Facebook Twitter LINE
中古品
¥ 162
+ ¥ 249 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 SB東京
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※ヤケ、角オレなど書き込み付属品がない場合がございますが、ご了承くださいませ.営業日2-4日以内に配送いたします。値札などがついているものもございますのであらかじめご了承くださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

領土の常識 (角川oneテーマ21) 新書 – 2013/7/10

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 6,563 ¥ 103
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

米軍の配備状況、およびアジア太平洋地域での米軍の動向
米軍の配備状況、およびアジア太平洋地域での米軍の動向

米国の軍隊が世界中に展開するようになったのは第2次世界大戦からである。総兵力の2割以上を常時、海外に展開し有事に備えるのは、超大国アメリカにとっても大変な負担だ。「米軍を世界中から引き揚げ国防費を大幅に削減した方が米国にとっていい」との意見は米国内で年々根強くなっている。〔『防衛白書』平成24年版をもとに改変〕。

ロシア軍の配置と兵力
ロシア軍の配置と兵力

ロシアは大陸国家だが、北極海の氷が解けるとたちまち海洋国家に変身してしまう。大陸国家は陸軍の経費が、海洋国家は海軍の経費がかかるから、大陸国家と海洋国家を兼ねると国防費が巨額になり過ぎて財政が破綻するといわれる。〔上掲『防衛白書』をもとに改変〕。

幕末の北方領土と探検図
幕末の北方領土と探検図

世界で最初に樺太を探検したのは間宮林蔵である。最初に発見した国がその土地を領有するという近代国際法に従って、日本は樺太まで領有権を有していたが、ロシアは既成事実を積み重ねて領有範囲を拡大した。〔『高等学校 最新日本史』国書刊行会、1994年をもとに改変〕。

第1次世界大戦後の日本の版図
第1次世界大戦後の日本の版図

南洋群島はもともとドイツが領有していたが、第1次世界大戦でドイツは敗戦国、日本は戦勝国となった結果、国際連盟は日本に統治を委任した。だが、ハワイと米領フィリピンの海路を遮る形の日本領は日米関係に緊張をもたらした。〔亀井高孝・三上次男・堀米庸三編『増補版 標準世界史地図』吉川弘文館、2012年をもとに改変〕。

インパール進攻作戦要図(1944年3~4月)
インパール進攻作戦要図(1944年3~4月)

第2次世界大戦における日本陸軍のインパール攻略作戦は中途で挫折した結果、多大な犠牲者が出た。日本に協力したインド国民軍にも多数の犠牲が出たが、後にこの戦いは対英独立戦争として賞讃されることとなった。〔服部卓四郎『大東亜戦争全史』原書房、1965年をもとに改変〕。

内容紹介

領土とは何か? 世界が直面する領土問題とは? 戦争・軍事戦略から「領土」を根本的に解説。米・中・露をはじめとする大国の領土拡張の動向と、尖閣・竹島・北方四島ほか日本が直面する危機の打開策を提示する。 【著者コメント】
「領土の常識」は、角川oneテーマ21で昨年出版された「国防の常識」に続いて2冊目となります。
前著「国防の常識」では幅広く国防全般を語りましたが、国防の中には領土防衛という分野があります。
今回の著作では、この領土防衛を世界的視野で語りました。
今の日本では「領土」という言葉が乱舞しています。実は20年ほど前は「領土」はまったく軽んぜられていました。
「もう領土で争う時代ではない。大切なのは経済だ」などという言説が飛び交い、「領土問題」を語るのも憚られるような雰囲気でした。
日本がそんな調子ですから、ロシアは北方領土の返還を先送りにし、韓国は竹島の警備施設を拡張し、中国は尖閣諸島に押し寄せてくるようになったのです。
領土がなければ国家は成り立たないし、国家がなければ会社も経済もない。これは世界史をみれば分かります。
国際法も歴史的な根拠に根差しています。領土の問題を探ると必ず世界史に辿りつきます。
世界の歴史は戦争の歴史です。世界平和などと言いますが、世界が平和であったことは一遍もありません。
日本が戦後平和であったのは、米国の軍事力のおかげでした。だから米国に衰退の兆しが表れてくると、日本の平和が脅かされるのです。国家の盛衰と領土の増減は不可分です。
今後、東アジアはどうなるか? アメリカは? ヨーロッパは? 南アジアは? 中近東は? これらの問題を見据えた上で、日本国民はどうするかを決めなくてはなりません。
本書がその一助になれば、と切に願います。

軍事ジャーナリスト 鍛冶俊樹

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 234ページ
  • 出版社: 角川学芸出版 (2013/7/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4046534222
  • ISBN-13: 978-4046534224
  • 発売日: 2013/7/10
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 284,465位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


関連メディア


3件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.7

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件中1 - 3件目のレビューを表示

2015年6月1日
形式: Kindle版Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年7月19日
形式: 新書Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年7月21日
形式: 新書
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告