この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

頭文字[イニシャル]D THE MOVIE スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.2 129件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ頭文字D the movie (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: ジェイ・チョウ, 鈴木杏, エディソン・チャン, ショーン・ユー, アンソニー・ウォン
  • 監督: アンドリュー・ラウ, アラン・マック
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語, 広東語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: エイベックス・ピクチャーズ
  • 発売日 2006/02/15
  • 時間: 109 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 129件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000C1V7SQ
  • EAN: 4988064224975
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 42,591位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

下り最速の伝説。

この夏の大ヒット映画「頭文字<イニシャル>D THE MOVIE」が早くもDVDで蘇る!
総売上部数4,000万部突破中、コミックスの金字塔「頭文字(イニシャル→ルビ)D」 が、ファン待望の完全実写化!
CGを一切使わない、爽快&迫力のカーアクション・エンターテインメント!生ドリフ トを見逃すな!

<スタッフ・キャスト>
原作:しげの秀一「頭文字D」(講談社「ヤングマガジン」連載中)
出演:ジェイ・チョウ/鈴木杏/エディソン・チャン/ショーン・ユー/アンソニー・ウォンほか
製作:アンドリュー・ラウ 監督:アンドリュー・ラウ/アラン・マック 

<STORY>
家業である豆腐屋の配達をすることで、知らぬ間にドライビング・テクニックを自分 のモノにした藤原拓海。幼なじみの茂木なつきとの交際を始めたばかりの普通の高校 生である彼の前に次々と現れる、スピードの魔力にとり付かれた峠のスペシャリスト たち。愛車ハチロク(トヨタ/AE86/トレノ)と父親・文太から受け継いだ天性の才能 を武器に、「赤城レッドサンズ」の高橋涼介や「妙義山ナイトキッズ」の中里毅らの 挑戦に立ち向かう拓海。秋名山の峠を舞台にドリフト・テクニックを競い合う、この 熾烈なカーバトルを制するのは誰だ!?

<商品仕様>
本編ディスクのみ

Amazonレビュー

   日本の人気コミックを、香港のアンドリュー・ラウとアラン・マックが監督。鈴木杏以外のメインキャストとして、香港、台湾の俳優が共演している。藤原とうふ店の息子、拓海は、日々の配達と父の指導で、下り坂の急カーブもハイスピードで走行するテクニックを身につけた。スピード自慢のドライバーたちから勝負を挑まれる拓海。究極のカーアクションと、主人公の青春ドラマがうまくマッチした展開だ。
   アジア各国で絶大な人気を誇るシンガーのジェイ・チョウが、長編映画に初主演。その初々しい演技は、拓海の不安定な心にぴったり合っている。原作にも登場する榛名山で撮影された走行シーンは、カーアクション映画史に残るといってもいい迫力。ガードレールぎりぎりで急カーブを曲がっていく映像に、ドライバーの足の動きや表情などが巧みに編集され、この上ないスピード感と臨場感を再現することに成功した。拓海の愛車「ハチロク(トヨタスプリンタートレノAE86)」の機能を存分に生かしたドライビング・テクには、マニアも納得するはず。広東語版は鈴木杏らが、日本語版は他のキャストが吹き替えで、やや違和感もあるが、アジア映画界のボーダーレスを実感させる意味で、評価されるべき作品である。(斉藤博昭)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
原作のコミックをご存じの方は総じて酷評のようですが、私は原作を全く知らずに観ましたので、純粋に映画として楽しめました。
単純に、音楽も走りもカッコ良くて、ほろ苦い青春ストーリィも絡めてあって良かったと喜んでいるのですが、原作を気にしなければそれで良いのではないでしょうか?あくまでこの作品自体を評価すべきであって、皆さん原作と比較し過ぎるような気もいたします。

あと私が強く感じたのは、この映画が日本でロケを行ったことを差し引いて考えても、この監督は日本情緒をとても上手に出したな、と。日本との合作ではないのですから、監督さんの感性に依るものでしょう。同じ日本ロケでも、欧米人の監督ならこうはいかないと思います、妙にオリエンタルムードを強調したりして。
主人公の古い日本家屋の家の、部屋の雰囲気。田舎の安キャバレー。道端のお地蔵さん。正確に描きながらもさりげなく‘日本’をアピールしているような‥。このあたりの映し方がとても巧みで、感心しました。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
アジア各国(香港、中国、台湾、マレーシア、シンガポール..)でぶっちぎりトップの興行成績を収めたこの映画。

大ヒットの要因は、『インファナル・アフェア』 シリーズでお馴染みの監督、俳優が勢ぞろいしたこと、中華圏でも人気の

コミックを映画化したことに加え、今、アジアで最も成功を収めているミュージシャン、

ジェイ・チョウが主演したということが非常に大きい。

音楽の天才が、今度はスクリーンでどんな演技を見せるのか?

フタを開けてみれば、「普段はフツーの高校生」がひと度ハンドルを握らせたら誰にも負けない藤原拓海は、

「フツーのルックスだが音楽の世界では頂点を極める」ジェイ・チョウを地で行くピッタリの役柄だった。

演じているというよりは、あくまでも自然体。

コミックファンの方が多い日本では、原作とは違う展開やキャラクター設定に不満を持たれる声も少なくないが、

あくまでもスター勢ぞろいの『香港映画』という視点から見れば、大いに楽しめるのではないか。

「最後は天才が勝つ」という、分かり易すぎるストーリ展開ながらもも、最後に追い抜いた瞬間には

まんまと爽快な気分にさせられてしまった。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
原作及びOVAアニメーションのファンとしては
改変がすさますぎてドン引きのレベルなのだが
走りのシーンに限定すれば迫力は十分であるから
そのほかのシーンのマイナス部分を一気に補ってくれるのでこの点数としました。

気に食わないのが藤原文太の扱いのひどさと、いつきのカスぶりです。
ちょっとこれは看過できるレベルではないですよ。中里と涼介がため口てのが存在感が違いすぎて
これまた違和感かな。ラストもなつきの円光が発覚して傷心がきっかけでってプロジェクトDに参加するってちょっとね
なつき出してる段階で、重要なポイントで破局させんだろうなとは思ってたんだけどね。これラストにもってくるんじゃねーよと
それまでの興奮がSAYONARAするのを感じましたなー
ま、バトルのシーンだけ楽しんであとはスキップするのもありかも
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
香港映画で頭文字Dって・・・どんな代物が飛び出すのだろうと最初は不安いっぱいでした。しかし作品自体は意外といけてると思います。特にバトルシーンはカメラアングルも絶妙で何度も見たくなるくらい良くできていました。キャラクターの多少の違いはこの際、目をつぶりましょう。と言っても香港俳優でよくこれだけハマリ役を見つけてこれたなと感心しましたよ。監督の思い入れが伝わってきてファンとしては嬉しかったです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
キャラクターの改変がたっくさん入ってるんで、原作原理主義のひとにはお勧めできない。
まぁ、これは、ルパン三世の実写版でもおんなじことだけどな。

でも、頭文字Dと言うものの本質である『峠の走り屋』にまつわるお話はきっちり抑えきってるのが好感度が高い。

つまり――

主人公は豆腐屋の息子で子供の頃から手伝いとしての運転を強要されてる。
なので、ドラテクは天才的だが、楽しいとは思ってない。

主人公の父親はもともとは国内ラリーストで神がかりな天才ドライバーだが、今は引退して豆腐屋の親父。
奥さんはおらず生死不明。
息子に対してはぶっきらぼうだが、なんだかんだ言って、息子の事が大切で、才能を伸ばしてやりたいと思ってる。

主人公には、ちょっと頼りないがなんでも話せる親友がいる。

地元にも走り屋の集団があり主人公のことを気に入ってて仲がいい。

そこに地元の外から乗り込んでくる走り屋の精鋭たち。
高橋兄弟
レッドサンズ
そして、ランエボ軍団。

主人公の車は旧式のハチロクで馬力の面では強敵たちとは比較にならないが、主人公の神がかりなドラテクで倒していく。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック