通常配送無料 詳細
残り20点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
飛ぶ教室 (岩波少年文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙にシミと小さな破れ、本サイドに薄汚れがありますが、他中身に使用感少なく良好です。商品は、数か所に出品しておりますので、売り切れる場合がございます。どうぞ、お早めにご購入ご検討下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

飛ぶ教室 (岩波少年文庫) 単行本 – 2006/10/17

5つ星のうち 4.9 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 319

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 飛ぶ教室 (岩波少年文庫)
  • +
  • エーミールと探偵たち (岩波少年文庫 (018))
  • +
  • ふたりのロッテ (岩波少年文庫)
総額: ¥2,138
ポイントの合計: 67pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ボクサー志望のマッツ、貧しくも秀才のマルティン、おくびょうなウーリ、詩人ジョニー、クールなゼバスティアーン。個性ゆたかな少年たちそれぞれの悩み、悲しみ、そしてあこがれ。寄宿学校に涙と笑いのクリスマスがやってきます。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ケストナー,エーリヒ
1899‐1974。ドイツの詩人・作家。ドレースデンに生まれる。貧しい生活のなかから師範学校に進む。第一次大戦で召集される。大学卒業後、新聞社に勤める。1928年『エーミールと探偵たち』で成功をおさめたが、やがてナチスにより圧迫を受ける。1960年、国際アンデルセン大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 254ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2006/10/17)
  • ISBN-10: 4001141418
  • ISBN-13: 978-4001141412
  • 発売日: 2006/10/17
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 12 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,989位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
クリスマスを前にしたドイツのギムナジウムを舞台にした数日間の話。
内容については、すでにしっかりとしたレビューがあるので、
省かせていただきます。

かけねなしの名作だと思います。
大人になった今、読んでもめちゃくちゃ面白く感動しました。

“泣ける小説”などと称されるものがありますが
これこそ、読んでいて涙が止まらなくなるすばらしい小説です。

小学生高学年の男子には絶対におすすめ、そして大人になっても読める小説です。

ここで描かれている生きていくうえでの“尊いこと”は
人間であるかぎり、時代、人種を超える普遍的なものだと思います。

ただ、訳者があとがきで書いてあるように、“男性的”であることへのこだわりについて、
現代の女性読者は違和感を抱くことがあるかもししれません。

ただ、その時代に書かれているものは、時代を超える部分もありますが
その時代に縛られていることもあります。

それもその時代に生きたケストナーの個性だと思います。
そういったことも踏まえて
本当にすばらしい小説だと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書のまえがきを読むと著者の人生と正義に関する読者への痛切なメッセージがあり、何かただならないものを感じる人も少

なくないと思います。
それはこの本が書かれた時代を反映しています。
それは、著者の母国ドイツでナチスが台頭し、世界中が人類史上最悪の戦争に向かっていた時代です。
著者はナチスに迫害されながらもドイツに留まり続け、次世代を担う子供たちの為に、メッセージを送り続けていたのです。

元気の良い男子寄宿学生たちが繰り広げる物語。

読み終わって感じたのは、懐かしさでした。
昔の子供達ってこんな感じだったよなとしみじみ感じました。
様々な背景を持った少年たちが一緒に喜んだり悲しんだり、時にケンカもあったりで、ちっともじっとしていない。

生命力にあふれた少年たちの物語は、クリスマス集会での「飛ぶ教室」という題の劇の上演に向けて集束してゆく。
彼らは、様々な経験をし、また人生の師とも呼べるような大人たちとの出会い等を通して人として成長してゆく。
物語のエンディングは、クリスマスにふさわしい素晴らしいもので、図らずも少しほろりとしてしまいました。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ドイツの寄宿学校のクリスマス物語。
男の子たち(昔男の子だった先生も!)の感情がみずみずしく描かれ、笑いと涙に包まれます。

まえがき その二はケストナーの子供たちへのメッセージです。

「みんなにはできるだけしあわせであってほしい」
「不運はしっかり目をひらいて見つめることを学んでほしい」
「かしこさをともなわない勇気は乱暴でしかないし、勇気をともなわないかしこさは屁のようなものなんだよ!」

小説が書かれた約80年前の時代を反映したメッセージかも知れませんが
今でも古さを感じない、色あせないものです。

「どうしておとなは自分の子どものころをすっかり忘れてしまい、子どもたちにはときには悲しいことやみじめなことだってあるということを、ある日とつぜん、まったく理解できなくなってしまうのだろう」とあります。

似たようなことを息子に指摘されたことがあります。

考えてみると、辛かったことはたいてい忘れています(笑)
悲しいことみじめなことを忘れて、無かったことにする・・。これは勇気をともなわないかしこさですかね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
重松清さんの本「Long, Long ago」が大変に面白くて、その本に出てきていたので、大人になって初めて読みました。
素敵なお話で、読んだ後に心が温かくなりました。
子供がこのぐらいの量のお話を読めるようになったら、オススメしたいなと思っています。
そして、自分自身、子供のころのことをすっかり忘れて、子供を叱ってばかりいることに気がつきました。
禁煙さんや正義さん、こんな風に子供に寄り添うように接することのできる大人でありたいと思いました。
初夏に読んだのですが、クリスマスの頃にまた、読み返したいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー