Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,250

¥ 154の割引 (11%)

ポイント : 250pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[西澤ロイ]の頑張らない基礎英語

頑張らない基礎英語 Kindle版

5つ星のうち 4.7 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,250

【無料配信】
東京の多様な地域特性、都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮してつくられた、完全東京仕様の防災ブック。知識をつけるだけではなく、今すぐできる具体的な“防災アクション”を多く掲載。Kindle版でいつでもどこでもチェック可能! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「長年の英語の疑問が解消した」など、
多くの感動や喜びの声を集めたベストセラー『頑張らない英語学習法』。
「この内容を、中学生のときに知りたかった……」という
声多数のベストセラー『頑張らない英文法』
「頑張らない」シリーズの第3弾が刊行されました。

 元々英語の落ちこぼれから、TOEIC満点を取るまでに至り、
現在は「日本人が英語を話せない事態をなくす」ための活動をしている著者が教える
「暗記しない」「納得して理解する」英語の基礎を固めるメソッドがこの1冊に。


◆著者のコメント
本書では、「時制」にまつわる様々な表現について解説しています。
時制は、英語の理解を深めたり、表現力をつけたりするためには必須のものです。
単に「する」「した」というのではなく、
「できる」「している」「したことがある」「しなければならない」
「するかもしれない」「ずっとしている」etc……。

中学英語で習う「基礎」ではありますが、こういった表現が使えなかったら、
言語は「カタコト」の味気ないものとなってしまいます。

 現在進行形、命令形、助動詞、to不定詞、現在完了形……こういった名前を聞くだけで、
難しそうだと思ってしまうかもしれません。
しかし、繰り返しますがそれは「勘違い」なのです。
難しく感じるとしたら、実は「難しく考えてしまっている」だけなのです。

 英語はそもそも、誰でも理解できるシンプルなものです。
あなたに理解できないはずがありません。
ぜひ、時制という英語の大事な基礎を、
「感じる」ことによりしっかりと理解することで、
自信を持って使いこなせる英語力を身につけていただければと思います。

★シリーズ書籍『頑張らない英会話フレーズ』

■目次

・Chapter1 様々な時制表現を捉えなおす

・Chapter2 時制表現の総仕上げ

・Chapter3 複雑に思える文法も感覚的に理解しよう


■著者 西澤ロイ(にしざわ・ろい)
 納得!!英語学習カウンセラー。「英語の上達法」「英語の考え方」の専門家
 1977年北海道生まれ。獨協大学英語学科卒業。
 アメリカのジョージア州に1年間の留学経験あり。
 英語が大の苦手な状態から試行錯誤の末にTOEIC満点まで上達した経験を元に、言語学や脳科学、心理学といった専門知識などを組み合わせて英語の指導を行っている。
 TOEIC満点(990点)、TOEFL(PBT)613点、英検4級。
 「英語感覚」や「英語の考え方」を分かりやすく日本語で伝えるスキルには定評があり、「長年の疑問がすっきり解消した!」「そんな風に英語を捉えたことがなかった」「目からウロコ!」という多くの感動や喜びの声が寄せられている。
 著書に『頑張らない英語学習法』『頑張らない英文法』(あさ出版)、『英語を「続ける」技術』(かんき出版)がある。

内容(「BOOK」データベースより)

TOEIC満点をとれた日本人に最も合った学習法。本物の英語力をつける。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 5755 KB
  • 紙の本の長さ: 173 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 出版社: 株式会社あさ出版 (2015/4/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00WQ0DHFC
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,231位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この方の本は一気に全部読んでしまいました。英語の本は当たり外れがありますが、この本は当たりです。
今までどれくらい英語の本を買っただろうか。多くが無駄でした。
中学高校の先生はほとんどが教科書ガイドを読んでしゃべっているだけで、ガイドにない質問をすると嘲笑され、英語の授業が嫌になっていきました。
結局は英語の先生自身がよく理解していなかったんだと今になって思っています。あざとい奴は教科書ガイドを買って先生に気に入られていましたね。
学校の先生は、質問に困ると多読多聴ですよ。単語単語単語、熟語、構文、例外全部覚えろ!でした。

般若心経を毎日音読したり、書いたりしている坊さんが、般若心経を書いた時代の言葉が話せないように、1000時間や10000時間聞きっぱなし聞いたって何にもなりゃせんです。「どうして」を理解しなかったら言語なんて理解できないです。英語は続けていれば、ある時パッとわかるようになる、なんて言っている方もいますが、そのある時って一体なんなのか、という気がしてなりません。暗闇で電気のスイッチ入れたイメージはわかりますが、その電気のスイッチがなんなんだよ、どこにあるんだよ、って感じです。「どうして」の回答の山を積んだ先にしか穴倉を出る糸口はないはずです。
この本には「どうして」の回答があります。
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
英語ってどうしても、学校の授業のイメージがあり、
「単語や文法を覚えなきゃ」「間違えちゃいけない」「正しく言わなきゃ」
と頑張ってきたけど、未だに自信がない・・・
という日本人が多いと思います。私もその一人です。

でも、著者の西澤ロイさんは言います。
「英語は暗記科目ではありません」
「英語は本来『感じる』べきものです」

本書の141ページにあるコラム。
「英語に敬語はあるのか?」

窓を開けて欲しい時。
"Open the window."
では、命令形になってしまうので、丁寧に言いたい場合、
"Can you〜?"や"Will you〜?"をつけて、疑問の形にすればよい。
Pleaseを付け加えれば、お願いのニュアンスも加わり、丁寧になる。

さらに丁寧にしたければ、それを
"Could you〜?"や"Would you〜?"など、過去形にするだけで、
もししてくれたなら嬉しい、という控えめなニュアンスになる。

なるほど〜。
この「ニュアンスの違い」は、日本語でも
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
英語と日本語の感覚には差異があるということを知らなかったから、学校で教わる英語に納得できなかったことが納得できた。
感覚として体感できるようになるには訓練が必要だと思うが、この本を読んだことによって、英語は英語として捉えるようになったと思う。
注意:第一版に誤植あるので第一版を読む人は注意。
P114・・・「長くいた」ではなく「(長く)いた」になる。
P149・・・(d')と(e')の英文が逆。thinkとthoughtが逆になっているから読んでいて悩みました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 西澤ロイさんの新著「頑張らない基礎英語」を早速入手し読了しました。前著「頑張らない英文法」と同様に、なぜそのような文章になるのかを、理解し、納得し、最後は感覚で捉えられるように、英語構造を楽しく易しく説明しています。
 通常の文法書ではなかなか納得感が得られない事項が、なるほど!そうなのか!とスッキリと分かるように書かれています。
 例えば、以前から持っていた下記疑問が、納得が得られるように説明されていました。

(1)You don’t have to go. (行かなくてもよい:不必要)
   You must not go.   (行ってはいけない:禁止)
 「have to」と「must」は、肯定文では似た意味なのに、否定文では、なぜ、こんなにも意味が違ってくるのでしょうか、と疑問でした。
(2)I will stay home if it rains tomorrow. (もし明日雨が降ったら、家にいる予定です)
 通常の文法書では「時や条件の副詞節では、未来のことでも現在形を用いる」と説明がされています。有名な文法書Fでは『未来のことであっても「実際にあること」と考えるから現在形で表すのである』と記載されています。
 だから「if it will rain tomorrow」(未
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover