通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
風光る 29 (フラワーコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

風光る 29 (フラワーコミックス) コミック – 2010/11/26

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 風光る 29 (フラワーコミックス)
  • +
  • 風光る 30 (フラワーコミックス)
  • +
  • 風光る 31 (フラワーコミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 185ページ
  • 出版社: 小学館 (2010/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091334504
  • ISBN-13: 978-4091334503
  • 発売日: 2010/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ポチR トップ100レビュアー 投稿日 2010/12/1
形式: コミック
浮之助さん(一橋慶喜公)とセイの話の続きが3分の1。セイはこのピンチをどう乗り越えるのか?というのと同時に、おちゃらけているかと思えば深く傷ついている浮之助さんが、セイに本心を吐露するところがとても良かったです。そして、いいところで斎藤先生大活躍がうれしかったです。

後半は土方副長と伊東参謀の話が始まります。中村五郎がまた話に絡んできて、沖田先生が「神谷さんが幸せになれるのなら…」と一歩引いてしまうのですが、なぜいつも一歩引く!!とちょっといらいら。もっと自信を持って、セイに向き合って欲しいです。沖田先生。この話でも、登場シーンは少ないですが斎藤先生がいいところで出てきます。話は次巻に続く。土方副長と伊東参謀の関係はどうなるのか…。どう史実につなげていくのか楽しみです。

余談ですが、伊東参謀のキャラクター設定はこれで仕方ないのかも知れませんが、どうも私は好きになれません。正直、ここまで来ると気持ち悪い…。もう少しまともなキャラでも良かったかなと。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 きのコ 投稿日 2010/12/8
形式: コミック
表紙、好きですね。優しい色合いで。それになんか、表紙では久々に二人が同じ方向を見ている気がします。ほほえましいですね。
内容は、今までのことを思えば、動き出したなーという感じです。ここ数巻はちょっと時間の進みが遅すぎたように思ってたので。。
しかし、そういう史実のシリアスな流れの中にも渡辺新撰組の個性が存分に発揮されています。それに、今回は浮さまの言葉に少し考えさせられました(このヒトは好きにはなれないけど)。皆必死に良かれと思ってやってるけどそれが上手くいくとは限らないというか…でもそれを受け入れていくしかないこともあるのだなと。
この漫画に出てくるヒトは、皆基本的に善人です。渡辺先生は性善説なのか??と思うくらいに(笑)。美化しすぎてると思う部分もあるけど、そうした作者の優しい目線もこの漫画の魅力かもしれません。それにしても、いつ読んでも沖田先生、ステキすぎます!!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
新刊が出るたびに購入していたのですが、間延びしつつあったので新刊がでているかチェックも怠っていました。
・・・でもやっぱり面白いですね。
かっし〜が!!かっし〜&トシファンにはやっぱりたまらない展開(笑)
セイちゃんの貞操の危機!・・・よりも萌えました。個人的には。

今回は、すこし新撰組史の進展がありました。
終わってほしくないけど、進んでほしい。続きが読みたい。

表紙に対する作者の愛もとても好きです。
あんまり漫画の表紙についてマジマジとみたり、
考えたりしなかったけど、作者が解説してくれるとなるほど〜と思ってイイですね。
表紙、あとがき、読者の川柳・・・とありとあらゆる角度で楽しませてくれました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
夜伽を迫られたセイを救ったのは斉藤さんーー♪
相変らず 本人には気付かせない男っぷりに涙!!
浮サン(慶喜)の思いもせつなかった。
「・これが過ちでいつかこの世が近藤先生を裁くなら
私も共に裁かれるまで・・」
沖田の言葉はそのまま新撰組みんなの思いなのでしょう。
もはや伊藤参謀に打つ手はないとみた・・・(涙)
この後道を分かつ伊藤参謀をどう描くのか?
新撰組はどうなるのか?渡辺さんの切り口に期待したい
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック