通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
風雲児たち 幕末編 20 (SPコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: クリーニング済み、全体的に若干使用感があり、カバーにスレ・キズがあります。中身は比較的良好な品です。落札後、プチプチ付封筒にて出来る限り早く発送致します。日本郵便にて発送を依頼しておりますので、追跡番号・日時指定は請け負いかねます事、予めご了承下さいませ。商品到着後、何かございましたらぜひご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

風雲児たち 幕末編 20 (SPコミックス) コミックス – 2012/4/26

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 321
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 風雲児たち 幕末編 20 (SPコミックス)
  • +
  • 風雲児たち 幕末編 19 (SPコミックス)
  • +
  • 風雲児たち 幕末編 21 (SPコミックス)
総額: ¥1,758
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 214ページ
  • 出版社: リイド社 (2012/4/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4845838869
  • ISBN-13: 978-4845838868
  • 発売日: 2012/4/26
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
中学生の娘と先を争うようにしてここまで読んできました。
私たち大人には、桜田門外の変で、大老井伊直弼が殺害された…という話は、歴史で習ってテストにも出た史実の一つですよね。
が、まだそれを知らない娘は、先日、テレビで桜田門外の変についての放送を見て、「やっぱり井伊直弼殺されるんだ!あーあ、ネタバレ〜」とがっかり。
この子には、歴史が、過去の止まった記録ではなく、現在進行形のハラハラする生きたストーリーなんだ!
と、あらためて、みなもと先生の作品にあふれる臨場感、登場人物たちの生命力を思い知らされました。
これからもお元気で描き続けてほしいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
小学生から読み始めてはや30数年・・・
ペリー来航の時も感無量であったが、ついに次回は「桜田門外の変」に突入!
その一事だけでも、泣けてきます。
さて、今回。
歴史好きでも難解な、水戸藩の内紛を分かりやすく紹介してくれるわ、
どんな歴史家も試みることのなかったであろう、みなもと先生の「桜田門外」現地調査・分析は流石のひとこと。
この歴史の教科書、混迷する大河ドラマ制作者たちには是非とも熟読してほしい。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
確か前巻が出たのが8か月ほど前になると思うのですが、今回はインターバルが少し長かったような気がします。掲載雑誌を見なくなって久しいので、ひたすら単行本が出るのを待っているのですが、20巻を前にして何かあったのではないかと思ってしまいました。
でも、こうして20巻が出ると、それも杞憂だったということですね。
さて、その20巻目ですが、話としては大きく、薩摩藩の大久保一蔵(後の利通)を中心とする精忠組の薩摩藩内での動向、水戸藩と大老・井伊直弼との勅許返納騒動、長嵜海軍伝習所の閉鎖から遣米使節団随行の勝海舟らの話などが描かれていく中で着々と桜田門外の変へ向かっていくというところでしょう。
いつも思うことですが、幕末の日本に何故これだけの人材が揃い、様々に入り乱れ、日本を変えていくことになるのか、時代の奇跡としか言いようのない時間の流れとそこでの出来事が縦横無尽に描かれているので、これは終わるわけないですね。
それでも多分次巻は桜田門外の変が描かれることになるのでしょうから、この20巻は大きな節目とも言えるのでしょう。
今度は出来ればもう少し早く続きを読みたいものです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
私が持っている唯一のシリーズマンガ。この漫画と、司馬遼太郎の小説で歴史が好きになりました。幕末から明治維新にかけての日本の動乱期を、深い知識と、面白いタッチの漫画で、非常に分かりやくすく描いてくれています。この回は、桜田門外の変、これからが、いよいよ維新の佳境です。どなたにもお勧めしたいマンガです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告