日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

風が吹くまま(字幕版)

 (4)
1時間58分1999NR
テヘランから、クルド系の小さな村を訪れたテレビ・クルーたち。彼らは独自の風習で行う村の葬儀の様子を取材しに来たのだが、村を案内する少年ファザードには自分たちの目的を秘密にするよう話して聞かせる。男たちは、危篤状態のファザードの祖母の様子をうかがいながら、男たちは数日間の予定で村に滞在する。だが数週間経っても老婆の死は訪れず、ディレクターのべーザードは、予定外の事態に苛立ちを募らせる。麦畑に囲まれた美しい風景のなかで繰り広げられる、主人公と個性豊かな村人たちとのユーモア溢れるやりとり。死を待つ時間という特異な瞬間を写し、キアロスタミの人生哲学をたっぷりと堪能できる一作。1999年ヴェネチア国際映画祭審査員グランプリ受賞作。(C)1999 MK2 PRODUCTIONS-ABBAS KIAROSTAMI

プライムで¥0で視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

プロデューサー
アッバス・キアロスタミ
提供
myシアターD.D.
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち5.0

4件のグローバルレーティング

  1. 100%のレビュー結果:星5つ
  2. 0%のレビュー結果:星4つ
  3. 0%のレビュー結果:星3つ
  4. 0%のレビュー結果:星2つ
  5. 0%のレビュー結果:星1つ
並べ替え:

トップレビュー日本から

Green Room2016/07/06に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
生きている、ということの意味
お婆さんが、もうじき死ぬんだ。
死んでゆくはずのお婆さんは、いつまで待っても死なない。予定通りに行かない。だから何事も起こらない。
広い、美しい野原の中の道で交わされる言葉が、折に触れて思い出される。
字幕だから、実際はどう話したのかはわからない。伝わってきたのは、
平凡な人々が、見慣れている自然、親しんできた四季のなかで生きている、生きるって、それだけでいいじゃない?
みたいな心だった。日本人と繋がっているような気がした。
キアロスタミの傑作。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
アマゾン花子2006/07/26に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
風が吹くままに人を愛する
人は忙しくても暇であってもいけない。どちらであっても仕事を中心にして生きている点では変わりがない。撮影クルーの男は人を車になぞらえ、共に働きすぎるとオーバーヒートしてしまうと言う。「僕は悪人か?」と子供に問いかけ自分の仕事にわずかな疑念を抱きながらも、仕事の電話がくればすべてを放り出して丘へと車を飛ばしていく。

葬式の取材で頭が一杯になっていた彼は、取材の打ち切りが決定的になったことで愛する心を取り戻す。親切にしてくれた井戸堀りの男の生死の分かれ目を前にして、彼はためらうことなく助けを呼びに飛び回り、更に老婆の診察を医者に依頼するようになる。彼は詩人の言葉のように、風が吹くままに人を愛するようになる。もはや人の死を待ち望むことはない。

仕事から解放された彼は村を出る時、カメラを村の女たちに向け夢中でシャッターをきる。村を出ようという時になって初めて村人を愛している自分に気づいたかのように。キアロスタミは幾つかの映画の中で、死に触れてこそ生の輝きがわかるようになるということを教えている。別れ道にさしかかった時、初めて人は自分の歩んで来た道を振り返るようになるのである。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
放蕩者2004/01/18に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
日常を切り取る監督
これは、僕が初めてまともに見たキアロスタミ監督の作品です。
始めはストーリーの展開も少なく、会話もまどろっこしくて
退屈でした。映像が綺麗だからとそれだけで見ていると、だんだん
ストーリーが動き出す。しかしもちろん、ハリウッド映画のように
ド派手ではなく、あえて静かに。
この作品で特に印象的だったのは、医者の言葉。
「響きのいい約束よりも、目の前のぶどう酒だ」
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
poet*synd*2003/01/12に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
キアロスタミ監督の最高傑作
キアロスタミ監督の映画の中でも私が一番好きな作品です。子供を撮るのが好きな監督ですが、この映画では主に一人しか出てきません。そして田舎の素朴さをそのまま映したようなその一少年の表情を見ただけでも「いいなあ」と思ってしまいます。映画を見終わってまさに生きることをゆっくりと自然に問いかけてくるような、そして同時に一つの答えを導きだしたような、そんな印象を素直に受けました。風景が美しく、またジグザグの山道をここでも違った形で描いています。この映像美はすばらしい。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示