, हिन्दी, Indonesia, Italiano, 한국어, Norsk Bokmål, Nederlands, Polski, Português, Русский, Svenska, தமிழ், తెలుగు, Türkçe, 中文(简体), 中文(繁體)
    オーディオ言語
    English, English [Audio Description]
    オリカ・スコットのライダーとハンナたちの誰もが大詰めを迎える。歴史ある大会での最後の夕食を用意するため、ハンナは新鮮な魚を求めて海に出る。一方、マシュー・ホワイトは最後の戦いに向けてチームを鼓舞する。ゴールに向けて、すべてが懸けられた。

詳細

プロデューサー
Christof Bove
シーズンイヤー
2018
提供
Amazonスタジオ
コンテンツ警告
暴言暴力
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.2

41件のグローバルレーティング

  1. 49%のレビュー結果:星5つ
  2. 24%のレビュー結果:星4つ
  3. 27%のレビュー結果:星3つ
  4. 0%のレビュー結果:星2つ
  5. 0%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

Kujira3212018/09/04に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
自転車ロードレース・ファンにはたまらない。それ以外の人が見ても十分魅力的な作品
6話すべて見ましたが、単純にビックリしたのは、とても上質なドキュメンタリーとして仕上がっていること。これだけでも、十二分に見る価値はあります。

惜しむらくは、ツール・ド・フランスという自転車の大会自体が、世界的にはメジャーな存在ではあるものの、日本では全然メジャーとは言えないこと(少なくとも2018年時点では)。この一点だけでも、この作品に入りにくい人は多いと思いますが、それでもやっぱり見てほしいと言いたいぐらい、上質な作品であることは間違いないです。

ツール・ド・フランスや自転車ロードレース・ファンの視点から書かせてもらうと、チーム専属の料理人視点がメインという映像自体、なかなかお目にかかれないものですし、それ以外でも、レース前のチームバス内での戦略会議や、レース中のチームカー内で監督やスタッフがどういう会話や指示をしているのか等、「え、こんなことまで公開しちゃっていいの!?」と疑いたくなるぐらいの、ある意味"お宝"映像の宝庫(最初はたいしたことない内容だけど、回を重ねるごとに段々深刻になっていく)。こんな映像を日本で、しかもPrimeの見放題で見れるというのは、ファン冥利に尽きるとしか言いようがないぐらい。

お世辞抜きに、こんな映像をPrime Originalとして作ってくれたことには、本当に感謝したい。そして、だからこそ、ツール・ド・フランスとかを知らない人達にも、一人でも多くの人に見てほしい。そう強く感じさせられた作品。
43人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ぞうさん2019/02/26に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
上質のドキュメンタリー番組
2017年のツール・ド・フランス(フランスで行われる約三週間の自転車レース)を舞台に、レーシングチームを支えるヘッドシェフ(Hannah Grant ハンナ・グラント、1982年生まれ、女性、収録当時は35歳でしょうか)の視点から構成したドキュメンタリーです。
結論からいうと、上質で、絶賛しても良いくらいの出来栄え、ロードレース、ツール・ド・フランスに興味のある人にとっては、非常に見応えのある作品だと思います。

以下、詳述します。

1 三人のシェフが物語の中心
オーストラリアのロードレースチーム、オリカ・スコット(2019年2月現在では、ミッチェルトン・スコット)のヘッドシェフである、ハンナ・グラント含め、三人のシェフたちが、選手、スタッフの食事、栄養管理をしていきます。

2 素材を徹底して厳選する
単に調理をするだけでなく、素材選びから慎重に厳選して、産地の農家や牧場などに、直接出向きます。
無農薬、徹底した自然志向とか、まるでかつて流行った美味しんぼ(古い例えで恐縮です)というグルメ番組を見ているような、素材から徹底してこだわっていきます。
また、選手が食べる量はとんでもないので、買い付ける量もまた、とんでもない!!
これケースごと買っていこう、とか、羊さんまるごと一頭とか、そういう場面がしばしばあります。

3 ハンナ・グラントの哲学、信条
作品の中で、ハンナ・グラントの考え、哲学がしばしば登場しますが、いずれも胸を打つというか、感動すら覚える言葉が多いです。

 食べ物が人間を作る、食事は燃料
 選手には最高の燃料を提供したい

 9人の選手たちは、自分の子供みたいなもの、喜んでもらえないのであれば、自分たちが足りないだけ
 選手たちに喜んでもらえることが報酬

など、(番組なので、適当にしゃべっているのではなく、台本があるのでしょうけれど)、素晴らしい言葉がたくさんあります。

4 番組構成、料理だけではない
このように、番組は、ハンナ・グラントを中心に構成されますが、しかし、栄養学とか、調理法を説明するだけ、というわけではありません。

レース中継、応援する人々の様子なども映し出されます。
また、ツール・ド・フランスを裏で支える人たちの映像、特に、レース中にチーム監督が指揮している様子、コメント、選手にボトル、サコッシュ(肩から下げる荷物入れ)を渡す様子、ミーティングなどが収録されています。
選手たちの食事シーン、レース前のアップしている様子などもあります。
これらは、レース中継の有料チャンネルでも普段見ることはできない、お宝映像かもしれません。

5 鬼気迫る感じがある
レースの中継というと、第三者が、やや無責任に解説しているといいますか、レース参加者ではないので、どうしても緊張感が無くなってしまうものです。
しかし、この番組の場合は、全員が参加者、人生を掛けているといってもいいくらい必死度が違うわけで、そういう人たちの言葉、表情というのは実にリアル(言葉のとおりですが。。。)で、その鬼気迫る感じが見ているこちらにもビシビシ伝わってきます。
途中、口調が乱暴になってしまったのか「ピー」というカット音もなるほどです。

6 タイトル付け
本作品は、タイトル付けで損をしていると思います。
タイトルの、「食べて 走って 勝って」とは、2010年公開のアメリカ映画、Eat Pray Love (食べて、祈って、恋をして)のパロディだと思いますが、日本での知名度、評価は必ずしも高いとはいえず、邦題は別にしたほうが訴求力もあって、良かったかもしれません。

もっとも、本作品はAmazonプライムの独自番組つまり、米国の作品で、Eat Pray Loveと同じ米国ですから、米国ではEat Pray Loveの知名度にあやかったほうが得策、ということなのかもしれません。

7 結論
冒頭で述べましたが、非常に上質なドキュメンタリー番組です。
個人的には、本作品だけで、プライム料金のもとが取れたと思います。

ロードレースに興味のある方は、目が釘付けになるほどのお宝映像満載です。
また、ロードレースには興味がない、という方も、常にベストを尽くそうとしている人たちの仕事ぶりを見る、ツール・ド・フランスという、ヨーロッパの一大イベントを見る、というのは良い刺激になると思います。

以上、ご参考までに。
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
yf2018/08/16に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
サイクルロードレースファンにお勧め
 サイクルロードレースに関する映画、ドキュメンタリー、ドラマなどを観る機会が少ない現在の日本において、サイクルロードレースファンに特にお勧めの作品だと思います。
 我々が目にすることが出来るサイクルロードレースそのものの推移ではなく、レースに同行しているスタッフ、中でも今まであまりに目にすることがなかったシェフにフォーカスして、その立場からレースを観ることが出来ます。ツール・ド・フランスにチームのシェフって何人くらい同行して、どの様に食材を調達しているかご存じですか?私は知りませんでした。(勿論、チームによって違うと思いますが)
 また、チーム監督の考え方や作戦、心境も分かる構成になっているところが、飽きさせないと思います。
 ステージレースの進捗、状況変化にあわせてシェフ、監督の対応の変化も見所の一つではないでしょうか。個人的にはチームバス内でのミーティングにおける監督の指示を聞いている時の世界トッププロの表情から勝手に心境を探ることも楽しめました。
 前述したような内容を個人総合優勝を狙うチームでなく、新人賞を狙うチームで作品にしたことが、更に内容をチョッピリ身近に感じることが出来、作品にグッと引き込まれるのだろうと感じました。
 この様な作品がどんどん増えていくといいなぁ、と思えた作品でした。
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
reptilian2018/12/26に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
これは面白い。スポーツ・ドキュメンタリーの傑作。
日本では有名ではないが世界的に人気のあるツール・ド・フランス。
その25日間に及ぶレースの模様をチーム・スポーツである事の戦略性と
選手たちの過激な運動能力を支える料理人の視点から描いた珍しいドキュメント。

サイクリング・チームの全員が監督の指示に納得しているわけではない様子は明らかだが、監督は全面優勝などという非現実な目標を立てているわけではなく選手一人ひとりの個性を生かしながら現在出来る限りの好成績を上げたい。
また、スポンサーのために金儲け(会社宣伝)のことも考えなければならない。
そういうプロとしての姿勢には好感を持った。

チームの食事の責任者である料理長のハンナ・グラントがヨーロッパ各地の市場だけではなく農家・畜産家・漁師などを直接訪ねて回って良質な食材を収集する様子も興味深い。
無農薬農業・抗生物質無しでの家畜飼育などは現在のアメリカではほとんど無理かもしれない。
また彼女の言う「レース中は子供たち9人を世話しているようなもの」という意識は単なるプロフェッショナリズムを越えている。

初日に転倒事故を起こして棄権に追い込まれる選手の無念。
あくまでもチームメイトの好成績のために働く経験豊富なアシスト選手 “ ボス ” 。
自動車でコースを先行して危険度や補給のタイミングを調査して監督に伝えるスタッフ。
レース初期には頼りないと思われていた若者が新人賞を狙いながら次世代のリーダーとしての素質を育てていく様子。
ヨーロッパ各国に祭典の幸福感が溢れるパレード場面。

いろいろと見所満載の良質なドキュメンタリーだ。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
鴨川トモロン2018/08/24に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
シェフの哲学がここにある
34歳の割にすごく肌が綺麗。
自身の言う通り、体は食事から作られるということをよく分かっているのだろう。
栄養学をしっかり抑えて、飽きが来ないよう料理を変えたり、選手の疲れやレース中の間食も考えられているなぁと感じた。
栄養を語るといっても、運動や体の仕組み、回復に必要な栄養素などを熟知して、それらを実践で試してきたんだなというのが伝わる。
場数を踏んだ数が違うからシェフチームのリーダーをこなせるのだろう。
次のホテルに早く到着しないと駐車場の端っこになってしまい運んでいる間に料理が冷める・・・なんて細かい気配りもあって、料理だけじゃないんだなと感じた。
彼女にとって料理とはなにか?
レーサーに必要なものはどういう食べ物か?
様々な段取りを通して、気配りや哲学が語られていて面白かった。

できれば、選手たちやサポートメンバーが食べているところを見たかった。
料理の感想とかは一切語られていないところが残念。
自転車6料理3旅番組1ってところか。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
koh7372019/07/21に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
面白いですがタイトルとの関連に疑問
「レースに勝つための食事」という観点で見るとイマイチな感じでした。
シェフのハンナが拘りを持って、レースの開催地やその付近から食材を
調達して料理するのはいいのですが、その食事がレースを勝つために
どれくらいの影響を与えたのか検証がありません。
せめて、選手の料理に対する感想を聞きたかったですし、欲を言えば
科学的な観点で分析してほしかったです。
レース映像は迫力も伝わってきましたし、それなりに面白かったですが、
もっと食事をクローズアップしないとタイトル通りでは無いと思いました。
でも、あまり興味がなかったツールドフランスがどんなレースなのか知る
ことができて良かったです。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ふくこまるん2018/11/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
他のチームのもでないかなぁ!面白かったです。
オリカ・スコット(現ミッチェルトンスコット)ファンなので色々と美味しい!料理も実に美味しそうでした。
こんな料理を食べているんですねぇ。素晴らしいです。
マッサーやメカニックが時々出てくることはあっても、シェフを中心にしたものはあまり見たことがなかったので大変面白かったです。料理だけではなく、食材の買い出し、移動のための片付け等ほんとうに大変なんですね。グランツールというのはこれだけを見ても一大事業、チーム戦なのがわかりますね。
他の方も書いていましたが、その美味しい料理を選手が食べているところをもっと見たかったなー。
他のチームのも出ないかなぁ。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
だいこ2019/07/18に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
とんでもない良作!
まず希望として是非他チームを取り上げた続編、シリーズ化してほしいです。
サイクルロードレースファンなら必見!
単にレースで勝った負けた以外の視点からサイクルロードレースを知ることが出来ます。
しかも面白く楽しく!
チームに食べさせる料理人の視点というのが新鮮なのでしょうか。
とはいってもシェフ目線だけではなくチームがどんなふうに実戦を戦っているのかとても興味深いです。
私の語彙力ではなんともなりませんがとりあえずサイクルロードレースファンならたまらないはず!
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示