風 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

5つ星のうち 4.9 20件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,146
価格: ¥ 3,120 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 26 (1%)
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon の エレファントカシマシ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 風
  • +
  • 俺の道
  • +
  • 扉
総額: ¥8,543
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2004/9/29)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: フェイスレコーズ
  • 収録時間: 52 分
  • ASIN: B0002N2J7C
  • JAN: 4532518301004
  • 他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 40,532位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 平成理想主義
  2. 達者であれよ
  3. 友達がいるのさ
  4. 人間って何だ
  5. 夜と朝のあいだに...
  6. DJ in my life
  7. 定め
  8. 勝利を目指すもの
  9. 今だ!テイク・ア・チャンス
  10. 風

商品の説明

内容紹介

前作『扉』のリリースからわずか半年、早くもニューアルバムが完成。9月1日発売のリード・シングル「友達がいるのさ」(DVD特典付き)を含む究極のロック・アルバム。

メディア掲載レビューほか

2004年3月発表の『扉』に続くアルバム。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
平成理想主義が好きで買いましたが、全体の流れがいいです。夜と朝のあいだの、「いいぜ~♪」が何度も聴きたくなります。大事なアルバムになりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 茶野篤 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/1/16
形式: CD Amazonで購入
最近出た某誌のエレカシ特集でこのアルバムが「過渡期の作品」とされていました。今でもライブで演奏される曲がほとんど無いと…。
確かに、その後のユニバーサルでの作品群に比べて地味です。華やかさやカタルシスを感じる曲がありません。
しかし、自分にとってはエレカシの数多い作品の中でも上位にくる大切な作品です。

30代後半、己の道を究めようとするものの、超えたくても超えようの無い己自身の限界と老いに気付かざるを得ない。
このアルバムに収められているのはそうしたリアルな諦念の中から生まれた楽曲たちです。
ちょうど同じ頃、私は私で人生の壁にぶち当たり、しかも四面楚歌という苦しい情況でした。
フィールドは違っても同じように苦しんでいる男がいる、と、勘違いかも知れませんが当時の私は思い、毎日毎日、この作品を通勤電車の中で繰り返し聴いていました。
あれから12年。エレカシも私も遠くに来てしまったと、しみじみ思います。

特にラストのタイトル曲「風」、今聴いても心に沁みます。
 あと百年を生き長らえても 今のこのオレを抜けられやしまい
自分にとって永遠の名曲です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
エレカシとの出会いは古く、当時ひいきにしていた某DJ氏が彼の番組内で4枚目のアルバム「生活」の中の「男は行く」をかけていたのをたまたま耳にしたのがきっかけである。その時の衝撃は今でもはっきりと覚えている。
今作を聴いてみて、まず感じたことは、(なんか偉そうだが)「ああ、エレカシも随分大人のバンドになったな。」ということである。
昔の無骨な荒っぽい感じのエレカシも良かったし、復活してヒットの数々を飛ばしてた時期のエレカシも良かった。でも、「dead or alive」辺りから今作にかけて、彼等は作品を出すごとに著しい成長を遂げて来ていると個人的に思う。その中でも、とくに今作は少しばかり異質な印象を受ける。
なにしろ、こんなに開かれたエレカシを聴くのは正直なところ、初めてだからだ。
勿論、テーマの根底そのものは昔と全く変わっていないのだが、何かこう、どこか吹っ切れた様な印象を受けるのだ。このアルバムが発売されてから、既に数カ月が経過しているが、ほぼ毎日の頻度で全曲通して聴いているにも関わらず、まったく飽きることがなく、むしろ聴く度ごとにどんどん良くなって来るのだから不思議である。歌詞においても今迄はただただ共感できる物が多かったのだが、今作は激しい怒りの言葉はなく、ちょっとニュアンスは違うかもしれないが、「俺も頑張るからお前等も頑張れよ。」といっ
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
エレカシのCDは全て持ってます。
その時の気分で古いものから新しいものまで順繰り聞いていますが、この「風」はその中でも一番好きです。歌詞にしても曲にしても深い。深いけどさらりと歌い上げている。ほんとすごいなぁと思います。これは絶対「買い」です。お薦めです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nohohooon 投稿日 2004/10/10
形式: CD
「扉の向こう」の中で、「中年の良さを出そうよ」とメンバーを叱咤する宮本浩次がいた。
この「風」は、38歳の男の悲哀をひしひし感じるアルバムだ。
歳を重ねても、なおも人生とは何だと問いつづける姿。
苦悩しながらもなんとか前に進んでいこうとする強さと希望。
混沌と怒りを前面に押し出した前作とは違い、激しさの中に大人の男の懐の大きさを感じるアルバムだ。
まっすぐ、力強くこちらに向かってくる声と絶妙に絡みあうバンドの演奏。
音のバランスも良く、小細工なくズドーンと耳の入ってくる感じが心地よい。
エレファントカシマシの「バンド」としての円熟を感じるアルバム!
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
今作では「俺の道」のような過剰な気負いはない。
むしろ今現在のエレファントカシマシを等身大に表現している。
一曲目の『平成理想主義』では洋楽の様なロックをぶっ放し
「友」「勝利」「人間」といった、宮本が抱く普遍的な想いが
アルバム全体を貫いている。
進化するメロディに等身大の歌詞、宮本のボーカル
この三つが融合すればエレファントカシマシにとって怖いものは無い。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す