通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
頭で走る盗塁論 駆け引きという名の心理戦 (朝日新... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付■丁寧にクリーニングしています。多少の使用感はございます。特にカバーには多少のスレや軽度の日焼けがみられる場合がありますが、大変きれいな状態です■アマゾン倉庫より発送の場合は送料込み、弊社より発送の場合は紙袋とビニールの簡易包装で、手数料257円となります■万が一不備があったときは速やかに返品、返金対応いたしますので安心にてお買い求めください
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

頭で走る盗塁論 駆け引きという名の心理戦 (朝日新書) 新書 – 2013/1/11

5つ星のうち 4.6 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 48

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 頭で走る盗塁論 駆け引きという名の心理戦 (朝日新書)
  • +
  • どんな球を投げたら打たれないか (PHP新書)
  • +
  • 投手論 (PHP新書)
総額: ¥2,463
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

現野球解説者・元阪神タイガースの著者は、
新人の年から5年連続セ・リーグの盗塁王を獲得した。
しかも3年連続60以上の記録も残している。
盗塁の秘密とは何か。
盗塁の名手が初めて盗塁の技術、
心理的な駆け引きなどについて綴った一冊。

【目次】

★序章―盗塁がよくわかる五つの視点
1.重要なことは「走る勇気を持つ」ことだ
2.きちんと準備をすることで八割決まる
3.盗塁は練習ができない
4.「足が速い」=「盗塁ができる」ではない
5.「盗塁にスランプはない」の嘘

★1章―野球が面白くなる魔法の盗塁
1.「飛ばないボール」だからこそ盗塁を
2.「60個盗塁できれば三割打てる理由
3.盗塁が相手チームに与える心理的負担
4.今、チームに必要なのは30盗塁の選手二人
5.八割の成功率というプレッシャー

★2章―相手投手との駆け引きとは
1.投手のクセの見抜き方
2.走りやすい投手、走りにくい投手の違い
3.うまい牽制とへたな牽制
4.100%の確立でできた山本昌投手
5.上原浩治投手との騙し合い
6.リードは大きく取るだけが能ではない
7.目の錯覚を利用した究極のリード
8.試合の中でどう軌道修正するか

★3章―捕手とやりあう究極の心理戦
1.ストレートとフォークで構えが違う
2.経験が浅い捕手の配球パターン
3.大ベテラン谷繁元信捕手のすごさ
4.強肩よりの送球の正確さ
5.盗塁阻止率ではなく、盗塁企画阻止率

★4章―相手チームを凌駕する秘策
1.うまい一塁手のタッチプレー
2.守備がへたな二遊間のほうが走りにくい
3.二塁牽制のときは野手の動きは無視する
4.以外に重要な一塁ベースコーチからの情報
5.盗塁成功率が教えてくれるもの
6.ピンチのときの盗塁は諸刃の剣

★5章―もっとうまくなる技術の磨き方
1.三盗というリスクとメリット
2.スライディングかヘッドスライディングか
3.帰塁のとき頭から戻る理由
4.いぶし銀の代走専門選手
5.「走・攻・守」の間違った意味
6.一番打者の第一打席の重要性
7.ボールをカットする練習
8.最強の一番打者とは

★6章―ワンランク上の盗塁論
1.スタートよりタイミング
2.ベースカバーは二塁手に入らせる
3.盗塁がしやすい球場、しにくい球場
4.二塁ベース上にもストライクゾーンがある
5.究極のスライディング技術
6.途中でやめる技術
7.お尻でなく足で滑る

★終章―ランナー目線で視野がぐっと広がる!
1.すごい二番打者でチームがまわる
2.1000回の素振りより10時間の研究
3.走る喜びは勝つ喜び
4.今こそ真の機動力野球を

内容(「BOOK」データベースより)

入団から5年連続セ・リーグの盗塁王を獲得した知性派・赤星憲広が、その卓越した理論で、いかに頭を使えば盗塁ができるかをわかりやすく解説。投手や捕手や内野手との心理的な駆け引きを初めて公開した、今までの野球の見方が大きく変わる1冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2013/1/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022734841
  • ISBN-13: 978-4022734846
  • 発売日: 2013/1/11
  • 商品パッケージの寸法: 10.7 x 1.2 x 17.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 273,222位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
盗塁一つで野球を見る目が変わるのだと本当に驚かされました。
草野球から高校球児までレベル問わず野球人には必読だと思います。

もっと有名になって欲しい野球本だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
盗塁王といったら誰を思い出すかによって、その人の年代がわかる。

古くは世界の盗塁王・福本さん。頻繁にテレビに出ていたヤクルトの飯田さんは当時流行っていた「スポーツマンNo.1決定戦」の「ショットガンタッチ」(ボタンをおして落ちてくるボールを触るアレ)という種目で、ずっと世界記録を保持していたことも印象に強い。

で、24才の自分にとって、最も印象に残っている選手が、この本の著者である赤星選手です。巨人ファンにとってはかなりめんどくさい相手だった赤星選手にはテレビで見ている試合だけではなく、「実況パワフルプロ野球」や「プロ野球スピリッツ」などのゲーム内であってもかなりの確率で盗塁を許していたので、かなり印象に残っている。

そんな赤星選手の盗塁論。

タイトルにもなっているように、盗塁は足ではなく、頭でするのだということを一貫してつらぬいている。

どう頭を使うのかについては、本編に委ねるとして、赤星選手の全盛期に対戦していた上原投手や山本昌投手との読み合いや、盗塁王から見た監督・野村克也など、野球好きが楽しんで読める内容となっています。

野球のテクニックに関する話題がほとんどなので、野球に興味がない人にはオススメできませんが。

足が速いか
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
タイガースで盗塁のスペシャリストであった、赤星氏の「どうしても書きたかった」盗塁論。
野球に関する書籍は数あれど、投球論や打撃論、球団経営、自身の選手生活を振り返って・・・等々のような物は多いが、「盗塁」に焦点を合わせたものはなかなか無いのではないだろうか。
やはり、スペシャリストとして氏独自の「ランナー目線」で持論を展開している為、今までに無い視野を開かせてくれるような、そんな魅力に溢れている一冊である。なかでも「打って塁に出れば盗塁が増えるのではなく、盗塁(走ること)を増やせばヒットが増える・・・」という、氏、独特の逆説的な視野には、流石に「専門家」としてのオリジナリティーが垣間見え、「なるほど!」と新たな発見もみえる「やっぱ、一流は違う」と感じさせてくれる力作である。
ただし、氏の真面目(過ぎる?)性格か、文体がやや硬い為に、少し読むのに肩がこってしまうような感じもしたが、そこは「誠実に」語ってくれているという事で・・・
ケガさへ無ければもっともっと現役で、盗塁記録を塗り替えたであろう「レッド・スター」こと赤星氏の渾身の一冊。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 革命人士 トップ500レビュアー 投稿日 2013/3/13
形式: 新書
頭から最後まで、本当に盗塁を巡る駆け引きの話。著者・赤星憲広氏は5年連続セ・リーグ盗塁王で、盗塁を語らせるのにこれ以上の有資格者はいないだろう。投手が投球動作に入って捕手が取り、二塁へ送球するまでの時間は3.2秒。そして、著者の現役時、スタートを切ってから二塁ベースに到達するまで3.2秒。盗塁王ですら普通にやっていては五分五分の勝負なのだという。クイックモーションなら、ほぼアウトだ。これを成功率85%までに持っていくのが「頭脳」と著者は言う。

どうすれば盗塁できるか。投手・捕手の癖を見極め投球動作に入る前に走るか、球速が遅い変化球の時に走る。盗塁成功の8割は、投手の握りや捕手の構えなどバッテリーの研究にある、と言い切る。走る選手が塁に出ると、山本昌や番長のような腰の据わった投手以外は、走者にも気を配らざるを得なくなる。気が散るし、走者を意識して配球も単純になるから打たれやすくなるのだという。山本昌の時、著者は確実に盗塁できるのに敢えてせず、一二塁間でちょろちょろして苛立たせ、山本のコントロールを乱そうとしていたというのが面白い。

「飛ばない」統一球が導入された一昨年来、日本球界は投高打低に変わった。長打が出ないなら、短打や盗塁で本塁生還率を上げるしかない。著者は本書を古巣・阪神強化の提言としても書いている。阪神はこの2年低迷している。大艦
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
野球の経験がない中で野球部の顧問になって、少しでも野球に対する視野を広げたいと思い、本書を手に取りました。
チームの中で足が速い者が必ずしも盗塁ができるわけではないことの理由が分かった気がします。スタート等の他の要素が絡むからだろうとは思っていましたが、「よいスタートを切るためには」等の中身にも言及されており、勉強になりました。
また、盗塁の数を増やそうと努力することが、投打など他の分野でも活きるのだという著者の主張は私にとって大変説得力がありました。

テクニックのようなことは実際に身体を動かさない私には吸収できないかもしれませんが、野球というスポーツを考える上で大変重要なことを教えていただいた気がします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー