中古品:
¥ 1,975
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: こちらは国内正規版DVDになります(レンタル商品ではありませんのでご安心くださいませ)。また、アマゾン専用在庫ですので、品切れはありません。ご安心くださいませ。盤やジャケ、ライナー、チラシ、ハガキ等、美品です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

風林火山 [DVD]

5つ星のうち 3.8 13件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:6¥ 5,849より 中古品の出品:15¥ 1,538より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • ※コンビニ払いおよび代金引換での店頭受取の指定は対応しておりませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 三船敏郎, 中村錦之助, 石原裕次郎, 佐久間良子, 大空真弓
  • 監督: 稲垣浩
  • 形式: Color, Dolby, Mono, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2004/12/23
  • 時間: 166 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 13件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00069BMA2
  • EAN: 4988104023049
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 114,461位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   三船敏郎率いる三船プロが、井上靖の原作を巨匠・稲垣浩監督で映画化した大作。武田信玄の懐刀である稀代の戦術家・山本勘助の生き様を通して、戦国時代の人間群像と闘いを描く。勘助に三船、信玄に中村(萬屋)錦之助が扮する他、佐久間良子、中村賀津雄、志村喬、田村正和といった豪華キャストが顔を揃え、クライマックスの川中島で信玄勢と闘う上杉謙信役で石原裕次郎が登場。セリフなしのゲスト的な出演ながら、強烈な存在感を残す。
   単なる時代劇ではなく、勘助と信玄、勘助と由布姫、信玄と謙信等、登場人物たちの心理、行動と人間関係を丁寧に描写しているあたりが出色。もちろんおびただしい数の人馬を動員したスケールの大きな合戦シーンも充分に見応えがあるが、闘いに身を投じることでしか己を表現出来ない、時代に翻弄された男たちの葛藤こそが最高の見どころに違いない。若き日の緒形拳が、飄々としたいい味を見せる。佐藤勝の音楽も爽快に鳴り響く。(斉藤守彦)

内容(「Oricon」データベースより)

井上靖の原作小説を稲垣浩が映画化。武田軍の名参謀として武田晴信に仕える山本勘助の半生を壮大なスケールで描く。三船敏郎を始めとする当時の東宝スターが集結した時代劇。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
この映画は、主演・山本勘助に三船敏郎、武田信玄に中村錦之介(後の萬屋金之助)、上杉謙信に石原裕次郎・・・という、当時の日本映画界を代表するそうそうたる三人が顔を揃えた大作でした。
中でも、主役の三船敏郎の最期のシーンは、何度見ても感涙にむせびますが、特筆すべきは、やはり、その大俳優というものの存在感・・・。
三船敏郎の山本勘助は、普通、あそこまでとんとん拍子にうまく行くはずもないのに、その挙措のすべてにある重厚さで、それが、うまく行くことに、いささかも非現実性を感じさせない。
一方で、中村錦之介扮する武田信玄もまた、その存在感は誰も不平を言えないほどに、家中を圧倒していることに対しても、何の違和感も感じない・・・。
しかし、それよりも、私が特に印象に残っているのが、セリフは一切無い石原裕次郎の上杉謙信でした。

石原裕次郎扮する上杉謙信が、川を挟んで、武田軍と対峙したとき、馬を駆って行軍中に、川向こうの武田方を睨むシーンがあったのですが、見るからに映画俳優・・・って感じのやさおとこの美男子とは違う、その男臭さに、思わず、「本当の上杉謙信という人は、きっと、こういう人だったんだろうな」と鳥肌が立ったことを覚えています。
その意味では、やはり、役者の粒の大きさが、これほどまでに映画を成り立たしめるものなのかと思った逸品でした。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
小谷野さんと言う方が「来週」と言う台詞を槍玉に揚げて批判していますが「来春」の間違いでは?シナリオのいい加減さに文句をつける前に、自分の聴覚のいい加減さをどうにかするべきだと思います。大体ちゃんとストーリー追ってれば展開上「来週」と「来春」を聞き間違える余地など無いはず。理解力もいい加減なのですね。

