通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
飛べない蝶と空の鯱―たゆたう島の郵便箱〈3〉 (ガ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

飛べない蝶と空の鯱―たゆたう島の郵便箱〈3〉 (ガガガ文庫) 文庫 – 2013/1/18

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 飛べない蝶と空の鯱―たゆたう島の郵便箱〈3〉 (ガガガ文庫)
  • +
  • 飛べない蝶と空の鯱―たゆたう島の郵便箱〈2〉 (ガガガ文庫)
  • +
  • 飛べない蝶と空の鯱 ~蒼の彼方より、最果てへ~2 (ガガガ文庫)
総額: ¥2,037
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

翼舟に跨って空に浮かぶ島と島を行き交い、命を懸けて人の「記憶」を運ぶ「渡り鳥」と呼ばれる武装郵便屋。武装郵便屋「蝶と鯱」を経営するウィルとジェシカに新たに舞い込んだ依頼は、かつての仲間であり―そして、ジェシカから空を奪ったある男への配達依頼だった。なぜ、男は裏切り、そして世界をも滅ぼそうとするのか―。空を失った少女・ジェシカと不器用で飛ぶことが下手な少年・ウィル。それでも空に憧れ、「空の最果て」を目指す二人の、出会いの記憶。「霧鍵式」と呼ばれる魔法と空戦のファンタジー、好調第三弾。


登録情報

  • 文庫: 310ページ
  • 出版社: 小学館 (2013/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094513892
  • ISBN-13: 978-4094513899
  • 発売日: 2013/1/18
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 654,532位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 操縦下手なウィルと高所恐怖症のジェシカが営む武装郵便屋を描く、魔法と空戦のファンタジー第3巻。今回はウィルとジェシカの出会いやジェシカが高所恐怖症になった理由が描写されています。
 
 2人は「蝶と鯱」を訪れた大男の依頼を受け、かつての仲間であり現在は裏切り者であるビルギッドへ封書を届けるために〈渡り〉をします。またそれと並行して、レンが偶然見つけた封書を通して、ウィルたちの過去が回想として描かれています。

 2人の過去というこの物語における謎の一つが明かされ、作品として一つの節目をむかえたように思います。次巻はおそらくティエラという北の大国に舞台を移し、作品として新たな局面を迎えるでしょう。

 少々設定の矛盾が見られたので、星4つにします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告