¥ 1,404
通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
頑張らない英会話フレーズ がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

頑張らない英会話フレーズ 単行本(ソフトカバー) – 2015/12/25

5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1,404

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 頑張らない英会話フレーズ
  • +
  • 頑張らない基礎英語
  • +
  • 頑張らない英文法
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 100pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「THE21」で紹介されました!

「頑張らない英語」シリーズの第4弾。
テーマは「英単語」。丸暗記ではなく、理屈を活用したりイメージを理解することで
「覚える」のではなく「理解して身につける」ことが可能。
様々なアプローチで英単語を身につける、忘れても思い出せるようになる本。

25の動詞と5つの前置詞を掛け合わせた約300通りの生きた英語表現を解説。
英文のネイティブ音声をダウンロードできるURL付き。

内容(「BOOK」データベースより)

すでに知っている25の動詞と5つの前置詞で、約300通りの表現が身につく!一切暗記せずに生きた英語表現をマスターできる!TOEIC満点獲得者が公開。言いたいことが英語で言える。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 230ページ
  • 出版社: あさ出版 (2015/12/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4860638344
  • ISBN-13: 978-4860638344
  • 発売日: 2015/12/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,823位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
旦那の海外赴任に私も同行することになったのですが、英語なんて高校卒業以来全く触れていないしどうしようと途方に暮れていました。
せめて日常会話だけでも行く前に身に付けておきたいと思い本書を購入しました。
著者の英語は暗記ではないと言う言葉は英語はひたすら暗記だと思っていた私にとってまさに目から鱗でした。
本書は基本動詞と呼ばれるhave,give,goといった25種類の動詞と5種類の前置詞の組み合わせを使い英語を解説しています。

最初に動詞の語義(本書ではコアと説明されています)を例文を用いて説明します。
例えばhaveのコアは「なわばり」でそこからhaveの本来の意味である、持っている、所有する、食べるというようなものが連想できる。
この辺りを著者は英語は暗記するもんではなく感覚というように説明していました。
同じように前置詞との組み合わせもイディオムとして暗記するのではなく、コアから感覚で連想できると解説していました。
本書では図を使って説明しているので視覚情報からも内容が入ってくるので忘れにくく簡単に理解できました。
繰り返し熟読し、現地では実践できるようにしたいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
だいたい の “ 英語がペラペラ喋れる ”  “ 英会話がマスター出来る ” と、うたっている本は、
例えば、海外のレストランに入ってビーフを頼んだらエビが出てきた時には何て言うか・・・とか、
現実世界ではなかなか出くわさないような場面で使う英会話のフレーズがドカドカと書いてあって、
サーと読み飛ばしてしまい、後はほとんど何も残らない。

また、そういう本は初心者には難しい英単語が混じっていて読み方や意味が分からないことも少なくない・・・

でも、この本は違った。

書籍名の通り、英会話のフレーズが出てくることは出てくるんだけど、
ポイントを日常英会話とか海外旅行の英会話にあてているのではなく、
例えば、『 have 』 という動詞にポイントをあてて、
わたし達が知っている、『 have 』 の表面的な意味ではなく、
『 have 』 の本質的な語源というか言語そのものの意味を解説したあとに、
『 have 』 を使った日常英会話から物語の英会話など多くの人が場面を想像しやすいように、
広範囲な分野のフレーズが、わかりやすい中学校で習ったような英単語で書かれている。

そういう意味では、これまで読んできた、どの英
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 本の帯には「一切暗記せずに生きた英語表現をマスターできる」と、裏表紙には、「すでに知っている25の動詞と5つの前置詞で、約300通りの表現が身につく」と書かれています。これは画期的かも!!
 「基本動詞×前置詞=句動詞(熟語)」により多種・多様な意味・表現ができることは、多くの人が知っています。しかし、丸暗記は無理。丸暗記なしで理解できればよいが、そんな美味しい話は今までは無かった。それが従前の問題でした。本書には、そのような閉塞を打破する秘策が書かれていました。
 その秘策は「深掘り」です。基本動詞の意味・内容を深層まで深掘りする。前置詞の意味・内容を根源まで深掘りする。このように両者を深掘りすると、動詞と前置詞の水脈が無理なく自然と結びつき、句動詞の意味を暗記することなくイメージとして理解できることが、解説されています。
 いままでも、基本動詞と前置詞の意味などを説明して句動詞を解説した本は、確かにありました。しかし、どれも、浅堀りの感があり、最後はどうしても暗記による力技が必要でした。本書では読者(学習者)の暗記を軽減するため、著者にとっては苦しくても、あえて深掘りをして説明するという道を選択しているようです。
 ピンクの表紙だけみると、お気楽な英会話の本に見えるかもしれませんが、上記趣旨で書かれているため、かなり密度の濃い内容になっ
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
あさ出版さんからの「頑張らない英語シリーズ」4冊目ですね。たった25の基本動詞と5つの前置詞だけで300とおりの日常的な言い回しが言えるようになってしまいます。おかげさまで読者は「頑張らないで」英会話力が尽きますが著者は陰でどんなに頑張っていることでしょう。というのも巻末の目次が英語から言葉を探すためのものと、日本語から探す時のためのものの2種類なのです。これは親切ですね。
この方の御本はこれで6冊目で全て拝読していいます。そしてこの本に限らず全編に共通しているのは英語学習者に対する温かい眼差しと心配り、自分が人生の途中から一緒に歩んできた英語に対する愛情です。

基本となる動詞のイメージをたくさんの例を挙げてイラスト付きで解説してから、その後に続く前置詞によってたくさんのことが言えますよ。という例が300も挙げられています。今まで英語で話したことが無い人が英語を発話する第一歩としてお勧めです。

 実は読み始めてからもう一つ効果的な使い道がることに気付きました。いや、私の場合はむしろこちらがメイン。Phrasal Verbの教科書としての活用です。

 日本で受験のために英語を学んだ方のほとんどが、実際には書き言葉でしか使わないような正式で固い言い回しを話すときでも使ってしまいがちです。たとえばUndersta
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック