題名のない子守唄 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【Amazon配送センターより配送・お急ぎ便対応】中古品のため使用感はありますが、非常に良い状態で、再生に問題がなく大切に扱われている商品です。※破れ・シミはなく良好です。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、不良があった場合はご返金(Amazon.co.jpが扱う新品商品と同等の手順に順じます)にて対応致します。領収書の発行には対応いたしておりませんので予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

題名のない子守唄 [DVD]

5つ星のうち 4.4 20件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,000 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,104 (27%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Prime Centerが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 題名のない子守唄 [DVD]
  • +
  • シチリア! シチリア! [DVD]
  • +
  • 海の上のピアニスト [DVD]
総額: ¥4,978
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ピエラ・デッリ・エスポスティ, クラウディア・ジュリーニ, クセニア・ラパポルト, ミケーレ・プラチド
  • 監督: ジュゼッペ・トルナトーレ
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2008/05/30
  • 時間: 121 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 20件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00147TURM
  • JAN: 4907953025875
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 33,148位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

■ジュゼッペ・トルナトーレ監督が6年ぶりに贈る感動作!
■トルナトーレ作品に欠かせないエンニオ・モリコーネの音楽!
■イタリア・アカデミー賞(ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞)主要全5部門受賞作品!
米アカデミー賞(R)イタリア代表作品選出
第1回ローマ国際映画祭 特別招待作品
第29回モスクワ国際映画祭 監督賞・観客賞受賞

ストーリー
心に深い傷を負い、過去に囚われたままの女イレーナ。今の彼女を支えているたったひとつの願い。それは生き別れた自分の子供を見つけだすこと。東欧の国から、ふたたび悲しい記憶にまみれたイタリアに舞い戻った彼女は、素性を隠して、ある裕福な家族のメイドとなり、やがてその家の一人娘テアとの間にほのかな愛情を育んでゆく。しかしイレーナの心に秘めた想いは、忌まわしい過去からの魔の手によって掻き乱されていくことになり…。

<映像特典>
・メイキング(約29分)
・オリジナル特報
・日本版劇場予告
・監督来日インタビュー

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『マレーナ』のジュゼッペ・トルナトーレ監督によるミステリードラマ。生き別れた自分の子供を見付け出すという想いを支えに生きる女・イレーナ。東欧の国からイタリアに舞い戻った彼女は、素性を隠してある裕福な家庭のメイドになるが…。R-15作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
軽い気持ちで見始めたことに非常に後悔を覚えました。

映画の冒頭でイメージしていたものと違う(?)と混乱しました。
イレーナの過去の一部だったんですね。その後もフラッシュバックが何度も入ります。
最初、このフラッシュバックがどう繋がって行くのか解らず??っとなりましたが、それがイレーナの謎めき加減を増幅させ、良い意味で緊張させられます。
テアとの束の間の幸せな日々は、手に入れる過程も手に入れてからも生半可な愛情では成し得ないことだらけで、いかにイレーナの母性愛が強いかを映し出しています。
そして忌まわしい過去からの追撃が始まり、ミステリアスな雰囲気からサスペンスへ…物語は加速します。
イレーナは救いようの無い絶望の底まで落とされてしまいますが、ラストはすべての重荷から開放されるような、爽やかで温かいシーンでした。

テーマの重さに徐々に気づかせ、しかし後に残さないという構成はまさに秀逸。
イチゴを食す美しくも儚いシーンや、俳優たちの言葉ではなく表情で語る表現力など、見逃せないシーンが沢山散りばめられています。

あぁもっと真面目に真摯な気持ちで見始めればよかった…
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 FULLCOUNT 投稿日 2009/3/31
「最後だけ予定調和だったのが残念でならない」というレビューがありますが、ボクは「せめて最後くらいはこうでないと」と思いました。ラストシーン直後のシーンを描いていない点も観客に余白を残した形となり、絶妙だと感じられました。

良い意味で、全編を通して裏切りの連続で飽きさせない作りでした。これこそ「映画」といった作りで、見終わった後に「時間を返せ〜!」と叫びたくなるような映画が多い中、久しぶりに見てよかったと思える作品でした。劇中のおどろおどろしい音楽もラストシーンからエンドロールへと流れる美しい旋律のためのもので、ずっと張り詰めていた糸がようやく切れたときには涙が流れ落ちること必至です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
あるサイトにこの映画についての座談会形式のレビューが掲載されていて、思わず突っ込みを入れたくなってしまった。女の子を何度も床に転ばす場面が出てくるが、あれが虐待だというのである。正直情けなくなった。あの場面を理解できなければ、この映画の本質はまるで理解できないということになる。トルナトーレ監督に同情した。こんな観客ばかりでないことをここのレビューを読んでほっとした。あの場面は、この映画の肝の部分である。あの子は反射神経と自己防衛力が低いのだ。だから一見虐待に見えるけれどもああして鍛えないと防衛能力が身に付かないのだ。自分のことは自分で守る。つらい現実を生き抜いていくには自分が強くならなくてはならない。それを自分の壮絶な体験を得た上で教え込もうとしているのだ。実の娘だと思っているからこそあの行為ができるのだ。これほどの愛情表現がどこにあるだろう。だからあのラストにつながるのだ。たとえ違っていたとしても自分を本当に愛していてくれた人の真の愛情を受け止めたからこそあの子は迎えに来たのだ。惜しむらくは最後、望遠で撮っているのだが、すぐに誰が来たのか観客全員に簡単にわかってしまうこと。ここにちょっとしたサスペンスがほしかったんだけどなぁ。ここだけ予定調和だったのが残念。
イチゴの描写は見事ですね。この映画で最も美しいシーン。さすがトルナトーレ。
近年の客の多くが映像で語られている事を理解できないのは、何とも悲しい現実だな。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
長距離バスから降り立った女性イレーナ。彼女はある高級レジデンスの向かい側のアパートに部屋を借りる。そのレジデンスで清掃員の仕事を得た彼女は、ある家族の住む部屋を窓越しから見つめる。その横顔に凄惨な過去を隠しながら…。

冒頭から、謎めいたヒロインが不可思議な行動をしていく。いったい彼女の目的は何なのだろうか。彼女の背負っている過去はいかなるものだろうか。そうした問いを観客に抱かせながら進んでいくミステリー。
過去の回想を挿入する手際が見事。万引きしたと誤解されて受けたボディデェック。車の運転中の揺れ。起こりうる平凡な日常のワンシーンに、凄絶な記憶のフラッシュバック。はじめはほんの断片のみですが、そのぶん観る者は好奇心をくすぐられ、彼女の過去を知りたいという欲求が刺激されます。そして徐々に彼女の惨たらしい過去が解き明かされ、最後に彼女につきまとう陰惨な影の正体が暴かれたとき、胸をしめつけられる苦しさを味わざるをえません。

イレーナが防衛本能に欠陥がある実の我が子を、涙ながらに訓練するシーンは本当に痛ましい。少女を床に叩き付けるとき、少女に罵声を浴びせられたとき、イレーナの悲しみとやるせなさの浮かぶ表情が胸をうつからです。その結果、彼女の悲壮なまでの愛情は少女にも伝わり、二人は固い絆で結ばれる。「母性」というものの強さをかいま見た気が
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー