通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
項羽と劉邦 (上) (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

項羽と劉邦 (上) (新潮文庫) 文庫 – 1984/9/27

5つ星のうち 4.6 62件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 767 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 項羽と劉邦 (上) (新潮文庫)
  • +
  • 項羽と劉邦〈中〉 (新潮文庫)
  • +
  • 項羽と劉邦〈下〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,258
ポイントの合計: 71pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

紀元前3世紀末、秦の始皇帝は中国史上初の統一帝国を創出し戦国時代に終止符をうった。しかし彼の死後、秦の統制力は弱まり、陳勝・呉広の一揆がおこると、天下は再び大乱の時代に入る。――これは、沛のごろつき上がりの劉邦が、楚の猛将・項羽と天下を争って、百敗しつつもついに楚を破り漢帝国を樹立するまでをとおし、天下を制する“人望"とは何かをきわめつくした物語である。


登録情報

  • 文庫: 486ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1984/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101152314
  • ISBN-13: 978-4101152318
  • 発売日: 1984/9/27
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 62件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,669位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 興津 投稿日 2017/5/14
形式: Kindle版 Amazonで購入
この上巻で最も印象的な人物は項梁だと思う。楚の名属らしい典雅さと、それに似ぬ侠を併せ持ち、陳勝の挙兵に呼応してのし上がる。いずれ自ら帝王たらんと思ったが、范増の言を容れて楚王を立てるなど、野心は必ずしも強くない。最後は情が作戦に影響し、そのために滅びる。項羽と劉邦を世に出すためにあったような人生…

張良も韓信もまだ登場しない。更に面白くなるのはこれ以降。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
中国で初めて統一国家を実現した秦は、王ではなく法律で統治されたんですね。
今でこそ法治国家は当たり前ですけど、当時の人は王や貴族による支配感が根強く残っていたのでしょう。
秦が倒れる時に、出てくる人物の豪傑さ、狡猾さ、スケール感が半端なく魅力的です。 続巻が楽しみです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
中国の歴史物語の中で日本でもっとも有名なものといえば三国志であることは確実だろう。
劉備三兄弟、乱世の奸雄曹操孟徳、孫呉の豪傑が天下をとるべく争う一大軍記は、脚色やフィクションも交えているとはいえ物語としての完成度は著しく高い。
しかし三国時代の400年前、覇王項羽と漢王劉邦が天下を競った楚漢の戦いもまた、中国全土を舞台に数十万の兵が戦うスケールの大きさと、多彩な登場人物による軍略、知略、謀略の溢れる優れた叙事詩に違いない。

秦の始皇帝が崩御した後、秦の圧政に耐えかねて諸国で反乱がおきる。そこで世に登場した名門出の生まれながらの武人、項羽と街のごろつきに過ぎなかった劉邦が台頭する。
秦は滅び、かつて秦打倒のため共に戦った項羽と劉邦はその後の天下をかけて中国全土で果てしない争いを繰り広げる。

戦争で負け知らずの怪物、項羽に比べて劉邦は戦争に弱く、負け続けながらも次第に味方を集めていく。策略を得意とする張良、陳平。補給兵站の名人蕭何。大陸における元祖国士無双、韓信。武力も知略も持たない劉邦は、その人徳のみで個性豊かな優秀な人材を集め、覇王項羽と渡り合っていく。

軍師張良は言う。大陸が戦乱に明け暮れたとき、百年に一度天下を平定すべく天命を持った人徳の持ち主が現れる。それが劉邦だという。
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最近、読み直したのだが、実際の楚漢戦争でもそうなのだが、事あるごとに「食う為」「食わせる為」に上から下までの様々な人間が生きていく様が司馬さんらしい突き放した視点ではあるが、シビアに語られる。
そこから何が見えて来たかと言うと、戦争における兵站の重要性です。
兵站を本能的に重視した形になった劉邦が勝ち、攻めに攻め勝ちに勝ちまくったが故に兵站が意識の外に出ていた項羽が敗れる。
楚漢戦争をテーマにしながら、「戦争」を構築する要素と取り巻く要素を平易に教えてくれる一面も持っていると思います。読めば読む程味が出ます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
司馬作品としては珍しい、紀元前の古代中国を題材とした上中下の大作小説。「司馬遷に遼か遠く及ばない」というペンネームをつけていることからも、著者が司馬遷や中国史に対して敬意を払っていたことは間違いなく、その思いが小説の形となったのが本書なのかもしれません。
本書では項羽と劉邦による果てしない戦いを通して後の中国とそれを取り巻くアジア全体のルーツを描いており、四面楚歌、背水の陣などの現代でもなじみの深い故事成語の由来や、儒教、儀礼、侠気、義などの精神文化の起こりと発展が詳しく書かれていてとても勉強になります。
中でも印象に残ったのは本書に登場する多種多様な人間の存在です。項羽と劉邦をはじめとして、始皇帝、趙高、章邯、張良、韓信、蕭何、陳平、范増など、さまざまな才能や個性が登場することで、人間というものは一人として同じものはおらず、その個性は時に有益であり、時に害をなすということがよくわかります。
乱世は才能や個性が最も輝くときであり、その歴史を学ぶことは人間社会で生きていく上での大きな教訓となります。本書はそれが凝縮された、老若男女問わず価値がある珠玉の一冊だと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
司馬さんは、多くの史料を読み込むだけでなく、よく現地に行ってその風土や人情まで肌で感じて書かれる様だ。
そうやって、たぐい稀な洞察力で、目の前に人物が浮かび上がる様な描き方をする。

項羽の人物像は、わりと分かりやすい。
劉邦はどういう人間だったのだろう?
司馬さんが見た劉邦の特徴は、巨大な空虚。東洋的な器の大きさとも言えるかも知れない。
ちなみに、宮城谷さんの「劉邦」(2014毎日新聞連載)では、劉邦の、人物への直観的な洞察力が尋常でない事が描かれている。

いずれにしても、神算の張良をして、仕えたいと思わしめた「人物」。
また、小規模な挙兵の際、いや、その以前から有能な高級官吏であった曹参や蕭何が劉邦を担いだ事を考えても、
天下無双の豪勇 樊'が若い頃から兄事していた事を考えても、無私や空虚だけではなかったのだろう・・

相手や人々の気持ちを理解出来る力。おそらく豊かな愛情もあったように思う。
周囲の「良い助言」を取り入れたり、時に「厳しい諫言」も素直に聴いて自分を改められる度量。
志ある多彩な人物が集ったのは、劉邦にも志があったからだろう。
きっと他にもあると思う・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー