通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
頭を下げない仕事術 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 book_park
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き。カバー、中身とも目立つ傷み無く良好です。書き込みはありません。当商品は、店舗や他サイトとの併用販売ではなく、Amazon専用在庫となっております。ご注文後、速やかに発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

頭を下げない仕事術 単行本 – 2016/11/14

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/11/14
"もう一度試してください。"
¥ 1,480
¥ 1,480 ¥ 1,120

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 頭を下げない仕事術
  • +
  • 日本農業再生論 「自然栽培」革命で日本は世界一になる!
  • +
  • ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか? (講談社+α新書)
総額: ¥3,953
ポイントの合計: 121pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

『ローマ法王に米を食べさせた男』高野誠鮮氏が明かす、「頼まずに相手を動かす」極意。誰もがすぐに取り入れられる24の仕事術として紹介します。

「頭を下げて『お願い』しない」をはじめ、「売りたいときほど売らない」「『戦略』は立てても『計画』はしない」などの仕事術は、常識はずれとも見えますが、
著者は実際にこのやり方で「一地方公務員」という立場でありながら、ローマ法王、NASA、ロシア宇宙局、エルメスなど、世界のトップを動かしてきたのです。

では著者は何から学びを得て、このユニークな仕事術を実践し始めたのか。
いかなる情報、人脈、戦略を用いて構想を成功につなげてきたのか。
また、気になるその後は、いったい何をやっているのか――。

本書では、これらすべてが明かされます。

まずは仕事の基礎となる「情報」について、
……師と仰ぐ情報将校、コールマン・フォン・ケビュツキー氏との出会いと学び
……著者自身「大いに学んだ」と認める、「ロバートソン査問会」報告書の要点
などを紹介。

そこから「人脈術」「戦略術」「販売術」「広報・宣伝術」などに話は広がりますが、著者は権謀術数をよしとはしていません。
仕事を進める上で最も重要なのは、「利他のこころ」だと言います。相手のためを思い、提案を持ちかけるのであれば、頭は下がりようがない。
頭を下げるのは「利己」だからだと。

このことは、著者がローマ法王に米を食べさせた「その後」の仕事でも体現されています。

今度の仕事相手は日本、そして動かすのは世界。
『奇跡のリンゴ』著者・木村秋則氏が生んだ日本発の自然栽培を「ジャポニック」と名付け、それを専門に学ぶ大学の授業開講に奔走。
さらにはそのジャポニックを「国策」にすべく、石破茂氏、小泉進次郎氏らに直訴して――。

すべての働く人、大きな仕事をしたい人に向けた「使える」実用書。

石破茂、辻野晃一郎、木村秋則、立川志の輔、紺野美沙子(以上敬称略)推薦。

内容(「BOOK」データベースより)

ローマ法王に米を食べさせた男が明かす情報術、人脈術、交渉術etc.の極意!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 274ページ
  • 出版社: 宝島社 (2016/11/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4800231477
  • ISBN-13: 978-4800231475
  • 発売日: 2016/11/14
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 134,555位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

頭を下げるという行為は、相手のためではなく、自分の願いを叶えるためにやる行為だ。頭を下げずに、人に動いてもらうにはどうすればいいか。
あの手この手を使い、相手の興味を引き、相手が動く、いや、動きたくなる状況を巧みに作ってきた経験談を交えて紹介しています。
会社組織で働いている身としては、批評家、反対派を「いるいる、こういう人」と思いながら、興味深くその動かし方を知ることができました。

エピソードのいくつか
・米の食味測定をするために、日立ソリューションズからタダで衛星写真を手に入れる
・電通の研修で講師をした際に、研修生から出てきた自然栽培の名前案「ジャポニック」をそのまま使う
という点は、筆者が批判している、他者を無料で利用してるだけではないかと感じます。ただ、実践者ならではの経験ということで、泥臭い部分もあるということで逆にリアリティも感じられました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
自分でなく、相手が喜ぶことをすることで興味を持ってもらう。交渉で大切なのは相手に喜んでもらえること。

利他の心を持ち仕事に励む。
利己の気持ちがあるから相手にお願いする、頭を下げてしまう。乞食根性を表に出してはいけない。金色夜叉から解き離れた時、人は驚くような強さを発揮する。「褒められたい」という気持ちは利己の表れ、「喜んでもらいたい」は利他心そのもの。

人の喜びを自分の喜びと思える滅私の心が大切。自分に掛け合せるものが利己的なことだと自分しか満足できないが、利他への貢献を掛け合せると自分や自分の仕事が無限大に広がっていく。

行動することの大切さ、そして行動に移す前の計画も大切である。
気合いと勇気を出して即行動するため、周囲に目標を公表してやるしかない環境、状況を作る。

手のひらに地球を置いて考えることで、目の前の悩みがどれだけ小さいか、解決できないことなんてないと思える。

書店でたまたま手に取った本でしたが、こんなにも心に響いたのは、当時公務員でありながらここまで諦めず行動に移した著者の心の強さに魅力があるからだと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
全体の印象ですが、著者はグローバルな視点をいつも持ち合わせ、そしてローカルで行動している。僧侶らしい「利他の心」かも知れない。全てがうまくいったわけでもないが、組織の中では辞表覚悟でやらないとダメかも知れない。組織内部では失敗は減点対象である。うまく運ぶまで失敗するという精神が必要であると教えている。著者はアイディアマンではなく、そのアイディアを具現化する人である。本書は、下手なビジネス本よりそうした意味では役に立ってくれる。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
この方の行動力、着眼点、粘り、素晴らしい方でこれからも目が離せません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告