通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
預言者ピッピ (1) がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 take book
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし、カバーに多少のスレキズありますが状態は概ね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

預言者ピッピ (1) コミックス – 2007/5/5

5つ星のうち 4.8 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 184
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 預言者ピッピ (1)
  • +
  • 預言者ピッピ(2)
  • +
  • 東京命日
総額: ¥3,910
ポイントの合計: 120pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

「つまりぼくら、人類の未来をすべて計算しつくしちゃったんだ」

究極の頭脳が紡ぎ出す預言は福音か、それとも……?
鬼才が描く長編ストーリー第1巻、満を持して登場!

-----
「ピッピ」はヒューマノイド型スーパー・コンピュータ。地震を予知し、災害を回避するために開発されたロボットだ。親友・タミオとともに「成長」していくピッピは、しかしある衝撃的な事件をきっかけに自ら活動を停止してしまう。そして再び目覚めた彼の口から語られた、畏るべき預言とは──。

著者について

1968年8月5日岩手県生まれ。92年に、週刊ヤングマガジン誌のGAG漫画大賞受賞作『パパと踊ろう』でデビュー。同作は長期連載となり、アニメ化もされるなど大きな反響を呼ぶ。他代表作に『チューリップティーズ』『ギンザ小学校』など。また06年からイブニング誌で『片岡さんちのクリコちゃん』を連載開始。本作『預言者ピッピ』は、主に短編ギャグのフィールドで活躍してきた作者が、これまでとまったく異なるテイストで描く長編シリーズである。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: イースト・プレス (2007/5/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 487257768X
  • ISBN-13: 978-4872577686
  • 発売日: 2007/5/5
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
マザーコンピュータによる地球社会の管理、人間精神の管理は、漫画にかぎらずSFにおいてメジャーなモチーフの一つだ。これまでも手塚治虫さんや竹宮惠子さんなど多くの作家がそれを題材にして漫画を描いている。ただし、従来の作家たちは、マザーコンピュータが既に導入されてしまった世界(そのように設定されてしまった世界)を前提として物語を描いている。地下沢さんの独自性は、人類がマザーコンピュータを導入しようとする過程に焦点をあて、その推移をスリリングなドラマとして描いていこうとする点にある。

科学技術の社会への投下(応用技術の社会的認知と普及)につきまとうややこしい問題を正面から受けとめて、骨太の物語に結実しようとしている地下沢さんにはエールを贈りたい。この作品がどのような結末を迎えるのか固唾を呑んで見守っていきたい。

絵柄は地下沢さんがギャグ漫画を描くときと本質的に変わっていない。そのことが逆に物語に緊迫感を生み出しているように思う。ただし、吹き出しのセリフ内容が「予測」や「文明」に関する科学理論(あるいは哲学というべきか)の説明に割かれ過ぎていて、テンポが失われるところが惜しい。

とはいえ、全体としては続きが読みたくてたまらない作品になっている。一人でも多く地下沢フリークが増えることを期待する。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「パパと踊ろう」等のギャグマンガ畑の人と思われていた地下沢中也がCOMIC CUE誌上において読者の度肝を抜いた傑作。

2003年発行のCOMIC CUE vol.300の作者近況で「夏あたりにやっと単行本が出ます」と書かれてから足掛け4年目にして遂に発売された。
こうして第1巻として発売されたということは、もちろん以下続巻なわけで、この未完だった物語が再び動き出すということで、本当に嬉しい限りだ。

本作に初めて触れて続きが気になるという人は、COMIC CUE vol.200及びvol.300で第6話・第7話を読むことが出来る。第7話でとりあえず第1部終了ということらしい。

あぁ、第2巻が待ち遠しい。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ky 投稿日 2007/7/23
形式: コミック
Comic cueでの「手塚治虫remix」特集の脇で特に注釈無く連載枠として掲載されていた本作。
てっきり手塚氏の原作だとばかり思っていました。
私と同じ勘違いをしていた方は多数いらっしゃった様子。

あれから8年。
単行本が出るとは。

本作のクオリティは手塚級。
地下沢中也、恐るべしです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
第一話が雑誌に掲載された時、小学生でした。
第一話は数十ページのもので、そもそも掲載時は読み切りの短編という扱いだったと思います。
全てを予想するロボットと、空想力豊かな少年との交流という設定、そして胸を打つラストの1コマ……と、大変子供心に印象深い作品で、大学生になり、ふと思いだしアマゾンで検索したところ、単行本になっていて驚きました。
ですが、単行本の第一話を読んだところ、雑誌掲載時と微妙に改変されているのに気がつきました。明らかに絵のタッチが違うのですぐに分かるところもあれば、セリフというか、心内語というか、重要なページ(単行本30・31ページ)の文字がまるまる削除されているという、気がつきにくい変更もあります。作者ご本人が後から改訂されたのであれば、単行本版が正当なのでしょうが、個人的にはやはり、改訂前の、しかも読み切りとして掲載されていた第一話が忘れられません。ファンの方はぜひ掲載誌のご一読をお勧めします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
パパと踊ろうの地下沢中也先生が、なにやら毛色の違ったものをかいとるな…!と、おそるおそる読んでみたらば、それは予想に反してとんでもなくディープな世界でした。

地下沢先生のことだから、きっとシリアスな話にしてもギャグ基調なんだろうとなめてかかっていたのですが大間違いでした。超本格SF。しかもすんごくシリアスで、いい意味で裏切られました。

内容については、すでに他の方が書かれているので自分なりにすごいと思ったポイントのみ。

まず話がわかりやすい。
最初は地震予知からはじまって、次に難病克服、学問の統合、果ては人間の進化の行程!なんてものにまで発展するのですが、字で書いたら何か難しそう!と思われますが、地下沢先生のあのポップでかわいらしい絵柄と、会話を読みながら自然と状況を飲み込めるコマのテンポなどで、その道のりはとてもわかりやすく、かつ感情移入しやすいドラマティックな展開になっております。
思えば、誰もが気軽に読めるギャグマンガを描いてからこそ、この親しみやすさ、入りやすさがあったんじゃないかなと思います。

次に話の密度。これが1巻だというのにやたらと濃い。しかもその濃度は話が進むにつれてあがっていくんだからこれはもう続きが気になってしょうがない。第1話である意味完成されています
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー