風と共に去りぬ [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

風と共に去りぬ [DVD]

5つ星のうち 4.3 209件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 989 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 554 (36%)
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ風と共に去りぬ (字幕版)¥ 0で観る

人気タイトルをまとめ買い!
この商品は「DVD どれでも3枚 3,090円」キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらのリンクをご参照ください。 対象商品の一覧 へ

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 風と共に去りぬ [DVD]
  • +
  • ローマの休日 日本語字幕版 オードリー・ヘプバーン グレゴリー・ペック FRT-096 [DVD]
  • +
  • ティファニーで朝食を [DVD]
総額: ¥2,427
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ビビアン・リー, クラーク・ゲーブル, オリビア・デ・ハビランド, レスリー・ハワード
  • 監督: ビクター・フレミング
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2010/04/21
  • 時間: 232 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 209件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003EVW5HI
  • JAN: 4988135804853
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 4,396位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


スカーレット・オハラよ、永遠に。
全世界で永遠の記憶に残る、マーガレット・ミッチェル原作の不朽の名作。


1861年。アメリカ南北戦争直前のある日、ジョージア州タラで、大園遊会が開かれた。いつもパーティーの女王であったスカーレットは、その日、心に決めていた男性アシュレーと彼のいとこのメラニーの婚約が発表されると聞き怒り悲しんでいた。その夜、ついに南北戦争が勃発。激動のアメリカを舞台にスカーレットは強く、激しく生きていく。1939年度に、作品賞、監督賞をはじめ10部門のアカデミー賞を独占したビビアン・リー、クラーク・ゲーブル主演で贈る映画史上に残る永遠の傑作。


【映像特典】
・ オリジナル劇場予告編

内容(「Oricon」データベースより)

アカデミー賞10部門を獲得し、今もなお多くの映画ファンに愛されている不朽の名作。ビビアン・リー、クラーク・ゲーブルほか出演。「WARNER THE BEST ¥1,500」対象商品。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 響子 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/10/25
形式: DVD Amazonで購入
映画本編が大好きな作品で、本編自体の魅力と素晴らしさはもちろんですが、本商品を購入した決め手は、映像特典の豪華さと入手しやすい価格になったことです。

映像特典の一例を紹介します。

DISC3『映画について』164分
*幻のメイキング(約123分)
 原作が書かれた背景、映画化実現まで、スクリーンテスト、キャスティングについて、監督交代、オスカー授賞式など。スクリーンテストの風景が面白く、P・ゴダード、J・アーサー、J・ベネット、L・ターナー、S・ヘイワード、メルヴィン・ダグラス達の演技が見られます。また、大プロデューサー・セルズニックの人間像がよく理解できるメイキングでした。
*伝説の修復(約18分)
*ニュース映画:1939年プレミア(約4分)
*劇場予告編集
*F・ジンネマン監督の短編映画etc

DISC4『キャストについて』180分
*メラニーの思い出(約39分)O・デ・ハヴィランドが語る撮影裏話など
*ドキュメンタリー クラーク・ゲーブル(約65分)
*ドキュメンタリー ヴィヴィアン・リー(約46分)
*名わき役たち(約30分)

映画本編には、映画歴史家ルディー・ベルマーによる音声解説がつ
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
1939年の作品ですが、21世紀になってもすばらしい
不朽の名作、3時間強の超大作です

ビビアン・リーの美貌とくるくる変わる愛らしい表情にうっとり
クラーク・ゲーブルが渋くて大人の男の色気たっぷり

アシュレーに何度ふられても、想いを寄せるスカーレット
「僕らは違いすぎる」「君の情熱と生命力に魅かれるよ」
遠回しな「キライじゃないけど、結婚はムリ」は通じないってば・・・

エネルギーに満ち溢れたスカーレットは「私を愛してるはずよ!」とくいさがるところがいじらしい
戦争で何もかも失っても、夫を亡くしてもへこたれず、泣きながら歯をくいしばって立ち上がる
美しいけど頑固でプライドが高く、すさまじく力強いスカーレット

何度もテレビで観ましたが、娘・妻・母と私の立場は変わっても
この作品からは「生きる」というエネルギーをもらえます
そして、つい忘れがちな身近にある「愛」を大切にしなければという教訓も感じます

原作も読んでいる方が楽しめると思いますが何しろ長編ですし、映画を堪能してから読むのもいいと思います
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ring999 投稿日 2015/10/24
形式: DVD Amazonで購入
最初に購入したビデオテープ、3万円以上したのに、DVDで1000円未満。時代の推移に愕然。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
現代の若者にも是非見て欲しい名作
ビビアン・リーがとても素敵!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
 確か 2部作だったように思うが、1940年代の代表作。長蛇の列に並んで満席の中で観た思い出がある。今 ゆっくりと 繰り返し鑑賞できるのは幸せである。ビビアンリーとボガードの演技はいつ見ても変わらない。やはり 名作である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ずっと探していた吹き替えの人たちでした。最高です。特に、メラニーが
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
久しぶりに、4時間近い長篇映画『風と共に去りぬ』(DVD『風と共に去りぬ』<ヴィクター・フレミング監督、ヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲーブル、レスリー・ハワード出演、ワーナー・ホーム・ビデオ>)を見て、長いこと、私はこの映画を勘違いしていたことに気がついた。

南北戦争時代のアメリカ南部の大地主の娘、スカーレット・オハラの波瀾の半生を描いたこの作品のテーマは、激しい気性のヒロインが、明日に希望を託して、絶望の中から立ち上がることに象徴されているとする説がほとんどであるが、人を愛することの難しさが真のテーマではないかと気づいたのである。

スカーレットはわがままで自己本位だが、他人に影響されない自分の意見を持っている。また、そういう立場に置かれると、強い責任感を発揮する。その上、商才にも長けている。

しかし、近郊の大地主の息子で紳士的なアシュリー・ウィルクスとの結婚を強く望み、アシュリーが他の女性と結婚した後も容易には諦めない。一方、スカーレットのために危険を冒し、スカーレットを支え続ける無頼漢、レット・バトラーなど歯牙にも掛けない。

南北戦争の南部敗北という大災禍を経て、スカーレットはレットとの意に染まぬ結婚を受け容れるが、依然としてアシュリーのことを思い続けるスカーレットとレットとの結婚生活はう
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー