Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 0

¥ 288の割引 (100%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

[堀 辰雄]の風立ちぬ
Kindle App Ad

風立ちぬ Kindle版

5つ星のうち 4.0 213件のカスタマーレビュー
このKindle版は、読者によって問題が報告されています。問題の詳細: フォーマットの不備, 誤字脱字.
出版者に対して、問題箇所の修正依頼が通知されています。
品質に関するお知らせ

その他(21)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 0
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,400
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 288 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

昭和初期に活躍した小説家、堀辰雄の小説。1923(大正12)年、19歳の時に堀辰雄は結核を発病した。自ら病みつつ、より病状の重かった婚約者に付き添って信州のサナトリウムに入った数ヶ月の経験をふまえて書かれたのが本作である。死を超えて存在する永遠の生と愛とを謳う、透明で純粋な詩情が高く評価された。

内容(「BOOK」データベースより)

夏の高原で私は少女・節子と出会った。運命的な出会いを感じた私たちは結婚を約束する。しかし、節子は病に侵され、その幸せは長くは続かなかった…。その後、私は彼女の無償の愛を知ることに。愛と死と生をテーマとした、悲しくも美しい調べが心を駆け抜ける。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 241 KB
  • 紙の本の長さ: 61 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009AKHZGS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 213件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 無料タイトル - 34位 (Kindleストア 無料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
昔から好きで、古本屋で何回か買っています。
ある意味恋愛もので,私の得意な分野ではないですが、比較的短くすぐ読めるし、内容的にも再読に耐えるものと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
人生を送っていくうえで、不合理やら、人間不信など、様々あり、その中で、どのような生き様を選ぶか、である。
私は、「死ぬときに、後悔しないで済むように」、との考え方で、その都度の選択をしており、目先の利害よりも、「後で後悔しないための、生き方」を選んでいる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アニメに刺激されて読んでみました。悲しい物語で胸が痛くなりました、昔の日本人の思いやりの心を感じ取ることができました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
 堀辰夫の小説で訳出されている「いざ生きめやも」という言葉、小説の中でこの言葉があらわれる場面は、八ヶ岳山麓のサナトリウムに行く決心をした節子の言葉が引き金になっています。

「私 なんだか急に生きたくなったのね….」それから彼女は聞こえるか聞こえないくらいの小声で言い足した。「あなたのお蔭で….」

 その時に主人公は、ヴァレリ−のこの部分を思いだし、「人生そのものよりかもっともっとイキイキと、もっともっと切ないまでに」二人で楽しめる日々を(節子が死ぬ瞬間まで)作ろうと決心しています。けれども、これはもう、ヴァレリ−の生の息吹をもって生き抜こう、というメッセ−ジではないですね。堀辰夫自身の言葉。そのあと、節子の体がしだいに衰弱していくさまが悲しいほど繊細なタッチで描かれていますが、同時に「いざ生きやも」という言葉が消えてしまうことを読者は感じとります。

 これだけの完成度の作品を映画化することは難しく宮崎駿の今回の映画でもやや平凡な恋愛劇に仕立てなおしていますね。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/8/1
形式: Kindle版 Amazonで購入
私が本作品を初めて読んだのは、何十年も前の学生の頃。
今回、再読してみる気になったのは、現在(2013年8月)公開中のアニメ映画「風立ちぬ」(宮崎駿監督)のモチーフのひとつが、本作品であることを知り、映画鑑賞前に、本作品のことを知っておきたくなったからです。

「知っておく」とはいっても、以前に読んでいるのなら、既に「知っている」はずなのですが、若い頃に読んだ私は、「結核という当時の不治の病を題材に、死を美化した純愛小説」という印象しか持たず、内容について、ほとんど記憶していませんでした。

でも、熟年という年齢に差し掛かった自分は、不治の病ではないにしても、仕事を長期間休まなければならない病気を経験してきたこともあり、「病」を通して、「生きること」を実感するという物語は、すんなりと受け止められるものになっていました。

「風立ちぬ、いざ生きめやも」という、一部が題名となった文語混じりの訳詩は、Wikipediaに意味が説明されているので、そちらを参照していただきたいと思いますが、「風」が、生きることへの決意を象徴するというイメージは、今の自分にとっては、心地よく、印象的な言葉として、脳裏に焼き付いています。

本作品は、季節の移り変わりを通して、主人公の「私」が、サナトリウムを囲む自然の美し
...続きを読む ›
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
いいと思います。
映画化?されたし
読んでみる価値はありますよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
文章の美しさが際立っています。情景描写が特に共感を呼びます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Akko 投稿日 2013/11/15
形式: Kindle版 Amazonで購入
アニメの「風たちぬ」との関係がほとんどないことを知りました。これが無料の本でなければ買っていませんから、何かの関係があるのだろうと信じたままだったでしょう。そういう意味で感謝しているとともに、アニメよりは文学作品であるという個人的見解を強くしました。いくらアニメを見ても、こういう綺麗な日本語が書けるわけではありませんから、アニメから興味を持って文学に触れる人たちが増えるといいなあ、と思います。商品レビューにはなっていないのですがf(^^;)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
映画公開待ちきれず、初めてよみました。
内容は、世界の中心で愛を叫ぶのような感じだと思いました。
大人な恋愛です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
子供の頃読書が嫌いでした。

なぜ嫌いだったかその理由をすっかり忘れてましたが

この作品を読んで思い出しました。

楽しくもない作品を名作だから、

という理由で無理やりに読ませようとする人達が

勧める作品がこんな感じの本ばかりでした

私の感性が低俗だからなのか、面白さが

全く分かりません。

そのうちすごく面白くなってくるだろうと

頑張って読み続けました

最後の最後まで読んでしまいました

不覚です。時間を無駄につかってしまいました

全く面白くなかった。

今までこんな面白くない本を無理に読ませようとしなかった

私の両親に感謝します。

おかげで私は読書が大好きです。

うちの親は言ってました。

「面白くないと思った本はそこでやめろ、時間の無駄だ。」

金言です

この本はまさに山無し、落ち無し、意味無し
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover