通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
飛鳥山の骸―朱引黒引双つ江戸 (ハルキ文庫 よ 8... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 中古品のため、使用感ございます。発送は土日祝日を除く平日のみとなります。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

飛鳥山の骸―朱引黒引双つ江戸 (ハルキ文庫 よ 8-2 時代小説文庫) (日本語) 文庫 – 2014/1/15

5つ星のうち1.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫, 2014/1/15
¥715
¥715 ¥1
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

町奉行支配の黒引内と関東郡代支配の朱引内に二分された江戸は、その管轄の違いが悪人の温床となっていた。微禄の御家人ながら棒術と剣の達人・片桐新九郎は、大目付の石川采女正から朱引見廻役を任ぜられ、棒手振りに身を隠しつつ、江戸の無法地帯を巡って悪を断つ。ある時、新九郎は早朝の飛鳥山で、刺殺された美女の死体を発見する。付近を治める金輪寺の寺侍・谷とともに下手人を捜すものの、やって来た火付盗賊改方の二人組は動きが鈍く、探索は行き詰まる。次なる殺人と謀略を、新九郎は止められるか―。狭間の巨悪を叩き斬る、痛快書き下ろし時代長編、待望の続編登場!!

著者について

1946年佐賀県生まれ。雑誌編集者を経てフリーライターに。ノンフィクション、コミック原作、実録小説を手がけ、映画化、テレビ化作品も多数。2002年「裏火盗罪科帖」シリーズで時代小説作家デビュー。著書に「投込寺闇供養」シリーズ、「深川鞘番所」シリーズ、「聞き耳幻八浮世鏡」シリーズ、「盗人奉行お助け組」シリーズ、『居残り同心神田祭』などがある。

登録情報

  • 発売日 : 2014/1/15
  • 文庫 : 315ページ
  • ISBN-10 : 4758437920
  • ISBN-13 : 978-4758437929
  • 出版社 : 角川春樹事務所 (2014/1/15)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち1.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち1.0
星5つ中の1
1 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
100%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2014年2月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入