通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
風光る 30 (フラワーコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

風光る 30 (フラワーコミックス) コミック – 2011/6/24

5つ星のうち 3.1 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 風光る 30 (フラワーコミックス)
  • +
  • 風光る 31 (フラワーコミックス)
  • +
  • 風光る 32 (フラワーコミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 小学館 (2011/6/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091338070
  • ISBN-13: 978-4091338075
  • 発売日: 2011/6/24
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
もう少しさくさくさくっと進めていい部分をずっと引き延ばしている展開が続いている気がします。中村がセイにちょっかいを出し続けるパターンもそろそろしつこいなと思います。

そんな中でも、沖田先生がやっとセイに対する気持ちに目覚め、斎藤先生とセイのからみに嫉妬しているようなシーンも出てくるのは進歩かも。これから先、史実通りに進むといろいろと辛い話が待っていると思いますが、どんな風に物語を紡いでいくのか見守っていきたいと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
もしくは、進んでないようで、進んでると言うべきか。

山南さんは、死んだのに、〇子太郎がまだ生きてる〜〜〜
(新撰組をこの本でしか知らない人がいるかもしれないので、ちょっとふせてみました)。
山南さんが死んだときの物語のペースを考えると、非常に遅い…と感じるのは私だけでしょうか。
…話の流れがあるのはわかるけど…それにしても、です。

でも、ここまできたら、油小路はどんな風に展開するのか、次巻に期待…しても大丈夫ですかね。
次の次くらいですかね…
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
連載当初は、目まぐるしい展開でワクワクしながら読んでいました。
作者もよく歴史を勉強されていて、史実に則りながら架空のキャラの主人公を
うまく話しにからませて進むストーリーは、流石だなと思っていました。
・・・しかし、いい加減にして下さい。
全く進まぬストーリー。
最初は「これは今後の展開においての伏線なのか?」と思いつつ
読んでいましたが、何だかストーリーを進ませない為にわざわざ話を脱線させているようです。
主人公も何だかギャーギャーうるさく騒き過ぎでうんざりです。
人気の漫画で巻数を伸ばしたい思惑アリアリで、漫画としてのクオリティがどんどん下がっている
最近の状況は、本当に辟易します。

区切りと思って30巻まで我慢して読んでいましたが、もうやめます。
古本屋に売ろうと思います。

本当に大好きな漫画だっただけに、残念です。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
29、30巻を初めに読んだときは、やはり神谷と沖田の展開に先に目がいってしまうので、
ちょっとうだうだしてきたなぁと思ってました。

でも2、3回じっくり読むと、史実とフィクションを絡めて行くための伏線を、遠回しに遠回しに
敷いてるんだと感じ始めました。(むしろその為にキャラの恋心をもてあそんでいるかのような。^^;)

風光るには、そこここに小さな伏線の種が巻いてあって、読み返すたびに発見があり、そんなところも面白いです。
人間の行動は感情や考えが先にあって生まれるものなので、一見史実に関係なさそうな登場人物の心境なども、
その後の物語を動かすきっかけになるのだということを大切に考え、描いている作家さんだと思います。

国事・恋愛模様と、さまざまな要素が盛りだくさんなので、
注意深く読まないと大事なところを読み飛ばしているのかも…というのが、今回繰り返し読んで感じたことです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック