通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
頭文字D(1) (ヤンマガKCスペシャル) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

頭文字D(1) (ヤンマガKCスペシャル) コミックス – 1995/11/2

5つ星のうち 4.4 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 566
¥ 566 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 頭文字D(1) (ヤンマガKCスペシャル)
  • +
  • 頭文字D(2) (ヤンマガKCスペシャル)
  • +
  • 頭文字D(3) (ヤンマガKCスペシャル)
総額: ¥1,698
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

実家の豆腐店の配達を手伝っていた拓海。だが彼の駆る車AE86、そして彼自身はとんでもないポテンシャルを秘めていた。

著者について

しげの 秀一
1983年より『バリバリ伝説』を週刊少年マガジンにて連載。1985年に同作にて講談社漫画賞受賞。1995年より『頭文字〈イニシャル〉D』連載、現在も連載中。その他の作品に、『トンネルぬけたらスカイ☆ブルー』、『DO-P-KAN(どっぴ~かん)』など。


登録情報

  • コミック: 231ページ
  • 出版社: 講談社 (1995/11/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406323567X
  • ISBN-13: 978-4063235678
  • 発売日: 1995/11/2
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ぶた トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/1/4
形式: Kindle版 Amazonで購入
一巻の時点で優秀なギャラリーによる解説もあり、説明不足な点もないのでわかりやすいです。同級生の女の子の話は必要ないかと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
峠を攻めるの?走り屋なの?そんなのうちら興味ないし・・・とか思いがちですが意外にも女性向け(特に腐)のお話だったりします。(不自然なほど)イノセントな高校三年生の拓海くんが主人公です。運転の才能ゆえにたくさんの男たちにバトルを挑まれる・・・というのが主軸のストーリーですが、その「男たち」の拓海君に寄せる興味に深さがあまりにも凄まじくて興味を引きます。特に美形兄弟が出てきたあたりから腐女子の頭に「?」が浮かんでくること間違いなしです。「アニキったらなんで薔薇の花束?」とか「拓海君ったら頬染めちゃったりしてるけどこれって公式?」とかこんな設定が何十年も前の少年漫画にあったなんて日本ってホントすごいですね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sk_sk VINE メンバー 投稿日 2015/12/11
形式: Kindle版 Amazonで購入
買ったばかりのKindle端末で無料コミックのコジキ漁りしてて1~3巻を入手。
勿論、有名な本作品のことは昔から知ってましたが今までちゃんと読んだことは有りませんでした。
私は運転はしますが、車の知識に関しては一般ドライバーと変わりませんし、付いていけないだろうとか思いが有ったのかも知れません。
講談社の期間限定でない序巻限定無料コミックスが点在してますが、
編集部の手腕に感心します。「どのくらい無料でもいいから取り敢えず読ませてしまえば、食い付いて来るか」というような辺りを見事計算してる感じです。他の無料コミック含め、このイニシャルDにも見事やられました。
続きが気になって仕方ない有り様です。3卷を読み終えてから速攻続きを読みに行き今10巻迄終えましたがまだ先を読みたい気持ちは萎えません。
大した車知識も無い自分が走り屋物をこれ程面白いと思えるとは。
と云うか、知らない者が知らなかった事を知る面白さや愉しさが在ります。
正直、これをもっと昔に読めてたら走り屋を目指してたかも

と、迄は流石に言い過ぎですが、何か違ってたかもと思えるほどの作品かも知れません
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
Kindleの無料本でゲット。
僕のようなアラフォー世代なら誰でも名前だけ知ってるような作品なんだけど、僕は本当に名前しか知らなくて初めて読んでみた。

うーん、でも車でドライブしてどこかに行くことが好きな僕は、あんまり走りそのものには思い入れが無いんだよね。
なので、峠を攻める場面を読んでも「スゲー!」って思いは無かったのが正直なところ。

とはいえ、青春マンガという意味では楽しめたかも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
物語に登場するドライビングテクニックは、
実際にはあり得ないスーパーテクニックですが、
全てのテクニックは
理論上では成立してしまうので
違和感なく受け入れられ痛快です。

作者、しげの秀一氏が、
アシスタントにまかせる事の出来ない
拘り満載のストーリーと情景描写は圧巻。

このマニアックな拘り方でありながら、
走り屋、車好き以外の人でも
普通に受け入れられてしまう
不思議な魅力を持つマンガです。

また登場人物の人間関係も魅力の一つです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 剣鮫仮面 VINE メンバー 投稿日 2013/4/7
形式: コミック
楽しめる作品です。 主人公、藤原拓海はボーッとしてて何考えてんだか解らない奴ですが、家の豆腐配達で鍛えたテクニックでダウンヒルのスペシャリストなのです。
ある日、バイト先の先輩の所属する走り屋チームの助っ人としてバトルに参加することになるのですが。。

この作品、単なる走り屋マンガでわなく登場人物の描写がしっかりしています。
相棒、イツキは冴えない奴ですが何故か拓海と気の合う仲間でバイトに遊びに、いつもつるんでるいい仲間です。
ライバルとなる相手も血気盛んな若造や冷静に走りを追及する天才肌。 ジャイアンみたいな雰囲気でハチロクをコキ下ろす輩。(実際、バトルで完膚なきまでに叩きのめし、ハチロクは再起不能寸前にまで追い込まれます。) 援交してる女友達との確執。(後に彼氏彼女の関係になるのですが、ここは無理があるような) 現在は豆腐屋のおやじ、実は伝説の走り屋の拓海の父親。(走りに関しては拓海の上を行く 。らしい。) 出てくるクルマが86、RX7FD・FC、HR32GTR、ランエボと身近なスーパースボーツなのも好感持てます。 バトルの描写が圧巻で作者が本当にクルマが好きで、かなり走り込んでいることが伺えます。 余談ですが。この影響で本当にFD、FCを買いにディーラーへ赴いた奴がいたと聞きました。 たぶん86も。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー