通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
風の歌を聴け (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

風の歌を聴け (講談社文庫) 文庫 – 2004/9/15

5つ星のうち 4.1 242件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 16
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 16

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 風の歌を聴け (講談社文庫)
  • +
  • 1973年のピンボール (講談社文庫)
  • +
  • 羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)
総額: ¥1,404
ポイントの合計: 45pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第22回(1979年) 群像新人文学賞受賞

内容紹介

村上春樹のデビュー作
1970年夏、あの日の風は、ものうく、ほろ苦く通りすぎていった。僕たちの夢は、もう戻りはしない――。群像新人賞を受賞したデビュー作

1970年の夏、海辺の街に帰省した<僕>は、友人の<鼠>とビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。2人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてやるうちに、<僕>の夏はものうく、ほろ苦く過ぎさっていく。青春の一片を乾いた軽快なタッチで捉えた出色のデビュー作。群像新人賞受賞。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 168ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/9/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062748703
  • ISBN-13: 978-4062748704
  • 発売日: 2004/9/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 242件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,536位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
『風の歌を聴け』は、

「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」

という印象的な書き出しで始まる村上春樹氏のデビュー作。1979年の作品である。

私がこの作品を読んだのは、今から24年前の1989年。

20代の頃、私は村上春樹氏の作品を読むのが好きだった。

理由など考えなかったが、村上春樹氏の作品を読むと孤独を癒される気持ちがしたのだ。

40を過ぎ、ふと思い立って再読し、その理由がわかったような気がした。

それは、村上春樹氏の作品から滲み出る、

「自分は、友人や恋人と本当に分かり合えることができるのだろうか」

という問題意識に、共感したからである。

例えば、物語の終わりで「僕」が「小指のない女の子」と過ごすシーン。

『「ずっと何年も前から、いろんなことがうまくいかなくなったの。」

「何年くらい前?」

「12、13…お父さんが病気になった年。それより昔のことは何ひとつ覚えてないわ。ずっと嫌なことばかり。頭の上をね、いつも悪い風が吹いてるのよ。」

...続きを読む ›
コメント 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本を読んだのは大学一年生の時。私は自ら孤独に入り込むような人間なので、この本、この作者が合うのだと思います。
だからこそ危険なんです。私にとってこの人は。自ら行動しなくてもなんらかの事柄が良いように降りかかってきて、主人公は退屈していない。女は常にいるし、仕事もある。
気が向いたらセックスをして、コーヒーを飲んで、サンドウィッチをつくり、パスタを・・・。
実際問題として現実に目を向ければ、物事は自分から動かなければ何も進展しない。
私のようなものがこんな生活(人間)に憧れてしまえば、どうなるか。
朝食にコーヒーを淹れ、ハムとチーズのサンドウィッチをつくり、寝る前にワインを片手にドストエフスキーやらフィッツジラルドを読むお洒落な?ひきこもりになってしまう。
私はこの作者の本を読むびに現実と理想のギャップをひしひしと感じてしまうのです。
2 コメント 159人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
まだ20代半ばの頃、何気に読んだ「ノルウェイの森」の魅力にハマり、
次に読んでみたのがデビュー作のこの本。
最初は、「ノルウェイの森」の暗く重々しい感じとは全く違う
この本の妙な軽さに面食らったことを覚えている。

それでも、相変わらず脈略の無いストーリーの中に
唐突に出現するあまりに印象的なフレーズは実に強烈だった。
多くのレビュアーが引用している冒頭の「完璧な文章など・・」
と言う文も「やられた!」と言う感じだったが、
私の心に残ったのは、同じく1ページ目に登場する次の文。
「あらゆるものから何かを学び取ろうとする姿勢を持ち続ける限り、
 年老いることはそれほどの苦痛ではない。」
この一文、ストーリーには全く関係ないのだが、
読後に私はこのフレーズを呪文のように唱えていたものだ。

40歳になって再びこの本を読み返してみて良く判った。
この本、「軽くてお洒落」に見えるのは、ほんの見かけだけでしかない。
実は「若き作家の卵」村上春樹の意地が凝縮されているのだ。
生まれ持っての文才も去ることながら、
様々な海外文学からの引用や、綿密にリズムが計算された文体など、
とにかく練りに練って考
...続きを読む ›
1 コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ボヘミャー 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2009/10/22
形式: 文庫
村上春樹作品で、いまだに読む気が起こるのは、これだけ。
あとはもう「文学」にからめとられてしまって、目も当てられない。
「世界文学」にはなられたのかもしれないが、この作品が持っていた、
なんともいえないバランス感覚、存在感。
この世界に生きることの危うさと現実味を表現しきった作家・村上春樹は、もういない。

ご本人も、このデビュー作と次作の『1973年のピンボール』は、
海外での出版を許可していないらしい。
その点でも、逆の意味で、受けとめ方は一致しているのかもしれない。

表紙(カバー)や、そのイラスト上部に書き込まれている言葉
「A HAPPY BIRTHDAY AND WHITE CHRISTMAS」などもふくめて、愛らしい、愛すべき作品。名作。

『1973年のピンボール』が出た後あたりで、鴻上尚史氏が週刊誌の連載エッセーで書いていた
「村上春樹の骨は俺がひろう」という言葉が、思いの共有者として印象的だった。

*手に入りやすいのは文庫本だが、それではこの作品の魅力がほとんど味わえない。
やはりこの単行本でなければならないでしょう。あの薄さ、重さ。そのたたずまいも、この作品の美点。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー