中古品
¥ 62
+ ¥ 300 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 本文にライン、書き込み等あります。中古商品になりますので、多少の傷み、ヤケ、使用感がございます。掲載されている画像に関して、装丁等が異なる場合がございます。また、店舗でも販売しておりますので、売り切れの際は返金いたします。ご了承ください。 106374
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

風評被害 そのメカニズムを考える (光文社新書) 新書 – 2011/5/17

5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 5,836 ¥ 47
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

1954年の第五福龍丸被爆事件に始まる日本の風評被害の歴史。何が原因なのか、どういう具合に広がっていくのか、どうすれば収まるのか。東日本大震災のケースも含めて、多角的に論じる。

内容(「BOOK」データベースより)

ウルリヒ・ベックというドイツの社会学者は『危険社会』という本で、富の分配が重要な課題であった産業社会の段階を超えて、科学技術によって作られる「危険」の分配が重要な課題となったと論じた。生命の危険を誰が負担するかという話である。それは必ずしも、物理的な危険性の話ではなく、経済的な危険も含んでいる。日本はそのリスクの負担を究極までに避けてきた。絶対の「安全」を追求していけば、少しでも危険といわれたものは避けようとする。根拠がなく、ある食品や商品、地域や日本ブランドそのものが「安全でない」と見なされて、経済的被害を引き起こす。それが「風評被害」である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 210ページ
  • 出版社: 光文社 (2011/5/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334036244
  • ISBN-13: 978-4334036249
  • 発売日: 2011/5/17
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,692位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2014年6月6日
形式: Kindle版|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2011年6月25日
形式: 新書|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年4月5日
形式: 新書|Amazonで購入
2012年1月19日
形式: 新書|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2011年7月5日
形式: 新書
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2011年6月29日
形式: 新書
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2011年7月23日
形式: 新書
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2011年8月6日
形式: 新書
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告