本編のレビューと関係なのですが、あんまり言い方が酷かったのでつい。

本編は非常に豪華で華やかな戦国絵巻です。
豪華な俳優、力の入った合戦、美しい情景など大作映画に恥じない出来です。
時代考証の面では古さゆえの間違いは多々ありますが、華やかさ実力ともに一流の俳優陣の演技が吹き飛ばしてくれます。
それでも後半はちょっと長く感じますが、終わったとに余韻の残る良作娯楽時代劇です。
決してメジャーではありませんが、音楽も良いです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「風林火山」を映像化したものは多いですが、三船の山本勘助は直球ど真ん中という感じで、策士山本勘助を爽快に演じています。映像そのものは古っぽい、いわゆる昔の時代映画で武張った感じが非常に良いです。

以前、ビデオ2本組でレンタルされたものを見て以来、久々に完全版を見ました。ビデオ1本に編集したトリミング版しか無かったので、完全版は嬉しいです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まそりんガンタンで トップ500レビュアー 投稿日 2004/12/20
一見すれば、三船プロが隆盛を極めた時期に撮られた作品であろうことが容易にわかる大作で、
まずは豪華な出演陣と合戦シーンでのエキストラの多さにに驚く。

井上靖の原作にかなり忠実だが、ところどころ映画的な解釈、演出が取り入れられており実に楽しめる。
特に、原作には無いコメディー的キャラクターの武平(ぶへい)を演じる緒形拳が
とても親しみ易く微笑ましいキャラクターを生き生きと演じており、作品に華を添えている。

また、三船の演じる勘介は原作のイメージと違うという意見があるが、
私にしてみれば、初勘介=三船だったので、むしろ他の役者が演じた勘介に違和感を覚える。
物語終盤、片手に長槍を持ち、騎馬で疾駆する山本勘介の格好良さは三船だからこそ醸し出せたものだと思う。

川中島の合戦を描いた映像は幾つかあるが、結局、いろいろな意味で本作が最高傑作と言えるのではないだろうか。
レーザーディスクが市場に出回リ始めた頃、本作の2枚組のソフトが発売されたが、
そちらはトリミング収録されたものだったので決して納得の行く品物ではなかった。
その点、この製品はワイド収録との事なので、今まで見えなかった部分まで見られることが嬉しい。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
稲垣浩監督ということもあるけど、何しろ尺が長い。165分もある。こういう大作を観るには、観る側に気力・体力の充実が必要である。さもないと途中で寝てしまいそうだ。まぁ、言うほど退屈ではないんだけど。お話は、要するに、甲斐の武田が軍師の山本勘助の知略で連戦連勝し、川中島で上杉軍と壮絶な死闘で引き分けるまでを描いたもの。

キャスティングが凄い。これが1番の見所かもしれない。武田信玄役には中村錦之助。上杉謙信は石原裕次郎。武田の武将で目立ったのは、まず田村正和。信玄の血気盛んな弟、信繁役。若くてハンサム。今みたいな変な喋り方はしない。その他では飯富虎昌役の志村喬、内藤修理役の中谷一郎辺りが手堅い演技を見せているが、最重要人物は中村翫右衛門演じる板垣信方。信方の息子で、父亡き後、勘助のサポート役になるのが、中村賀津雄演じる板垣信里。引き締まった表情の寡黙な青年武将。最初のうちは台詞が無かったが、父が死んでから、スイッチが入ったように喋り出す。中村賀津雄は非常な好演。中村梅之助は萩原弥右衛門に当てられ、足軽の武平には、何と緒形拳。こんな端役でこのレベルの役者を使うとは、なんて贅沢。武田の敵方で目立っていたのは、諏訪頼茂役の平田昭彦と笠原清重役の月形龍之介。でも、月形龍之介の清重はさほどおいしい役ではなかった。

で、主役の山本勘助を演じる三船敏郎だが、
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック