通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
風の谷のナウシカ 6 (アニメージュコミックスワイ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【Amazon配送センターより配送・お急ぎ便対応】中古品のため使用感はありますが、きれいな状態の商品です。※破れはなく良好です。商品によっては多少の書き込みや線引きがございます。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、不良があった場合はご返金(Amazon.co.jpが扱う新品商品と同等の手順に順じます)にて対応致します。領収書の発行には対応いたしておりませんので予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

風の谷のナウシカ 6 (アニメージュコミックスワイド判) コミックス – 1993/11/1

5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1

この商品には新版があります:

風の谷のナウシカ 7
¥ 545
(54)
在庫あり。

この商品はセット買いができます
『風の谷のナウシカ 全7巻セット』 こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 風の谷のナウシカ 6 (アニメージュコミックスワイド判)
  • +
  • 風の谷のナウシカ 7
  • +
  • 風の谷のナウシカ 5 (アニメージュコミックスワイド判)
総額: ¥1,387
ポイントの合計: 43pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

登録情報

  • コミック: 168ページ
  • 出版社: 徳間書店 (1993/11/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4197731205
  • ISBN-13: 978-4197731206
  • 発売日: 1993/11/1
  • 梱包サイズ: 25.2 x 17.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
 貸したら、帰ってこなくなり、2冊目の購入です。度々読むわけじゃないけど、揃えていたい本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
原作は子供には難しいだろうね。原作はこんなもんか‥初めて読んだ。宮崎さんの原作はこんな感じか‥と分かる作品。アニメ化した人偉い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前巻までダラダラ展開で話が遅々として進まなかったのに6巻は急展開!(いやQ展開かなw)

マンガ版『ナウシカ』は宮崎駿がアニメ制作するたび何度も執筆中断して、いつまで待っても完結しなかった。
本当はマンガなんて描きたくなかった宮崎駿は、ストーリーの早期幕引きを図るために、舞台をナウシカの心の世界へ移し、諸問題を一気にかたずけにけにかかったようです。
これはこれで面白いけど、なんか既視感あるな…と思ったら、これって『千と千尋の神隠し』なんだね(爆笑)
でも無理なストーリー変更は設定に矛盾を産む。キャラクターも役割を失って、ユパやテトやクシャナやクロトワやアスベルはどんどんザコキャラ化。興醒めですね。

このあと最終巻の7巻では、さらに話が急展開(ついでに設定の矛盾も肥大化)。
エヴァ…じゃなくて巨神兵を連れたナウシカが旧世界の中枢を破壊して全ての問題を解決(いや厳密には何も解決してないんだが)で物語終了。
(これもなんか既視感あると思ったら竹宮恵子の『地球へ…』と似てるね。ちなみに竹宮恵子は、手塚治虫の『火の鳥』や、石森章太郎の『リュウの道』に影響されてると思うけどね)
これをアニメ化できる人は、庵野しかいないんじゃないかなあ。というか、むしろ6〜7巻を庵野なりの解釈で映像化したものが『エヴァ』なのかも。
(そういえば『ワンピース』がやたら設定に凝るのも『ナウシカ』の影響かしら?)
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/5/24
形式: コミック
私は、このナウシカシリーズの中で、この巻が一番感動させられました。自然の偉大さ、人間の残酷さ醜さ、そしてナウシカの優しさ。それから腐海の秘密も少しずつ解けてきます。ここでは、巨神兵も登場して…後は読んでからのお楽しみです。きっとこの巻を読めば、ナウシカやセルムがあなたにも腐海の秘密を分けてくれます…。
アニメとは一味違った、宮崎駿ワールドを十分に感じる事ができるのではないのでしょうか?
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/4/14
形式: コミック
 初めてこの作品を読んだ時は、もう涙が止まらなかったです。
「人間」をここまで複雑に描けてしまうなんて・・・宮崎駿さんの力にただ圧倒されました。あまりに鮮明すぎる人間の醜さ・・・ナウシカのような人が存在していたら、どれだけ人間は世界にとって良い生き物になれるのだろう・・・尊く、愛おしく、切なかったです。
 映画を見てからこの本を見たので、最初は難しくなかなか話が飲み込めませんでしたが、何回も読むために作られたような本です。映画より何倍も感動します。ぜひ買って、何度も読み返してみてください。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告