通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
食の世界地図 (文春新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。u2632a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

食の世界地図 (文春新書) 新書 – 2004/5

5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 961
¥ 961 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 食の世界地図 (文春新書)
  • +
  • 新・民族の世界地図 (文春新書)
  • +
  • 常識の世界地図 (文春新書)
総額: ¥2,667
ポイントの合計: 81pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

炊き立てのご飯に味噌汁、そして白菜の漬物といえば日本人の朝食の定番。だが白菜が日本に入ってきたのは明治時代のことだった。一方、韓国料理に欠かせない唐辛子は、一六世紀に日本からもたらされた。「羹に懲りて膾を吹く」が、トルコでは「ミルクでやけどをした人はヨーグルトを吹いて食べる」となる。「フレンチ」・フライはベルギーが発祥の地、スープはもともとパンだった―人が日々口にしている食べものには、各民族の歴史がつまっているのだ。


登録情報

  • 新書: 331ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2004/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166603787
  • ISBN-13: 978-4166603787
  • 発売日: 2004/05
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 162,286位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
世界地図というより世界史かな? 前菜は「新大陸の食材が世界史をどう変えたか」というお話。ジャガイモ、トマト、唐辛子、トウモロコシ等新大陸起源のメジャーな食材が登場、とくにジャガイモは欧州の救荒作物として大普及しアイルランドのジャガイモ飢饉では世界中に移民が散らばりその中にケネディの祖先がいた…とかね。有名なお話が多いんだけど、なぜだか飽きません。考証がしっかりしてるからか。
一皿目。ナンはイラン起源で北インドの食べ物である。南インドはチャパティが主流。北イタリアは手打ちパスタが主流なのでやわらか味。アル・デンテは乾燥パスタが主流の南イタリアのこだわり。……なんて話題はぼくは知らなかったのでとても面白かった。本書を読んで、たとえばインド料理屋に行くと、一枚のプレートの上に世界地図が広がっているような感慨を受けますよ。イラン起源のナン、新大陸の唐辛子、ユダヤ教イスラム教ヒンズー教の影響で肉はチキンとマトン、野菜類はアフリカ起源新大陸起源ヨーロッパ起源…ああめくるめく食の世界。
二皿目、フランス料理を中心とした話になります。デュマの料理事典やナポレオンの故事、革命で失職した宮廷料理人がレストラン隆盛のもとになった…等々、歴史のスターたちにちなむ料理が次々と紹介されます。けどぼく的にはあまりヒットしなかったなー。どっちかというと東洋史のほうが好きだからだろうか。本書には
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
世界の食について概観できてすごく面白かったですが、自分の精通している地域の記述が粗いし間違いもあるので、著者は知識は集めていても、各地の事情に精通してるとは思えない。

<誤っている箇所>
p.317
カランガ
ケニアスワヒリ語では肉料理の一つだが、他の地域のスワヒリ語で「カランガ」は落花生のこと。
ニャマ・チョマ
「スワヒリ語でニャマは焼く、チョマは肉の意味で」はなく、ニャマは肉、チョマは焼くの意味。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本は、value for moneyがあるかないかといったら、まああるといっていいだろう。第一章「世界を変えた新大陸の食材」のジャガイモの話から、「料理の国籍」、「食べ物の起源と語源」、「美食家にちなんだ料理」、「食をめぐることわざ」、そして巻末の「世界料理小事典」まで一気に読ませる。さらに、目を楽しませ、理解を容易にする多種多様な図版の存在を考慮すれば、これはちょっとした食文化事典である。しかし、最近の話題も随所に織り込まれているにはいるが、実際のところ最近あふれている食文化本に比べてもアプローチに新鮮味はない。注意したいのは図版・マップ類の出典がほとんど明記されてないことと、明記されていても少々作成過程が怪しい場合があること(例えば、石毛本から作成した地図)。食べ物本を読む最大の楽しみの一つは、それを書いている人物の顔を浮かべながら読むことである。しかるに、21世紀研究会という顔のない集団の不気味なことといったら。どなたか著者名を教えてはくれまいか。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ジャガイモなど普段口にしている食材の起源、各地の未体験の料理の歴史や挿話など食の時空散歩を楽しめる本である.新書版で300ページを超え、要所要所には地図や写真そして巻末には国別の食の事典もあり食の辞典がわりにも使える.
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
面白いです。ポテトチップスの誕生秘話やタバスコ地方にはタバスコがないとか、カルパッチョは実在の画家から取った料理名とか。他にも感心する事柄が満載です。自分は食品関係の仕事をしているのでたいへん興味深く読めました
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告