通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
項羽と劉邦 (上) (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s9121_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

項羽と劉邦 (上) (新潮文庫) 文庫 – 1984/9/27

5つ星のうち 4.7 57件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 767
¥ 767 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 項羽と劉邦 (上) (新潮文庫)
  • +
  • 項羽と劉邦〈中〉 (新潮文庫)
  • +
  • 項羽と劉邦〈下〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,171
ポイントの合計: 68pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



スポーツ観戦本特集
一流の選手達が繰り広げる、熱い戦いの数々。ガイドブックを活用して、スポーツ観戦を全力で楽しもう。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

紀元前3世紀末、秦の始皇帝は中国史上初の統一帝国を創出し戦国時代に終止符をうった。しかし彼の死後、秦の統制力は弱まり、陳勝・呉広の一揆がおこると、天下は再び大乱の時代に入る。――これは、沛のごろつき上がりの劉邦が、楚の猛将・項羽と天下を争って、百敗しつつもついに楚を破り漢帝国を樹立するまでをとおし、天下を制する“人望"とは何かをきわめつくした物語である。


登録情報

  • 文庫: 486ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1984/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101152314
  • ISBN-13: 978-4101152318
  • 発売日: 1984/9/27
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 57件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,180位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
そもそも司馬遼太郎のファンなので、その点を考慮いただければ・・・。
上中下と3巻あるので、内容はかなり濃い。いわゆる一般的な項羽像、劉邦像はこの本が出所ではないだろうか?と思ってしまう。
したがってある程度の史実と地理の知識を持って読むのが有効で、インターネットで2,3時間調べてから読むのがオススメ。私も地図帳とインターネットを活用しながら読み進んだ。
百戦百勝の項羽と百戦百敗の劉邦、何かと能力の高い項羽と自分では何も出来ない劉邦。結果的に劉邦が勝ち漢帝国の高祖となるのだが、どちらが優れているという単純なものではなく、さまざまな要素の化合物が歴史を作ったのだ、などと思った。
また国家や企業のリーダーシップについても深く考えさせられる。項羽はなんとなく想像できるリーダーだが、劉邦についてはどのようなリーダーであったのか想像が難しい。現代においてもイメージできるようなモデルが存在しないせいか?その意味では経営学のケーススタディの本とも言えなくもない。少なくとも私にとっては五指に入る教訓を得た。
さらに「国士無双」「馬鹿」「背水の陣」「四面楚歌」などなど多くの故事の由来なども出てきておもしろい。
ちなみに三国時代の曹操の祖がこの劉邦の家臣であった(らしい)とは知らなかった。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 書記長 投稿日 2004/1/19
形式: 文庫
本書は、中国の司馬遷の書いた「史記」に基づき、司馬遼太郎が独自の調査と、独特の歴史観を持って描いた作品である。
項羽は武の天才であった。自身の力、カリスマ性など並ぶ者のない豪傑である。しかも、項羽は自分に跪く者に非常に寛容で、情も深かった。特に同じ楚人に対しては絶対的な愛情と信頼を示す。しかし、反対に敵に対してはまったく容赦なく前代未聞の大量虐殺などを行う。
対して劉邦は、はっきり言って無能である。武だけでなく智もあまりない、しかし劉邦は人の意見を聞く耳を持っていた。不思議なことにそういった人間には、欠点を補ってくれる様々な有能な人物が集まってくるのである。
項羽には何度も天下を取れるチャンスも力もあった、本来なら何の問題もなくすんなり秦の後を平定していたはずである。しかし、項羽の敵に容赦ないというこの陰の部分が最終的には彼に天下を取らせなかった。
「天が自分に天下を取らせなかった」そういって死んでいった項羽…彼が天下を取っていたらどうなっていただろう。歴史は様々な必然と偶然で成り立っているのだと痛感させられる。
「鴻門の会」「背水の陣」「四面楚歌」など様々な言葉を生み出しているこの戦い。紀元前にこれほどの戦いが繰り広げられいたとは、中国の奥の深さには敵わない。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/1/21
形式: 文庫
司馬遼太郎の本を初めて手に取って読んだのが、この「項羽と劉邦」だった。
数ある"項羽と劉邦本"の中でも彼ほどの書き手の物となると、読者を引き込み、最後まで飽きさせる事のない手法はさすがと言うべきである。
入り込み易いなめらかな筆致ながらも、読者をつかんで離さない重厚な内容が、あまり興味のなかった「史記」の世界をとても新鮮に感じさせてくれた。
特に人物の描写が優れていて作家の年季を感じさせる。 と言うより、この個性の塊のような男たちが、存在し、思考し、行動する事を描いてこそ、連動する「歴史」を肌で感じさせてくれるのだ。
その点で人物描写を核としている「史記」を材にしたことで、この本の持つ価値は決まったようなものだ。
誰が善で誰が悪という事はもちろんない。読み手は、せめぎ合い咆哮するすべての群雄に愛情を感じる事だろう。
何かのキッカケで本書を読んだ人は、中国史のダイナミズムと、あの広大な大陸を制しようと策動した人々の歴史に圧倒されるのである。
打たれ強い中国人の性質が分かるというものだ。
著者は戦乱を描き切っており、「戦後」には触れていない。戦後は中国のあらゆる時代の例が示すごとく、戦乱に生きた者には非情な結末が待っている。 興味の尽きない方は、原典の「史記」も手にとってみるといいだろう。
ほぼ同時代に生きた司馬遷が、各地に取材して描いた「列伝」を、本書と比較して読んでいくのも楽しい。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
読んでいて引き付ける魅力はありますね。人物が対照的というかそれぞれ特徴が際立っていて、(知らなければ)次の展開が気になって仕方ありません。

舞台は今から2000年以上も前のこと、秦が倒れるところから漢の成立までの話。大まかな流れは事実でしょうが細かい描写は創作でしょう、その辺は意識して読む必要があるとおもいます。核になるのは項羽と劉邦、2人の人物を中心に関係する人々の群像が描写されています。

読んで思ったことは・・・
項羽と劉邦、よく対照的と言われますけど、本当は対照的というより「違う方向を見ていた」というのが正確なのではないかと感じました。だからふるまいも違ってくる、項羽は軍人、劉邦は治めるもの、資質がそうなんでしょう。最終的に劉邦が残ったのは必然性があったように思います。

軍人はあくまで高みを目指す(力で)、だから力のあるもの(精鋭)が重用され、自分の庇護をうける弱者はいたわる。一方反旗を翻すものには容赦ない。これは社会というより企業のような組織には向いているかもしれません。

ところが実社会はそうではない。社会を構成する人は様々、子供から老人まで金持ちから貧乏人まで、当然、民主主義の時代ではないけれどもどんな時代でも民意はある。それをくみ取れて初めて安定した治世をおこなうことが出来
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック