風と共に去りぬ [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

風と共に去りぬ [DVD]

5つ星のうち 4.3 197件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 616 (40%)
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:19¥ 880より 中古品の出品:5¥ 900より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ風と共に去りぬ (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 風と共に去りぬ [DVD]
  • +
  • ローマの休日 日本語字幕版 オードリー・ヘプバーン グレゴリー・ペック FRT-096 [DVD]
  • +
  • ティファニーで朝食を [DVD]
総額: ¥2,368
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: ビビアン・リー, クラーク・ゲーブル, オリビア・デ・ハビランド, レスリー・ハワード
  • 監督: ビクター・フレミング
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2010/04/21
  • 時間: 232 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 197件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003EVW5HI
  • JAN: 4988135804853
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 4,562位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


スカーレット・オハラよ、永遠に。
全世界で永遠の記憶に残る、マーガレット・ミッチェル原作の不朽の名作。


1861年。アメリカ南北戦争直前のある日、ジョージア州タラで、大園遊会が開かれた。いつもパーティーの女王であったスカーレットは、その日、心に決めていた男性アシュレーと彼のいとこのメラニーの婚約が発表されると聞き怒り悲しんでいた。その夜、ついに南北戦争が勃発。激動のアメリカを舞台にスカーレットは強く、激しく生きていく。1939年度に、作品賞、監督賞をはじめ10部門のアカデミー賞を独占したビビアン・リー、クラーク・ゲーブル主演で贈る映画史上に残る永遠の傑作。


【映像特典】
・ オリジナル劇場予告編

内容(「Oricon」データベースより)

アカデミー賞10部門を獲得し、今もなお多くの映画ファンに愛されている不朽の名作。ビビアン・リー、クラーク・ゲーブルほか出演。「WARNER THE BEST ¥1,500」対象商品。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
久しぶりに、4時間近い長篇映画『風と共に去りぬ』(DVD『風と共に去りぬ』<ヴィクター・フレミング監督、ヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲーブル、レスリー・ハワード出演、ワーナー・ホーム・ビデオ>)を見て、長いこと、私はこの映画を勘違いしていたことに気がついた。

南北戦争時代のアメリカ南部の大地主の娘、スカーレット・オハラの波瀾の半生を描いたこの作品のテーマは、激しい気性のヒロインが、明日に希望を託して、絶望の中から立ち上がることに象徴されているとする説がほとんどであるが、人を愛することの難しさが真のテーマではないかと気づいたのである。

スカーレットはわがままで自己本位だが、他人に影響されない自分の意見を持っている。また、そういう立場に置かれると、強い責任感を発揮する。その上、商才にも長けている。

しかし、近郊の大地主の息子で紳士的なアシュリー・ウィルクスとの結婚を強く望み、アシュリーが他の女性と結婚した後も容易には諦めない。一方、スカーレットのために危険を冒し、スカーレットを支え続ける無頼漢、レット・バトラーなど歯牙にも掛けない。

南北戦争の南部敗北という大災禍を経て、スカーレットはレットとの意に染まぬ結婚を受け容れるが、依然としてアシュリーのことを思い続けるスカーレットとレットとの結婚生活はう
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bluesnow トップ500レビュアー 投稿日 2017/2/11
形式: Blu-ray
30年近く前に原作にはまってから、原作も映画も何度も見返しています。頭の中で原作の描写が補ってる部分がかなりあるので、映画っだけ見てる方とは印象が違うかもしれません。
この年でみると、特に前半のスカーレットの未熟さがつらいなあ、と思う部分もありますが、故郷タラという土地への愛執と、それと結びついた原初的なエネルギーが何か、ここまで自分に正直に生きてみたい、とこの年でみても、思わせられ、涙がこぼれる映画です。
映画だけの評価だとしても、南北戦争を背景にした壮大な愛のすれ違い、女性たちの服飾の美しさ、レットバトラーのかっこよさ、何よりヴィヴィアンリーの美貌には心奪われます。最後のレットバトラーのセリフとアシュレイの配役だけは納得いきませんが、、、。
今回メラニー役のオリヴィア・デ・ハヴィラントが知的で美しく、この映画のもう一人の主人公なのかもなあ、と感じました。これは原作との大きな違いのような気がします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
南北戦争の混乱期、強くしたたかに生きていこうとするスカーレット・オハラと、スカーレットを時にはからかったりしながらも大事な時には助けてくれるレット・バトラーが素敵です。スカーレットは自分勝手にも見える女性ですが、ヴィヴィアン・リーの圧倒的な美しさと気高さで、十分以上カバーしています。レットは原作者がクラーク・ゲーブルをイメージしただけあって、クラーク・ゲーブルのプレイ・ボーイぶりとスカーレットには一途な所がはまっています。かつてレット・バトラーみたいな男性が理想という女性が結構いましたが、自立を望む女性にとってはこういうタイプが都合がいいのですね。今から見るとキザに見えますがw
風と共に去りぬは我が国の小説、ドラマ、少女漫画などにも影響を与えていて、最近では朝ドラ、カーネーションのヒロインがスカーレット・オハラのようとも言われました。これがあれの元ネタだったという視点で見ても面白いです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
 ラブストーリーというと、ジェイムズ・キャメロンの「タイタニック」のように死別であっても、二人の愛は不滅とか、あるいはまた、「カサブランカ」のごとく、訳ありの切ない別れであっても、無残な結末にはならない。「風と共に去りぬ」は、互いの誤解が最後まで解けずに救いのない悲劇的破局で終わる。悲劇的ロマンスの代表のような、ロミオとジュリエットだって、レッドとスカーレットより幸せだろう。皮肉な運命に見舞われても、愛し合ったままで亡くなったのだから。「風と共にさりぬ」ほど、ここまで、悲劇的な愛憎劇は、珍しいだろう。シラノ・ド・ベルジュラックのような、一方的な片思いによる悲劇なら、日本の「男はつらいよ」
も、そのひとつで、ごろごろあるけどね。(注;正確に言うと、「男はつらいよ」は片思いばかりではない、本気で寅に惚れたマドンナが少なくとも3人いる。驚いたことに、惚れられた寅は、なすすべもなく、この幸せを逃している。馬鹿だね~~)
 南北戦争という歴史的な出来事に目を向けてみると、KKK(Ku Klux Klan)の扱い方が興味深い。世界の映画史に必ず登場してくるD.W.グリフィスの「国民の創生」(1915)が、やはり、南北戦争を扱っているが、その第二部で、奴隷解放令で自由になった黒人に支配されて、白人が迫害されている南部アメリカのために、彗星のごとく白装束に白頭巾の正義の味方KK
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。dvd 邦画