この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,400MP3アルバムを購入

風街ろまん

5つ星のうち 4.7 55件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:5¥ 8,649より 中古品の出品:7¥ 1,815より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の はっぴいえんど ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (2002/9/11)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: avex io
  • 収録時間: 37 分
  • ASIN: B00006C1OQ
  • JAN: 4544738400115
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 55件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 15,997位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 抱きしめたい
  2. 空いろのくれよん
  3. 風をあつめて
  4. 暗闇坂むささび変化
  5. はいからはくち
  6. はいから・びゅーちふる
  7. 夏なんです
  8. 花いちもんめ
  9. あしたてんきになあれ
  10. 颱風
  11. 春らんまん
  12. 愛餓を
  13. (エンハンスド)CD-EXTRA仕様

商品の説明

商品の説明

2002年:エイベックス

Amazonレビュー

   1971年のセカンド・アルバムで、言わずと知れた日本ロックのマスターピース。「風をあつめて」「はいからはくち」「夏なんです」といった代表曲がそろい、演奏、ヴォーカル、ソングライティングのいずれも前作より完成度が高く、彼らの到達点といえる作品。歌詞は“~なんです”という独特の言い回しを多用して、文学的な表現に磨きがかかっているし、演奏にしても、後のティン・パン・アレー~ジャパニーズ・ソウルに通じる、ほのかに揺れるグルーヴ感がすでに散見される。ヴォーカルも大滝詠一が流麗でウェットな声を聴かせ、細野も朴訥(ぼくとつ)とした味の歌で活躍。各メンバーとも個性を十分に発揮し、それらがからみ合って、夏の陽炎のような白くまぶしい音像を生んでいる。日本語によるロックの確立というだけでなく、そうした独自の音世界を築いたところに、本作の価値がある。だからこそ名盤として受け継がれ、数え切れないほどのフォロワーを生んだのだ。(小山 守)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 まさ 投稿日 2003/8/2
形式: CD Amazonで購入
内容は言うまでも無く良いのだが、音質が悪いため私が記憶している「風街ろまん」の独特の雰囲気を台無しにしている。特に、A面にあたる前半のマスターテープの状況が悪く、ドロップアウトがはげしい。これを聴いただけでは、このアルバムの本来の魅力の20%くらいしかわからないだろう。
特に前半でリズム隊のタイムが、マスターテープの劣化(ワカメ状態)で無茶苦茶に揺れている。
できれば、アナログ版や昔のCDを手に入れた方が良いのではないだろうか。
以前まで東芝が別のマスタリングで発売していた(TOCT10457)。私の手元にはないが、少なくともこのエイベックス盤を買うより良いだろう。帯に「リマスタリング」と堂々と書いてあるところが笑わせる。東芝からHDCDシリーズのマスタリングテ!ープを買え!と言いたい。
「空いろのくれよん」「風をあつめて」のような素晴らしい曲がボロボロなのは大落胆だ。
ちなみにCCCDではないのは唯一の救いだ。(しかし、CCCDでもこれでは音質はまったく関係ないだろう。CCCDの問題はCD規格潰しということだ。)
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 はっぴいえんどのオリジナル、3作中の第2作。大瀧7曲/細野4曲/鈴木1曲という構成だが、特に大瀧色が強いわけでもなく、三人三様の持ち味が次第に見えてきた作品。

 まず、細野氏の2大傑作「風をあつめて」「夏なんです」。本作の空気感は、この2曲による所が大きいのかもしれない。音楽の引き出しが多い人だが、この和風な味わいは独特。録音技術の過渡期ながらギターの音質も良好で、不思議と耳に残る響きである。

 鈴木茂氏は、本作で初めて作曲と歌を担当。「花いちもんめ」1曲だけだが、これが完成度の高い佳曲で存在感が十分出ている。代表作の1つと言ってもよく、構成がしっかりしていて聴き応えあり。その後の彼の個性が、既に垣間見えるようでもある。

 さらに大瀧作品も好調。演奏もコーラスもまさにグループ総力戦の「はいからはくち」が圧巻。だが、それ以上に特筆したいのが「颱風」。「颱」の字自体がただならぬ雰囲気を醸し出しているが、内容もそれに劣らず異様なテンションを見せている。台風が来る前の、不安と共に何故かワクワクするあの感じが見事に表現された異色作。

 最後になったが、全体の色合いを左右しているのが松本氏の詩の世界である。「オリンピック以前の東京の原風景」とよく言われるが、地方在住で彼らより後の世代の私が見ても、そういった匂いを感じるのが不思議である。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 じょり 投稿日 2008/3/10
形式: CD Amazonで購入
多くの方がきっとそうであるように、私もやはり「風をあつめて」が好きでこのアルバムを購入。(以前テレビで耳にして以来ずっと気になっていたので。)
聞き始めの頃は、わずか数曲のみ好きだと感じたのですが、その数曲が聞きたくて毎日のようにかけていたら…他の曲たちも好きになってしまいました。噛締めていくうちにその味わいを楽しめるようになってきた感じ。
音楽に関しては素人なのですが、素人なりに、これはやっぱり名盤だなって思うわけです。
音と詞で、美しい情景とロックな心情が描かれています。
心ににじむ、力強い一枚。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 psik VINE メンバー 投稿日 2005/8/22
形式: CD
このアルバムをかければ部屋の空気が変わります。知らぬ間に急かされ、
張り詰めていた周りがゆっくりと消えていきます。
聴く回数ではその後の大滝さんや細野さん、山下達郎やユーミンのアルバム
の方が多いのですが、時々はっぴいえんどの飾り気ない素朴な音に
触れたくて仕方のなくなる気分になります。
「風をあつめて」が全てではない、確かにそうなんですがやはりこの曲
が本作のベストではないでしょうか。
僕は自論として「素晴らしい音楽は、頭の中に何かしらの情景を喚起させる」と
いう考えを持ってるんですが、この曲ほどそれを再確認させてくれる曲
は早々見つかりません(松本隆の歌詞も素晴らしい。80年代以降の彼
には正直失望ですが)
「風をあつめて」、「春らんまん」、そして次作収録の「氷雨月のスケッチ」
が僕のはっぴいえんどベスト3です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
風街ろまん、71年の作らしい。
こういうバンドのこういうアルバムを聴いていると、やっぱり今の日本の音楽シーンっていうのは消費されて、忘れられていく一方の音楽なんだろうなぁ、と思ってしまうのです。もちろんそうでない音楽もありますが。
今巷に溢れている音楽に比べれば、やはり地味な印象は拭えない。
けれど、何度も聴いてしまうし、何より詩が語りかけてくる。
声高に、直球路線で愛を叫ぶ歌なんてない。語られるは、淡々とした、日々感じたことだったり、自分が見える範囲の私的な世界観である。その詩がとても美しく、かつ、彼らが生きた60年~70年代の光景が目に浮かぶようで、あぁ、日本って、そして日本語って、こんなに綺麗な物だったんだな、と感じる。
曲調的には、フォーク調のが多い。他にカントリー風、ブルース風、ロック風と様々だが、全体的に、春の晴れた日、田舎の家で窓全開で聴きたい、そんな感じです。とても落ち着く。歌詞も曲も、聞き手に押し付ける所が無い。
尚、この紙ジャケ仕様はアマゾンに書いてないですが、ボートラ7曲収録で、
はいからはくち関連が4曲、あしたてんきになあれのリズムトラック、あいうえお、そして、夏なんですのリハーサルテイクが入ってます。
全然原曲と違う、夏なんです のリハテイクが原曲より好き。
音源は、はっぴいえんどBOX用の最新リマスターされたものです。
全ての日本人に聴いてもらいたい。そんな一枚。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す